理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

動画有 資料有
2019.01.29掲載

スキルアップセミナー 形態学的思考力を身につける「下肢を診る」(全4回シリーズセット)

形態学的思考力をつける~下肢を診る~シリーズのセットでの申し込みとなっています。

【講師】
神戸大学大学院 保健学研究科 准教授
荒川 高光 先生(理学療法士)

【講義概要】
リハビリテーションの現場で、下肢の機能障害を有する症例は多いと思います。下肢の機能障害が阻害因子となり、日常生活や社会参加において制限をきたす症例も少なくありません。下肢の機能障害に対し、医療的にどうアプローチするのか?と考えることも多いでしょう。そのヒントを得るためには「形態学的思考力」を身につけているかどうかが分岐点となるのです。「形態学的思考力」は本セミナーの講師である荒川先生が提唱しておられる言葉です。「形態学的思考力」とは、目の前で起きていることを正しく理解できるという、解剖学的情報を基に思考課程を正しく行える能力のことを指します。形態学は医学の基礎的な側面を持つ反面、「目の前にあるものを正しく理解する」という側面もあります。「目の前にあるものを正しく理解する」という意味においては、臨床でも形態学的な考え方は必須だと言えます。臨床例の問題点の抽出からアプローチを立案するに至る過程で、「どの構造にストレスがかかっているのか」、あるいはそれに対し「どのように代償しているのか」、さらには「どの組織が機能することが必要となるのか」を考察するときに、内部の構造の正しい知識があり、そこから考えることができれば正しいアプローチを選択できます。それは「形態学的思考力」の基本と言えます。さらには、目で見た患者の状態を正しく認識することそのものも形態学です。すなわち、リハビリテーションの現場で必要とされる能力である「正しく患者の状態を把握する」「患者の状態を解剖学で説明できる」ための能力こそ「形態学的思考力」なのです。是非、われわれとともに本物の形態学に触れてみませんか?臨床場面で重要となる「形態学的思考力」を、われわれとともに身につけて、明日の臨床に活かしていきましょう。
この度のスキルアップセミナーでは、理学療法士でありながら、解剖学に精通しておられる荒川先生を講師にお招きしました。講師の先生から本物の形態学を学びましょう。さらには講師の先生が、もしも共に臨床で働くなら臨床家にこの程度の知識は有して欲しい、と考えている内容をご用意していただきました。全4回すべてセットで参加するも良し!苦手な部分を選択するも良し!得意分野を極めるも良し!是非、ご自身のスキルアップの機会として活用してください。


2019年度のテーマとして「下肢を診る」と題し、全4回にわたってご講義頂く予定です。
第1回:足部の形態と臨床(2019年5月19日開催)
・基本的な形態学的知見と足部構造から臨床に活かす知見についてお伝え頂きます。

第2回:下腿の障害の原因把握(2019年7月21日開催)
・足部・下腿・膝関節について、機能障害につながっていく原因を把握するための知見などをご紹介頂く予定です。

第3回:膝を取り巻く構造とそこに起こる病態(2019年9月29日開催)
・下腿部から膝関節、大腿部の障害やその病態についてご講義頂く予定です。

第4回:股関節構造と機能障害(2019年11月3日開催)
・大腿部・股関節・骨盤帯について理解を深め、機能障害を改善する一助となればと思います。

管理No:62419閲覧回数:458回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Re:Aセミナー事務局
開催日時
2019年5月19日(日)10時~16時まで(9時30分~受付開始)
2019年7月21日(日)10時~16時まで(9時30分~受付開始)
2019年9月29日(日)10時~16時まで(9時30分~受付開始)
2019年11月3日(日)10時~16時まで(9時30分~受付開始)
開催地
〒532-0033 大阪府大阪市東淀川区東中島1丁目19番4号新大阪NLCビル6F
CIVI研修センター 新大阪東 E603 

JR「新大阪」駅下車 東口から50m
地下鉄御堂筋線「新大阪」駅から徒歩5分
講師
費用
受講料:26,000円
※ホームページから申込完了後、弊社より振込先の連絡を差し上げます。
 事前振り込みをお願い致します。
※入金時期により金額が異なります。
※上記日程で入金が確認できた方が対象となります。ご注意ください。
定員
100名
対象
ホームページ
http://himereha.com/rea/

お問い合わせ・お申し込み

弊社ホームページよりお申込み頂きますようお願い致します。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る