理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

受付終了間近
2019.01.28掲載

ST限定【嚥下障害】★咽頭期アプローチ★≪喉頭・舌骨の挙上調整テクニック≫解剖・触診・テクニック in 東京

無痛リハビリ!

2019年5月4日(東京):残り数名(定員に達し次第締め切らせていただきます)

※皆様にご報告です。
大阪大学医学部 神経内科名誉教授でパーキンソン病を研究されている佐古田三郎先生と2019年3月10日に大阪(朝日カルチャーセンター)で「筋膜リリース」のセミナーを講師として一緒に開催致しました。
朝日新聞に掲載され、講師それぞれがご紹介されるなど、広範囲の告知をしたこともあり定員40名のところ倍増80名の方にご参加頂き、参加者ほぼ全員が大きな変化を体感して頂きました。その後、公的機関からのご依頼など合計20件程度の反響を頂きました。

閲覧頂いているSTの皆様に、そういった反響のあるエビデンス、テクニックをお伝えしていきたいと思います。
日本筋膜リハビリテーション協会 代表 松井慎一


≪喉頭・舌骨の挙上できない原因にアプローチする!という考え方≫

・ ST向けの内容になっています。もちろん、嚥下・咽頭期へのアプローチに積極的な方は、職種問わずご参加ください。
・ 全て徒手療法の治療テクニックです。
・ 解剖を理解し、治療に必要なアプローチの手順を理解して頂きます。
・ どのような患者にも対応できます。
・ 頸部・胸郭のポジションを変えてアプローチするテクニックです。
・ 全て解剖学をベースにしているので、どの職種の人に話しても納得させられます。
・ 姿勢評価と治療テクニックを同時に学んでいただきます。
・ 胸郭と頸部、頭部のポジションに基づいた評価と治療手順をお伝えいたします。
・ 触診、テクニックを修得して頂きます。
・ 頸部の理解・治療がどのセラピストよりも得意になります。
・ 痛みを伴わない治療法です。(無痛リハビリ)

受講生の皆様が臨床で使って効果が出ないと感じたら、受講後の翌々日20:00までにメールにてご連絡ください。無条件で全額返金致します。


一日セミナー10:00~16:00です。参加費用は、21,000円です。
当協会では、他セミナーで行っている割引制度はございません。

たった5時間のセミナーで21,000円を高いと思うかもしれませんが、当セミナーに参加された方は、
・ 倍の金額を払ってでも受けたい!
・ もっと早く知りたかった。
・ 今まで悩んでいたことが解消されました。
・ やっと治療の理解が得られました。

★ST 12年目の方からのご報告です★
(1例目)
円背ではないが、頸部、体幹後傾が強く、開口状態にある人が、斜角筋アプローチで閉口状態が保てるようになったケースを経験しました。

(複数例)
Thermal stimulation(冷刺激)を行わなくても、筋膜アプローチで嚥下反射が誘発されやすくなるケースも多く経験しました。

★ST 11年目の方からのご報告です★
(1例目)
パーキンソン病の方で、毎回少しずつ誤嚥していると思われる方で、もう看取りかと思われたのが、セミナーでやったことをやったら、まさかの嚥下食(すべてゼリーですが)で栄養とれ、復活した方がいました。すごいですね!!

(2例目)
パーキンソン病、寝たきり、経管栄養の方
覚醒しているとき唾液嚥下すると咽頭に残留しているようでウッウッと喀出毎回していました。セミナーのをやったら次の唾液嚥下の時ウッとならなかったので、しっかり嚥下できたのですね。びっくりです☆

★ST 5年目の方からのご報告です★
嚥下機能の向上よりも呼吸機能の改善についてご報告いたします。現在、訪問のリハビリに従事しています。
症例は重度パーキンソン病でADLは全介助の方です、病院からは経口摂取は諦めるように言われ退院してきたようでした。
上記の方に横隔膜のリリース等行いました結果 サチュレーションの数値が80%前半から90%前後へと変化し
現在は90%後半で安定しています。
当初ドクターからはNPPVの使用も検討しないといけないと言われていたので大きな変化だと思います。
それにともない嚥下機能も少しずつですが向上傾向です。

★ST 7年目の方からのご報告です★
松井先生‼
私は、今・・・興奮しています‼
その話をさせてください。
本日、誤嚥性肺炎で入院している患者に対してSTオーダーを頂きました。
当院では、毎週水曜日に嚥下内視鏡検査を実施しています。
その患者さんに対しても本日、嚥下内視鏡検査を実施しました。
医師にお願いし、筋膜リリースをする前後に1回ずつ嚥下内視鏡検査を実施してもらい変化があるかを確認しました。
その結果・・・嚥下機能の改善が明らかに認められました。
大興奮です‼
そして、筋膜リリースに対しての知識・技術を高めていこうと思うモチベーションが更に上がりました。
一方的な報告で、申し訳ありません。

★ST 2年目の方からのご報告です★
臨床で嬉しかったことがありご報告したいと思いました。
パーキンソン病の方で、症状が声量低下、気息性嗄声が強く、いつもささやき声の患者さんに入る機会がありました。(他のSTの持ち患で、普段は他のSTが入っています)
発声訓練や呼吸筋マッサージなどをやっても改善がみられない状態での介入だったのですが、
息をたくさん吸って欲しいと思い、胸郭の筋膜リリースを行ったところ、嗄声が改善され、有声音でフリートークが出来るようになったのです。
発話明瞭度が明らかに改善しました。しかし、声量は聴覚印象では変わらなかったので、目的は達成できませんでした。
患者様は、胸元を触りながら、「なんだか良くなったね。君、また来なさい」と満足して頂けた様子が見られました。
嬉しくなったので、ついご報告してしまいました。


★大学助教授★(スタッフになる前)
(触り方セミナー会場で喉頭挙上セミナーを臨床で使った後の一言)

悔しいけど効果出ますね。


1回5時間セミナーでお伝えすることは、一分一秒聞きのがして欲しくない内容となっています。
解剖も良く分かっていないんだけど・・・という方、任せてください!何がなんでも、全て持ち帰る!という方、大歓迎です。咽頭期で悩んでいる方、大歓迎です。


患者さんが、セラピストの手を好きになるテクニックの数々をお伝えいたします。


【それでも迷われている方へ】

★触診技術がないんだけど...
少人数制で丁寧に教えています。インストラクターが常に傍にいます。ご安心ください。

★喉頭のアプローチなんてできるの...
普通にできます。嚥下に詳しい方は、すでに臨床で結果を出しています。また、多くの病院で既に実践されています。

★手で治療するのに自信がないんです...
任せてください。膜のスペシャリストが、一つ一つ丁寧にお伝えいたします。患者さんに少し触れるだけで、触れられることに喜びを感じ、身体を預けようと心の動きを感じることができます。


★たった5時間のセミナーでほんまに変わるの...?
濃密な5時間です。他セミナーをいくつ受けても学ぶことができない程、内容の濃いものです。変わるかどうかは、学んだことを丁寧に実践すれば、変えられることができます。


★食事が取れず、ベッド上で頸部が過伸展し、苦しそうに目を開いている患者さんの表情が、過伸展がなくなり凄く表情豊かに、「ありがとう」と気持ちを伝えてくれます。


★患者さんの命を守ることができます。

★患者さんがセラピストの手を好きになり、触れられることに感動を覚えます。

【セミナー受講後、患者さんに実践してみて、喉頭の挙上調整ができない!と受講生の皆様自身が判断すれば全額返金いたします。】

受講後、翌々日の20:00までにメールでご連絡ください。無条件で全額返金致します。
結果の出るテクニックと治し方をお伝えします。


★内容★

Ⅰ.解剖

実践に即した解剖の見方をお伝えいたします。治療手順の理解に繋がります。

Ⅱ.触診

アプローチするそれぞれの筋(筋膜)の触診を確実に身に付けます。

Ⅲ.テクニック

治療手順とアプローチ方法まで、全て分かりやすくお伝えいたします。治療テクニックを修得して頂きます。


具体的なアプローチは記載しておりません。当日、楽しみにしておいてください。

★受講生が臨床を経験してからの声★
ST 5年目
会場でも先生に少しお話させていただいたのですが、発症後経鼻経管栄養となり、ST場面でのみアイスクリームの摂取をする練習を行っていた患者様(80代の方です)が、先生に教えて頂いた方法を訓練に取り入れ、現在三食経口摂取に至るまでに改善致しました。

ST 20年以上
咽頭・舌骨の挙上調整は、効果があり、びっくりです。


★喉頭・舌骨の挙上調整セミナー受講生の声★
ST 9年目
今までいろいろな手技を勉強してきました。が、今回のリリーステクは、今までのそれとは違い、治療している感覚がThには得られにくいのに、結果がしっかりと伴ってくることに驚きました。
本日の分野だけでは足りない(患者さんを診るには)と思いますので、ぜひ、触り方セミナーにも参加してみたいと思います。

ST 2年目
筋膜に対して触る程度の刺激で嚥下反射がここまで変わることなんて驚きでいっぱいです。
先生のセミナーでは味覚が変わったとの声も多く聞いており、そちらの方のアプローチにも非常に興味を持っております。ぜひまた先生のセミナーに参加してみたいと考えています。

ST 6年目
実施前後で嚥下が明らかに違い、効果にとても驚きました。それと同時に、自分の手技によって患者様が良くも悪くもなることを実感し、責任を感じました。
日々の臨床で経験を積み重ねて1人でも多くの患者様にお役に立ちたいと思います。
先生方に優しく丁寧に教えて頂き、とても有意義な研修になりました。
ありがとうございました。

他、受講生の皆様からご感想を頂きました。その中で沢山意見が出たのは、
・解剖学の知識が乏しい。
・実技がとても良かった。
・アプローチの仕方がわかった。
・スタッフが丁寧に分かるまで指導してくれた。
など

解剖学につきましては、生理学、解剖学、運動学を基礎にして進めておりましたので、難しく感じるのは普通の感覚だと思います。セミナー資料では写真を多用しており、イメージとして捉えられるよう勧めております。さらに分かりやすく調整し進めていきます。


皆様が、エビデンスを基に全ての説明ができ、且つ効果の高い治療がなぜできるのか、それらを全て学んで頂くつもりでお伝えしております。
受講生の皆様、本当にありがとうございました。


定員:20名(先着順)

https://pro.form-mailer.jp/fms/d3d3921154758



大学の助教授、言語聴覚士の県士会理事の方、大学教員の方、日本理学療法士全国学会で発表されている方、シンガポール世界大会にご参加されている先生方、海外でご活躍されている理学療法士の先生方とともにディスカッションを行い、より良いものをお伝えするよう日々研鑽しております。今後とも、宜しくお願い致します。



日本筋膜リハビリテーション  代表 松井慎一

管理No:64371閲覧回数:261回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
日本筋膜リハビリテーション
開催日時
2019年5月4日(土):10:00~16:00

※終日セミナーになります。進行状況により、終了時間が伸びる場合がございます。
開催地
〒142-0063 東京都品川区荏原4-5-28スクエア荏原
品川区の会場(スクエア荏原)
講師
松井慎一
費用
講習費21,000円/日
臨床で使用して、ご満足頂けない場合:メール一本で無条件全額返金!
定員
20名:【申込締切】セミナー前日23:00
対象
言語聴覚士
ホームページ
http://kinmaku.info/

お問い合わせ・お申し込み

https://pro.form-mailer.jp/fms/d3d3921154758

主催団体

これからの研修会

2019.05.03(東京都)
【咽頭期アプローチ】★ST限定★感動する触り方《喉頭挙上に繋がるセミナー》 in 東京
2019.05.04(東京都)
ST限定【嚥下障害】★咽頭期アプローチ★≪喉頭・舌骨の挙上調整テクニック≫解剖・触診・テクニック in 東京
2019.05.05(東京都)
【喉頭挙上のための】★ST限定★姿勢調整セミナー~評価・テクニック・運動療法~ in 東京
2019.06.23(大阪府)
ST限定【嚥下障害】★咽頭期アプローチ★≪喉頭・舌骨の挙上調整テクニック≫解剖・触診・テクニック in 大阪
2019.07.14(大阪府)
【喉頭挙上のための】★ST限定★姿勢調整セミナー~評価・テクニック・運動療法~ in 大阪
2019.10.12(北海道)
【咽頭期アプローチ】★ST限定★感動する触り方《喉頭挙上に繋がるセミナー》 in 北海道(札幌)
2019.10.13(北海道)
ST限定【嚥下障害】★咽頭期アプローチ★≪喉頭・舌骨の挙上調整テクニック≫解剖・触診・テクニック in 北海道(札幌)
2019.10.14(北海道)
【喉頭挙上のための】★ST限定★姿勢調整セミナー~評価・テクニック・運動療法~ in 北海道(札幌)
2019.11.23(岡山県)
ST限定【嚥下障害】★咽頭期アプローチ★≪喉頭・舌骨の挙上調整テクニック≫解剖・触診・テクニック in 岡山
2019.11.24(岡山県)
【喉頭挙上のための】★ST限定★姿勢調整セミナー~評価・テクニック・運動療法~ in 岡山

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る