理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.01.06掲載

アンビリカヨガBasic講座【PT・OTのためのヨガインストラクター養成講座@東京】

理学療法士・作業療法士のためのヨガインストラクター養成講座

理学療法士や作業療法士が様々なフィールドで活躍するためのヨガを
アンビリカヨガBasic講座では学ぶことできます。

あなたのこのような想いを実現するため

☆ヨガインストラクターとして活動の幅を広げたい!
☆臨床での評価や治療の視点を増やしたい!
☆産後ケアやスポーツの分野で使えるスキルを身につけたい!
☆心と体のケアに関わりたい!
☆理学療法士からヨガを学んでみたい!   etc


理学療法士や作業療法士がヨガを学ぶことで、
活動の幅が広がり、臨床においても評価・治療の視点を増やすことができます。


<アンビリカヨガとは?>
ヨガインストラクターの資格を持つ理学療法士が、
運動学、解剖学をベースにヨガを運動療法として体系化し、
ヨガを行うことで得られる効果やメリット、からだの変化に重点をおいたヨガです。


【アンビリカヨガBasic講座の3つの特徴】
特徴1)ヨガの基本から医学的知識の活用方法がわかる!
 ヨガの基本を知るとともに、解剖学や運動学などのセラピストの知識を
 ヨガに活用する方法を学ぶので、理学療法士や作業療法士のスキルを最大限生かした、安心かつ効果の出るヨガクラスを作れます。


2)病院や施設でヨガを運動療法として活用できる!
 高齢者や疾患のある方には適応が難しいイメージがあるかもしれません。
 しかし、運動療法や生理学の知識を持っているPT・OTなら運動療法やレクリエーションとして利用できます。
 また、ヨガの視点は東洋医学的な視点も併せ持つので、評価や治療の視野が広がります。


3)アーサナの意味・効果・指導ポイントを深く学べる!
 アンビリカヨガ・ベーシック講座で学ぶアーサナ(ポーズ)は21ポーズです。

 学ぶアーサナの種類を絞り、アーサナの意味・効果・指導ポイントを深めました。


☆プログラム内容☆
1. ヨガの基礎
 ・ヨガとは
 ・ヨガのエビデンス
2. ヨガの解剖運動学、生理学、運動力学
3. アーサナ 21種
4. ヨガレッスンの作り方


※アンビリカヨガインストラクター養成講座は、Basic講座とAdvance講座の2つから構成されます。
下記のように2つの講座を学ぶことで基礎知識から実践する力が身につきます。

Basic講座・・・・ヨガの基礎知識とスキルや知識を活かす方法を学びます。(アーサナ数 21)
Advance講座・・・ヨガレッスンの実践力と指導力をつけます。(アーサナ数 12)

Advance講座修了をもって、アンビリカヨガインストラクターを認定証が得られます。

管理No:63948閲覧回数:699回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
アンビリカジャパン
開催日時
1日目 2019年5月3日(土) 10時〜16時
2日目 2019年5月4日(日) 10時〜14時
開催地
〒537-0013 東京都中野区弥生町1-52-5 コーポ清水
中野新橋駅徒歩7分
講師
費用
27,000円(税込)
定員
10名
対象
理学療法士・作業療法士
ホームページ
https://seminar.umbilica-yoga.com/seminars/

お問い合わせ・お申し込み

※お申込は、上記URLからお願いします※

【お問い合わせ先】
アンビリカジャパン 運営事務局

E-mail seminar@umbilica-yoga.com

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る