理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New 動画有
2019.12.02掲載

【福岡】新人から知っておきたい脳卒中片麻痺に対するアプローチ法

姿勢制御に基づく介入方法の実技

  • 【実技指導の様子1】 1人1人丁寧な指導を行います。

  • 【実技指導の様子2】 治療者と被験者の様子が分かりやすいようにお伝えします。

  • 解剖学に基づいた説明

  • CCRA(脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ)は、脳卒中リハビリの基礎を再構築するための講義と実技指導を行います。

※動画は過去開催された講義の様子です。


【新人から知っておきたい脳卒中片麻痺に対するアプローチ法】

~姿勢制御を基盤とした脳卒中片麻痺へのADLアプローチ~


評価とテクニックを同時に学び、また豊富なインストラクターと、
多くの実技時間の確保で習得率の高いセミナーです。

本セミナーでは
・解剖学、運動学、神経生理学など多角的な分野から動作時の身体の反応(筋活動)を読み取り方

・座位姿勢から立ち上がり動作までの評価方法と介入方法

を紹介し、姿勢や動作の分析方法、それぞれの場面に応じた適切な筋活動の促通方法を学ぶことができます。


【セミナー内容】

・姿勢制御システムについて(講義)

・座位における姿勢コントロールの評価方法(講義・実技)

・股関節の筋緊張を介した姿勢コントロールへのアプローチ(実技)

・座位の股関節操作による立ち上がり動作へのアプローチ(実技)


本研修会はCCRA【脳卒中包括的アプローチ】のベーシックコース、アドバンスコースの一部を織り交ぜて構成されております。本研修会を通して、急性期~生活期CVAへの介入方法のきっかけを学ぶことができます。

管理No:63708閲覧回数:505回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
脳卒中包括的リハビリテーションアプローチ
開催日時
2020年2月24日(月祝)10:00〜16:00
開催地
〒814-0006 福岡県福岡市早良区百道福岡県立ももち文化センター(予定)
■ 地下鉄を利用の場合 地下鉄空港線「藤崎駅」下車 福岡空港駅から藤崎駅まで約20分
 博多駅から藤崎駅まで約15分
 天神駅から藤崎駅まで約10分 地下鉄2番出口を上がるとバスターミナルに出ます。 その右隣の建物がももちパレスです。(徒歩約1分)

■ 福岡都市高速をご利用の場合愛宕ICより車で約5分(西区方面からは降りられません。)百道ICより車で約10分

駐車場は福岡市ももち体育館と共用になります。
満車の際は、近隣の有料駐車場をご利用ください。
台数に限りがあり、満車の場合が多い為、できる限り公共交通機関をご利用ください。
講師
費用
8,800円(税込)
定員
30
対象
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
ホームページ
http://ur0.work/EayV

お問い合わせ・お申し込み

【申し込み方法】

・ホームページから

①申し込みボタンをクリック
②お申し込み者情報入力
③支払方法入力
④完了

・E-mailにて

件名「脳卒中体験セミナー」
本文:お名前、職種、メールアドレス(PCメールを受信できるアドレス)を記載の上、kyushu@iairjapan.jpへ送信ください。後ほど本申し込み用のURLをお送り致します。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る