理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2018.09.14掲載

食事の姿勢観察はここから始まる! ST必見の運動学と解剖学~姿勢観察から分析へ~

満足度92%以上!質問しやすい環境で、一人ひとり、丁寧にお伝えしています。

  • 嚥下を基礎から理解する 無料メール講座開催中

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この講習会を通じて、下記のことが習得できます。
・姿勢状態を伝えるための言語化
・姿勢観察をするための考え方
・姿勢観察方法
・姿勢観察から、分析につなげていく方法

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

数年前までは、STは口腔内、咽頭部のみの局所的介入が主であり、
それだけで摂食嚥下障害へのアプローチをして、
変化が出せる、良くできる、とされてきました。


その結果、
良くなる人と、そうでない人が明確化され、
急性期や回復期などの回復段階にある方では、
自然回復の恩恵を受け、
良く成る方がいました。

しかし、

維持期、生活期、慢性期といった、
障害が長期化した患者さんへは変化が出せず、
流れ作業のような、
決まりきったワンパターンのアプローチのみとなっていることが多くみられました。


その結果、
なかなか良くできない、
限界を感じている
といったことに陥っているセラピストも多くいました。



当協会の勉強会が現れ、

嚥下は全身での活動である、
全身を診ないと、超慢性化した患者さんの嚥下は変わらない

といったことを掲げ、

嚥下と姿勢の関係性を多く発信し、
伝え始めたことから、

昨今、嚥下と姿勢が大切であることが認知されはじめ、
他団体がたくさん勉強会として、開催されるようになってきました。


その結果、
姿勢を見るという視点がST内でも浸透していき、
姿勢をみて、
ポジショニングを変えていくことは
STでも、求められ始めています。


また、
姿勢を見るということから、
リハ職で情報共有する機会が増えてきている現状があります。


他では、
訪問リハビリとして地域で働くSTも増えており、
より情報を共有することが求められています。



しかしながら、


STでの養成教育では、姿勢を見るということ、
つまり、
解剖学的視点や運動学的視点は、教育されていません。


そのため、他の職種と情報共有しようと思っても、共有しきれないことが多く、
悩むことが見られており、経験で補っている現状です。



人によっては、
屈曲って?
外旋って?
矢状面って?

って、
はじめて聞く言葉になっている人もいるでしょう。


こういった、
姿勢を診る
といったことに必要な、
基本中の基本と言われていること言葉の理解をしないと、
情報共有は難しいです。


そういった意味でも、共通言語を知る必要があります。

また、
明日から実践でしっかりと使えるように、
初心者でも、
そういった分野が初めての方でも、
習得できるように、

今回の講義では、
STが、PTやOTとの情報共有をしっかりと行えることを目的に、
基礎的な言葉や、運動学をしっかりと自身の身に落とし込んで、
言葉として発信していけるようになることに重きを置いています。


そして、
その知識の上に、姿勢観察があると考えており、


一つ一つ動作を観察し、
言葉として発し、

そして、

観察から分析へとつなげていくことが出来るように構成しています。


当協会の特徴として、
質問しやすい環境、
そして、
実践ベースで体感することを重きにおいているため、
明日から、患者さんを診て、
姿勢を言葉で発し、情報共有ができるようになり、
分析まで行うといった、
実践レベルで役立つことができるようになるでしょう。

管理No:61894閲覧回数:210回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
摂食嚥下手技アプローチ協会
開催日時
2018年10月20日10時半~16時(多少延長することがあります)
開催地
〒542-0082 大阪府大阪市中央区島之内
費用
7000円
定員
14名
対象
姿勢観察や分析が必要だと思っている方
姿勢観察や分析が苦手な方
ホームページ
https://swallowing-manipulation-approach.jimdo.com/無料メール講座登録-1/

お問い合わせ・お申し込み

受講希望者は、

件名:大阪姿勢観察
内容:
氏名
PCメール受信可能アドレス
職種
経験年数
所属
当日連絡がとれるTEL番号

を記載の上、

swallowing.manipulation1@gmail.com

までご連絡ください。

主催団体

全登録研修会を見る

過去の研修会

2018.09.09(東京都)
Basic③ 食事摂取を始めるのに必須の技術!呼吸・咳嗽に対するアプローチ ~咳嗽力向上テクニック~
2018.09.02(大阪府)
Basic②摂食嚥下を改善させるためのタッチング(触診法)とポジショニング~筋緊張をコントロールする手法~
2018.09.01(大阪府)
Basic①「1日で完全習得‼」摂食嚥下の解剖学・運動学・生理学と四肢・体幹・頸部から読み解く評価法&徒手療法
2018.08.19(神奈川)
Basic②摂食嚥下を改善させるためのタッチング(触診法)とポジショニング~筋緊張をコントロールする手法~
2018.08.05(大阪府)
Basic①「1日で完全習得‼」摂食嚥下の解剖学・運動学・生理学と四肢・体幹・頸部から読み解く評価法&徒手療法
2018.08.05(大阪府)
摂食嚥下プロフェッショナル養成講座Basicコースin大阪
2018.07.21(東京都)
摂食嚥下プロフェッショナル養成講座Basicコースin東京
2018.07.21(愛知県)
Basic①「1日で完全習得‼」摂食嚥下の解剖学・運動学・生理学と四肢・体幹・頸部から読み解く評価法&徒手療法
2018.07.01(大阪府)
気切アプローチ1『ゼロからはじめるカニューレ選定のいろは』 ~機能解剖と気管カニューレの理解からアプローチにつなげるまで~
2018.06.16(東京都)
Basic5 摂食嚥下に関わる筋を理解し、嚥下機能を改善させる! 口腔期~咽頭期に対するアプローチ~嚥下圧向上テクニック~
このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る