理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

資料有
2019.01.07掲載

PT・OT・STのための 「安全な気管吸引の実践」「吸引以外の排痰援助の実践」コラボセミナー(東京)(2days)

呼吸器学会専門医・指導医の大江元樹先生を中心とした呼吸ケアチームによる、呼吸器系の基礎理解・胸部理学所見のアセスメント・感染管理と吸引操作・吸引以外の排痰援助の実践的な講義・実習です。

1日目5/18(土)を「呼吸器系の基礎理解と喀痰吸引の全てを学ぶ!」、
2日目5/19(日)を「吸引以外の排痰援助の全てを学ぶ!」として、喀痰吸引にまつわる全てが学べる充実の2日間セミナーです。

研修会内容は以下のとおりです。
===============================
5月18日(土)呼吸器系の基礎理解と喀痰吸引の全てを学ぶ!
1)呼吸器系の解剖生理を理解するー咽頭・喉頭・気管を動画で見てみよう!
2)口腔内吸引の基本ー痰はどこにあるのか?
3)危険な口腔内吸引ーいつ吸引圧をきりますか?患者さんの病態を理解していますか?
4)気管吸引概略ー気管吸引ガイドラインを読み解く
5)吸引に必要なフィジカルアセスメントー聴診のプロになろう!
6)清潔操作をマスターしよう
7)気管切開チューブ・挿管チューブ内吸引の実習
8)シュミレーターによる口腔内吸引(経口・経鼻)の実習
9)参加者同士の吸引実習ー患者体験が今後の皆さんの吸引の原点です!
10)質疑応答
===================================
5月19日(日)吸引以外の排痰援助の全てを学ぶ!
1)なぜ排痰援助は必要か
2)排痰援助は、「気管吸引ガイドライン」ではどのような位置づけか
3)様々な排痰援助の方法​ ─体位排痰法・スクウィージング・バイブレーション・パーカッション・ポストリフツ・その他─
4)咳の応用や器具を使った排痰援助 ─ハフィング・インセンティブスパイロメトリ・アカペラ・その他─
5)新しい排痰機器をどう使いこなすか ─カフアシスト・RTX・スマートベストを中心に─
6)ケーススタディー
​7)参加者同士の排痰援助実習 ─スクィージング・スプリンギング・ポストリフツ・新しい排痰機器を中心─ ​
8)質疑応答

当日の流れは以下の通りです。
=============================
5月18日(土)呼吸器系の基礎理解と喀痰吸引の全てを学ぶ!
10:00〜12:00(座学)
13:00〜16:00(吸引実技・実習)
=============================
5月19日(日)吸引以外の排痰援助の全てを学ぶ!
10:00〜13:00(座学)
14:00〜16:00(排痰援助実技・実習)
=============================
途中小休止、昼休憩は適宜お取りします。

管理No:63989閲覧回数:1330回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Knowledge Link(ナレッジリンク)
開催日時
平成31年5月18日(土)、5月19日(日)の2日間セミナーです
両日とも10:00~16:00(受付開始9:30~)
開催地
〒101-8324 東京都千代田区神田駿河台3-11-5中央大学駿河台記念館  5/18(土)420教室  5/19(日)620教室
http://www.chuo-u.ac.jp/access/surugadai/
講師
渡邊宏樹,大江元樹,阿萬由香,堀越一孝
費用
1名での受講の場合/片日受講13,000円/人 両日受講24,000円/人
3名以上での受講の場合/片日受講12,000円/人 両日受講22,000円/人 (全て税込)
定員
40名(最小遂行人数は20名です。)
対象
PT/OT/ST

​1日目を「呼吸器系の基礎理解と喀痰吸引の全てを学ぶ!」、2日目を「吸引以外の排痰援助の全てを学ぶ!」として、喀痰吸引にまつわる全てが学べる充実の2日間セミナーとなっております。
​「気管吸引ガイドライン」が求める気管吸引実施者要件を満たすためには、2日間通しての受講をオススメしますが、どちらか片日のみの受講も可能です。
奮ってご参加ください。
ホームページ
https://www.knowledgelinkreha.com/

お問い合わせ・お申し込み

お申込みはWebサイトより賜わります。

主催団体

登録団体
Knowledge Link

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る