理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

資料有 ピックアップ
2018.06.27掲載

変形性膝関節症に対する評価と装具のバイオメカニズム

OAのセラピーと装具療法

 高齢者の増加する昨今,変形性膝関節症患者の増加も見られます.今回は、変形性膝関節症の医学的な病態を学ぶとともに,リハビリテーション領域で実施される理学療法の基本的な評価を学び,変形性膝関節症に対する各種装具(足底装具,膝装具,短下肢装具)の作用についてバイオメカニズム的観点から各治療過程にどのような装具での介入が必要かを理解できるよう、セミナーを企画いたしました。皆様からの参加を心よりお待ちしております.

講演Ⅰ:「変形性膝関節症の病態と医学的治療プロセス」
出家 正隆 先生 :愛知医科大学病院 (MD)
変形性膝関節症(OA膝)の病態と治療法,TKA(全人工膝関節置換術)術前後の治療などに関するトピックスを学び,OA患者に対する留意点などについて学ぶ

講演Ⅱ:「グレードに応じた評価の基礎とリハビリテーション方略」
 木藤 伸宏 先生 :広島国際大学 総合リハビリテーション学部(PT)
OA患者の基本的なグレードに関する基礎知識を学び,各グレードに応じた基本的な理学療法評価の基礎およびTKA術前後のリハビリテーション方略について学ぶ

講演Ⅲ:「変形性膝関節症に対するバイオメカニズムに基づいたリハビリテーション」
井野 拓実 先生 :北海道科学大学 保健医療学部 (PT)
変形性膝関節症に対する機能解剖学的な視点から基本的な動作異常の問題点の理解とともに歩行動作中のラテラルスラストや疼痛に対するリハビリテーションについてバイオメカニズム的観点から学ぶ

講演Ⅳ:「臨床に役立つ変形性膝関節症に対する各種装具の効果」
昆 恵介 先生 :北海道科学大学 保健医療学部 (PO)
OA用装具には,外側ウェッジインソール(足底装具),アジリウムフリーステップ(短下肢装具),CBブレース・アンローダーワン・OAファンタジーなどの膝装具各種があるが,歩行動作中にどのように各装具が寄与しているのか学ぶ.

管理No:60108閲覧回数:5169回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
公益社団法人 日本義肢装具士協会 研修委員会
開催日時
2019年 3月10日(日) 10:00~16:00
開催地
〒135-8181 東京都江東区有明3-3-3武蔵野大学 有明キャンパス
講師
費用
医療系職種(PT,OT,ST,MD他医療国家資格取得者:10,000円)
義肢装具士正会員:8,000円
非会員16,000円
学生会員1,000円
定員
150
対象
理学療法士,作業療法士,医師,義肢装具士,柔道整復師などの医療関係職種
ホームページ
https://www.japo.jp/pdf/H30semi/H30semi_nationwide.pdf

お問い合わせ・お申し込み

申し込みフォームより必要事項を入力し、送信してください。
申し込み受付後に参加費の事前振込みが必要となります.申し込み後に手続き方法をご案内いたします.

※申し込み後,1週間経過しても連絡がない場合は,申し込み・問い合わせ先の担当までご連絡ください.

【問い合わせ先】
北海道科学大学 保健医療学部
幹事:昆 恵介(研修委員長)
電話:011-688-2240
メール:semi.poa@gmail.com

主催団体

これからの研修会

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る