理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

求人情報

2019.10.28掲載
言語聴覚士
  • ST
  • 新卒OK
  • 急性期
  • 回復期
  • 維持期・生活期
  • 入院
  • 地域・在宅
  • 常勤
  • 非常勤(パート)

一般社団法人衛生文化協会 城西病院

病院、通所リハ、訪問リハ、言語リハビリ(デイケア)、もの忘れ予防デイケアなど多彩な業務を経験できます。

当院は東京都杉並区に昭和24年1月31日に開設されました。
一般病棟50床(うち地域包括ケア病床25床)、医療療養病棟49床の計99床を有するケアミックス型病院です。

☆当院の特徴
①多彩なリハビリ機能を有し、各部署を経験できる。
  ・入院(一般病棟、地域包括ケア病床、療養病棟)
  ・通所リハビリ
  ・訪問リハビリ
  ・言語リハビリ(デイケア)
  ・もの忘れ症予防デイケア
  ・その他(糖尿病運動療法、介護予防事業など)

②専門性深化を支援する教育体制
 認定理学療法士、日本糖尿病療養指導士、呼吸療法認定士などの
 資格取得支援

➂積極的な事業展開を行っている
  平成27年6月~言語リハビリ特化型デイケア開設
  平成28年4月~訪問リハビリ事業所開設
         提携有料老人ホームへの訪問リハビリ開始
  平成29年7月~もの忘れ予防デイケア開始
        自費での個別リハビリサービス開始

  医療保険、介護保険の枠にとどまらない事業展開を
  行っています。

④病院・地域・在宅など多岐に渡る言語聴覚士の活躍
  病棟、言語デイケア、訪問リハビリなど、病院内のみならず、
  退院後の地域や在宅での実際の生活に沿った言語療法を提供しております。
  地域の高次脳機能障害や失語証の方々へのデイケアサービスに注力しており、
  言語聴覚士の活躍の場を拡大しています。
  

  是非ともご見学にお越しください。

  • 病院外観                     JR・東京メトロ荻窪駅から徒歩で8分ほど、環状8号線と青梅街道が交差する四面道交差点際に位置しています。

  • 通所リハビリセンター               午前・午後に各半日のリハビリ中心のデイケアです。

  • 言語リハビリ(デイケア)            言語聴覚士、理学療法士、作業療法士が協力して利用者さんのコミュニケーション能力向上に取り組んでいます。

管理No:3299求人情報閲覧回数:3787回この情報を印刷する

募集要項

所在地・勤務地
東京都杉並区上荻2-42-11
リハビリ分類
急性期, 回復期, 維持期・生活期, 入院, 地域・在宅
主な疾患
脳血管, 運動器, 呼吸器疾患

運動器(Ⅱ)、呼吸器(Ⅰ)、脳血管疾患等(Ⅱ)、廃用症候群(Ⅱ)、地域包括ケア病床
訪問リハビリ、認知症予防デイケア、言語リハビリ(デイケア)
城西病院附属クリニック通所リハビリセンター
採用条件
採用人数
言語聴覚士 若干名
雇用形態
常勤, 非常勤(パート)
業務内容
入院患者、通所リハビリ・訪問リハビリ利用者、認知症予防デイケア、言語リハビリ(デイケア)利用者へのリハビリ業務。
給 与
新卒者の例
月給:240,000円
   (基本給172,000円、職務手当30,000円、その他手当38,000円)
賞与:年2回(前年度実績4カ月)
昇給:年1回
求める人材
社会人経験のある新卒の方も歓迎いたします。
アクセス
JR中央線、地下鉄丸ノ内線荻窪駅より徒歩8分
勤務時間
9:00~17:00(休憩1時間)
休日・休暇
日曜日、祝日、隔週土曜日
有給休暇(初年度10日)
夏期休暇4日間(入職時期により変動あり)
年末年始(12/30~1/3)

※5月、9月、年末年始などの連休時は2~3名体制での出勤あり
 (1名あたり年1~2回程度、振替休日対応)
待遇・福利厚生
交通費全額支給(上限あり)、昼食補助あり(院内食堂利用の場合)、診療費用補助(当院受診の場合)、
納涼会、忘年会、神宮球場シーズンシート、そのほかに健康保険組合福利厚生あり
研修会・学会参加
研修会参加支援あり
新人教育プログラム修了支援
専門領域認定資格取得支援
日本糖尿病療養指導士資格取得支援制度あり
社員寮・住宅
ホームページ
http://www.johsai-hp.or.jp/
URLクリック回数: 113回
 

マップ地図を拡大する

募集方法

応募方法
施設見学の対応
施設見学可
事前にお電話いただき、見学日を決定。
担当者
事務長 鹿井正明
シカイ マサアキ
連絡先
03-3390-4166
※お問い合せの際は必ず「PT-OT-ST.NETを見ました」とお伝えください。
採用担当者からの
メッセージ
地域で必要とされるリハビリ専門職となるべく研修・研鑽に励み、リハビリ専門職としての職域拡大に一緒に取り組みましょう。
この求人情報をシェアする

この求人情報を見た人はこんな求人情報も見ています

ページ上部へ戻る