理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.01.10掲載

ST限定 胸郭セミナー in 横浜

人気の胸郭セミナー。 最大吸気量の上げ方、胸郭の動き方を中心にお伝え致します

講師:一般社団法人 ASRIN 代表理事 石田匡章



胸郭がしっかりと触診できるよう、そして姿勢分析しやすいように最大吸気量を向上させる事にて、発声がし易い環境を整えていきます。

姿勢から大きく変化できるような、姿勢分析や胸郭調整方法などお伝えしていきます。



今回は呼吸し易い姿勢作りを意識しながら、セミナーを進めていく予定です。





内容


胸郭の触診:

胸骨、胸鎖関節、第1〜7胸肋関節、第1〜12肋骨、肺の位置の確認



脊柱の触診:

頸椎、胸椎、腰椎、肋椎関節、



胸郭の調整方法:

胸肋関節の調整、肋椎関節の調整、



姿勢のアライメントの見方:

脊柱のアライメントの調整方法(坐位、腹臥位)



横隔膜の調整:

横隔膜の調整、腹部のマッサージの方法





受講生さんの声(胸郭セミナー)

◯Y.K様 2年目

担当するご利用者様を思い浮かべながら、具体的なリハビリ内容をイメージして参加しました。すべて次の日から使える技術ばかりで、とても役に立ちます。

実技がほとんどだったので、記憶が定着しやすく、とても稔りあるセミナーとなりました。

STとして首から上だけを見ていては問題を解決できないと日々の業務で痛感していたので、タイムリーな研修でもありました。

よく復習して結果を出していきたいと思います。

ありがとうございました。



◯O.T様 4年目

胸郭、脊柱のセミナーに参加させていただき、ありがとうございました。とても有意義な時間でした。解剖を理解したうえで、触診をして技術を会得するといった流れは、自分にとって合っていると感じました。

また、実技を各自で練習を重ねて、わからない所を再度教えていただけるのは、本当にありがたく思います。 経験が浅い為に難しく感じることも多いですが、明日から臨床で使いたくなるセミナーだったと思います。



◯W.M様 7年目

今回は参加できて、本当に気付きが多く、勉強になりました。

実際、STは、学校の授業でも触診をすることは殆どなく、解剖学の授業でなんとなく通過する程度。私自身、STとして働き始めてから、改めて勉強した、見直した、その程度でした。今回参加して、自分達がPTやOTになろう、触診を完璧にしようというよりは、チームアプローチのための共通言語を手に入れよう、という気持ちが強くなりました。

まずは、同期や後輩のPTに協力してもらい、復習をし始めているところです。基礎の触診から取り組んでいこうと思います。2日間でまた同じ内容で構わないので行っていただけるとありがたいです。

管理No:64080閲覧回数:179回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
ASRIN
開催日時
2019年02月2日 10:00〜16:00 (受付開始 9:30~)
開催地
〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西ウィリング横浜 9F  和室
ウィリング横浜 9F  和室
横浜市港南区上大岡西1丁目6−1
京浜急行/横浜市営地下鉄 「上大岡」駅下車 徒歩3分
講師
費用
10,000円
定員
30名
対象
ST
ホームページ
http://seminar.asrin.nagoya/seminar_more.php?id=217

お問い合わせ・お申し込み

申し込みフォーム
https://business.form-mailer.jp/fms/c117e7f497863

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る