理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

動画有
2019.01.23掲載

【福岡】腰部疾患に対する評価とアプローチ研修会

  • 講義中の様子

  • 講義中の様子2

【動画:同様の徒手的アプローチ研修会の様子】

講座を通じて下記の内容を学ぶことが出来ます。

•腰痛、膝痛患者さんへの介入方法
•適切な徒手的アプローチ技術(計12のテクニック)
•体幹下肢の筋関節触診技術
•歩行分析のスピードアップ

体幹下肢疾患に対する治療の考え方を構築できるようになります!

このセミナーでは難渋しやすい体幹下肢疾患へ確実にアプローチする方法をお伝えします。


腰部疾患に対する評価とアプローチ
日時:2019年5月12日(日)

椎間板ヘルニア、腰椎椎間板症、脊柱管狭窄症など
腰部(体幹・骨盤)への徒手的介入方法を修得することが出来ます。

このセミナーで学べる機能改善の為の4つのテクニック

◆腹部に対する筋膜テクニック
ローカルマッスルの機能を促通し、腰部への負荷をコントール。
痛みに対するアプローチの他に、バランス、動作時の安定性にも効果あり。

◆脊柱に対するスライディングテクニック
 •椎間関節の可動性改善
 •脊柱管周囲の緩みにより神経伝達効率を引き出す
 •筋筋膜の緊張軽減

◆腸腰筋に対するリリーステクニック
体幹の最重要ローカルマッスルである大腰筋の機能を引き出します。
体幹と下肢を繋ぐこの筋が活性化することで、腰部への負荷をコントロールすることが可能となります。

◆股関節への徒手的アプローチ(仰臥位)
腰部への負荷をコントロールするための「股関節ストラテジー」の機能を引き出します。
立位でのバランス、歩行の安定性改善にも効果が期待できます。

4つのアプローチを組み合わせることで

•痛み
•可動域
•バランス

これらの問題点に対して総合的にアプローチすることが可能となります。

管理No:64350閲覧回数:1028回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
開催日時
5月12日(日)10:00~16:00
開催地
〒814-0006 福岡県福岡市早良区百道二丁目3番15号福岡県立ももち文化センター
■ 地下鉄を利用の場合 地下鉄空港線「藤崎駅」下車 福岡空港駅から藤崎駅まで約20分
■ バスをご利用の場合西鉄バス「藤崎(藤崎バスターミナル)」下車バスターミナルの隣がももちパレスです。(徒歩約1分)
■ 福岡都市高速をご利用の場合愛宕ICより車で約5分(西区方面からは降りられません。)百道ICより車で約10分

駐車場は福岡市ももち体育館と共用になります。
満車の際は、近隣の有料駐車場をご利用ください。
台数に限りがあり、満車の場合が多い為、できる限り公共交通機関をご利用ください。
講師
費用
8,640円
定員
20
対象
理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
ホームページ
http://urx.red/PzGz

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る