理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New ピックアップ
2018.12.06掲載

徒手医学入門<インダイレクトテクニック>◆徒手医療協会

●技術の幅を広げる神経生理学的応答の臨床活用

■概要
<臨床に沿った座学&実技プログラム>
本講では、紹介する技術ごとに適応疾患を提示し、臨床とリンクした実践的な手技操作の習得をねらいます。
徒手医学への一歩を踏み出したばかりの初学者から熟練の先生まで、徒手療法の新しい発見とたしかな手ごたえをお届けします。

■適応症例
(1) 股関節屈曲に伴うインピンジメント【習得技法-等尺性収縮後リラクセーションの臨床応用】
(2) 肩峰下インピンジメント症候群【習得技法-相反抑制の臨床応用】
(3) 急性腰痛 斜角筋症候群 筋緊張性頭痛【習得技法-ポジショナルリリーステクニック】
(4) ジャンパーズニー オスグット【習得技法-マイオフェイシャルリリース】

■ねらい
<神経生理学的応答の臨床活用>
筋紡錘などのメカノレセプターの過敏症をはじめとする反射的な緊張亢進を解除することのできる多様な手技がテーマとなります。間接法のしくみの理解に加え「機能的制限が解放される(=リリースされる)感触」をつかむことが目標です。
治療の成否のカギをにぎる「リリースの感触」をつかみ、狙い定めた治療を展開するための基盤を固めましょう。

■紹介技法
○マッスルエナジーテクニック:Ⅰb抑制や相反抑制といった神経-筋の反射的応答を制限の解除に活用した手法
○ポジショナルリリーステクニック:筋紡錘の過敏症を鎮静化することで制限を解除する手法
○筋膜リリース(間接法):一次呼吸によって制限部位に生じる筋膜の異常運動に寄り添い制限を解除する手法

※座学解説+実技の講習会です。実技では、患者さんに施術するシチュエーションをイメージしながら2~3人ひと組になっておこないます。動きやすい服装でお越しください。

■講師
中村昌弘(一般社団法人徒手医療協会)
当会主催講習会【はじめての手技療法】【特講FRAT 3部位マスター『頭蓋・骨盤・脊柱』実践講義」実技指導】【Switch Back Technique下肢編】などで講師を務める。整形外科、整骨院での豊富な臨床経験を生かした丁寧でポイントをついた解説・実技指導に定評がある。スポーツ競技会ケアサポートにおいても的確な技術力を発揮し選手からの信頼も厚い。

■徒手医療協会 関連リンク
実技動画 YouTube https://www.youtube.com/user/toyotamashugi/
最新情報&動画 Facebook https://www.facebook.com/manual.medicine.association

管理No:63449閲覧回数:270回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
非営利型一般社団法人 徒手医療協会
開催日時
2019年1月20日(日)10時~15時まで(休憩含)
開催地
〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-1coconeri
○会 場:区民・産業プラザ ココネリ研修室
○最寄駅:練馬駅北口直結 下車徒歩1分(西武池袋線/東京メトロ/都営大江戸線)
講師
費用
8,000円
定員
20
対象
●基礎的な解剖学・生理学の知識のある方
●徒手医学、手技療法に興味のある方
●臨床経験のある方(実務期間の長短不問)
●徒手医学を積極的に治療に取り入れたい、さらに発展的に活用したい方
●安全で即時的効果を実現する手技を習得したい方
●教科書的な解剖学の知識を身に付けているが、評価介入の判断基準・方向性に壁を感じている方
●手技(触診を含む)における実際の感覚・手ごたえをつかみたい方
●YouTubeで公開されている技術に触れたい方
(※公開技術の全てを取り上げることを約束するものではありません)
ホームページ
http://mmajp.org/?p=5582

お問い合わせ・お申し込み

○詳細・お申込み:徒手医療協会WEB
 http://mmajp.org/?p=5582
○お問合せフォーム
 http://mmajp.org/?page_id=45

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る