理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.01.11掲載

新卒1年目からでも結果が出せる!! 肩関節セミナー

当研究会は少人数、実技中心で、臨床現場ですぐに役立つ内容になってます。新卒から資格取得10年未満の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の方々にお勧めです。

CSJR研究会こと
臨床肩関節リハビリテーション研究会

『新卒1年目から結果が出せる!!肩関節セミナー』
この度、2/24日に、福岡で肩関節セミナーを開催します。

昨年までは個人でセミナーを開催してましたが、
好評だったため、この度「CSJR研究会」を発足しHPでの案内や、
Facebook: @CSJR18
https://www.facebook.com/CSJR.18/

Instagram: @csjr18
https://www.instagram.com/csjr.18/

twitter: @CSJR15
https://twitter.com/@CSJR15

などの活用、講義内容の充実を図り、セミナーをリニューアルいたしました。

セミナーの詳細はホームページをご覧ください。
https://csjr.jimdofree.com/


当研究会は他のセミナーより少人数、実技中心で、臨床現場ですぐに役立つ内容になってます。
新卒から資格取得10年未満の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士の方々に
当協会が自信をもってお勧めします。

先着順になりますので、お早めにお申し込みください。

セミナー案内や当協会の理念など、
最新情報を随時更新しておりますので、
ぜひ一度HPをご覧ください。

<講師紹介>
氏名 郡 精二(理学療法士)
所属 こたべ整形外科クリニック勤務
<略歴>
平成20年3月 西日本リハビリテーション学院卒

平成30年11月 CSJR研究会発足



<本セミナーで学べる知識と技術>

肩関節に対して適切な評価ができる

・肩関節の解剖学的仕組み その①
・肩関節の運動の仕組み その①
・肩関節の評価 その①

☆肩関節の構造と運動の仕組み、評価を学ぶ。
『評価をしても痛みとの関連がよくわからず、治療方針に難渋する』
『肩関節について何を評価すればよいのかがよくわからない』
『そもそも肩関節についてよく理解できていない』

など肩関節の治療をしていくうえでよく問題となる点に対して、
大人数の講義では対応しきれない課題を、少人数対応でしっかりと学ぶことが可能です。


『基礎知識に基づいた考え方』こそが治療技術を高める最大の近道です!

《肩関節の臨床でこんな悩みありませんか?》
・肩の痛み訴えているのに痛みを全く軽減できない
・肩の痛みを全く改善さえることができないことに無力さを感じる
・臨床で肩の痛みを評価していても現象と原因が結びつかない
・肩の痛みの原因がいくつも考えられる中で治療部位の優先順位を特定できない
・肩のリハビリを分からいままなんとなく治療をしている
・一時的な改善は見られるもののすぐに戻ってしまう

『基礎知識に基づいた評価や運動療法』はあなたの臨床力を大きく変える一つの手段です! 
CSJRの評価方法を用いれば原因部位を特定することはもちろんのこと、
優先順位をつけて肩関節の治療することができます。

痛みの出ている部位には必ず原因があります。
しかし肩関節は痛みの原因の特定が難しくなかなかうまくいかないことが
多々あることはあなたもご存知のことだと思います。
現状では患部を触れることでしか痛みを軽減できず、
しかも次の日には戻ってしまうという苦い経験はありませんか? 

このような悩みがある方はCSJR研究会のセミナーはオススメです。

肩関節の治療技術向上には「基礎知識に基づいた評価」の技術は必須です
みなさんもご存知の通り、
評価がどれだけ確実に行えるかが治療技術を向上させる鍵になってきます。
評価能力が向上すると細かな評価が行えるため、
原因部位の特定が確実となり治療結果が大きく変わってきます。
そのため今回のセミナーが今後の治療技術が向上する一助になることは間違いありません。

セミナーの物足りなさを変える

CSJRの『4つの特徴』

⒈ 痛みの原因部位が特定できるようになる肩関節の機能・構造を理解することにより
原因となっている部位を特定していきます。動作時痛・安静時痛と対応できます。


⒉ 障害部位の優先順位がつけられるようになる原因はいくつもあるパターンが多いです。
その原因の中で優先順位をつけることは、限られた時間の中で行っている私たちにとってはとても重要になってきます。
結果、治療時間の短縮や患者さんの負担を少なくすることが可能となります。


⒊ 他の評価方法と合わせ、統合解釈しやすい
今、あなたが使っている評価方法にプラスして今回の肩関節の知識を取り入れることにより、より詳細な評価によって統合解釈の一助となります。


4. 熟練するとどの組織に障害があるかも特定できる
原因部位が筋・筋膜・関節包・靭帯なのか?それとも骨・関節なのか?といったことも特定することが可能となってきます。

このセミナー後、あなたはこんな変化を
手にいれることができます!

・痛みの原因となっている部位が特定できるようになります
・新たな評価方法を手にいれることができます
・違った視点で評価治療を行えるようになります
・その場で患者さんに効果を実感して頂けるようになります
・より患者さんの負担を少なく治療を行えるようになります


≪こんな方が参加しています≫
・新卒から資格取得10年未満の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
・理学療法士、作業療法士の学生

管理No:63990閲覧回数:140回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Clinical Shoulder Joint Rehabilitation
臨床肩関節リハビリテーション研究会
開催日時
2019年2月24日(日)10時~15時まで
開催地
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前2-20-1大博多ビル貸し会議室 
徒歩
JR博多駅 博多口より7分
福岡市営地下鉄博多駅 博多改札口より7分
※博多改札口を出て祇園駅方面連絡通路を通り、P2出口を上がった目の前

福岡市営地下鉄祇園駅 改札口より5分
※改札口を出て、博多駅方面連絡通路を通り、P2出口を上がった目の前

バス
西鉄バス「駅前一丁目」バス停より徒歩1分

駐車場
大博多ビル地下駐車場
収容台数 10数台のみ
※近隣に多数有料パーキングあり。
講師
費用
参加費 20,000円
支払い方法 銀行振込
定員
12名
対象
理学療法士、作業療法士、PT,OT,STの学生
ホームページ
https://csjr.jimdofree.com/

お問い合わせ・お申し込み

CSJR研究会ホームページのセミナー案内、お申し込みフォームからお申込みください。

https://csjr.jimdofree.com/

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る