理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-STネット

学会・研修会情報

New
2018.05.16掲載

新人でも実践できる‼︎認知症の評価と治療

増加する認知症者について、作業療法士としてどのように評価・治療を行っていくのか、教科書や学校だけでは分からない臨床経験を踏まえて講義します。

こんな方にお勧めします!​

● 認知症を基礎から学びたい
● 認知症者の作業療法評価を知りたい
● 認知症者の作業療法介入を学びたい
● 認知症者の身体機能へのアプローチに自信がない
● 認知症者の身体機能へのアプローチを学びたい
● 集団精神科作業療法ばかりやっていることに疑問を感じる
● 精神科作業療法従事者でも身体機能へのアプローチが必要だと思っている

今後の作業療法士の認知症対策は、ADLやIADLを含めた日常の生活行為の障害について、その原因を科学的に分析しリハビリテーションを実施することが重要だと言われています。しかし、現状認知症患者を対応としているのは、精神科作業療法であることが多く、身体機能面やADL面へのアプローチが不十分であるとも言われています。
そのため、新人療法士や精神科作業療法士として従事する方でも、認知症患者に対し自信を持って評価や治療を行えるよう当セミナーをご利用していただければ幸いです。
概要
講義内容
1. 認知症とは?(病態の整理)
アルツハイマー型認知症、レビー小体型認知症、脳血管性認知症について

2. 認知症者に必要な作業療法評価とは?
(1) 精神認知機能:意識、記憶、見当識、高次脳機能、情動、意欲 など
(2) 身体機能:筋力、関節可動域、筋緊張、姿勢 など
(3) 活動・参加:コミュニケーションスキル、基本動作、ADL など
(4) 環境:物的、人的、社会制度 など
(5) 個人因子:生活歴、興味関心 など

3. 認知症者に必要な作業療法介入とは?
(1) 集団精神科作業療法の実践例紹介
(2) 個別訓練:基本動作、ADL

管理No:59237閲覧回数:98回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
「進」リハの集い
開催日時
2018年7月29日
時間:
受付9時30分より
10時00分~16時00分
開催地
〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1
場所:ウィリング横浜(上大岡駅徒歩3分)
http://www.yokohamashakyo.jp/willing/s-14-1-1.html
介護実習室2
費用
費用 :9000円
ペア割:8000円 
定員
40名
対象
PT/OT/ST/柔道整復師/自由診療で働いているセラピスト
ホームページ
https://www.shinreha.com/blank-37

お問い合わせ・お申し込み

https://www.shinreha.com/blank-15
上記アクセスをして頂き、申し込みフォームよりお申し込みください。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る