理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.02.03掲載

セラピストのための触診セミナー 肘・前腕・手関節・手指編

この度、Northinspireでは5月に札幌で「セラピストのための触診セミナー 肘・前腕・手関節・手指編」というタイトルで研修会を開催致します。これまでに上肢に関する様々な研究をされてきた北海道文教大学 作業療法学科 金子先生に、解剖インストラクターとしての知識と豊富な臨床経験を合わせて、肘・前腕・手関節・手指疾患や機能障害の問題点を鑑別するための典型的な圧痛部位など、ただ触る練習をするだけではなく臨床的な視点も合わせて講義ならびに実技指導をしていただきます。今回は触診練習の時間を多くとりますのでじっくり時間をかけて触診を学ぶことが出来ます。

日程:5月3日(金・祝) 受付開始9:20 講習会9:40~16:30(昼休み50分)
会場:北海道立職業能力開発支援センター第3研修室2(地下鉄東西線 東札幌駅)
参加費:10,000円(当日徴収)  定員:26名
講師:金子 翔拓先生(北海道文教大学 人間科学部 作業療法学科 准教授)
    作業療法学博士(札幌医科大学大学院)
   日本作業療法士協会 認定作業療法士
国際マッケンジー協会認定セラピスト

*講師の金子先生は、大学院にて解剖学(遺体解剖)を学ばれ、現在は札幌医科大学主催「メディカルスタッフのための運動器解剖セミナー」にて解剖インストラクターをされております

-以下のような悩みをお持ちの方におススメです
☑触診や解剖に自信がない
☑触診と臨床をリンクさせることが出来ない
☑触診に自信がないため評価や治療にも自信を持てない
☑自信を持って触診が出来るようになりたい

【当日の内容(予定)】
-肘・前腕・手関節・手指の解剖学・運動学
-肘・前腕・手関節・手指の代表的な病態(病理解剖学的)の確認
-肘・前腕・手関節・手指の触診と臨床のつながり(圧痛と疾患との関係や制限因子)
-肘・前腕・手関節・手指の触診練習(骨・関節、筋、結合組織、神経、脈管系)
*進行状況に応じて触診練習を踏まえた、治療方法をお伝えします
*実技練習が中心です

お申し込みに際しNorthinspireホームページ、「セミナー規約」をご確認ください
メールの件名欄に「5月 金子先生 触診」と記載してください

申し込みの際に教えていただいたE-mailアドレスへ返信いたします(yahooメールの迷惑メール設定等の確認をお願いいたします)

各施設単位(職場共有アドレスからのお申し込みも不可)や連名での申し込みではなく、必ず個人のメールアドレス(可能な限り携帯アドレス以外)でお申し込みください
理学療法士協会等の単位認定は行いません

① 氏名(フリガナも必須)、②勤務先、③経験年数、④資格(PT、OTなど) ⑤E-mailアドレス(お申し込み時に使用したアドレス)、⑥緊急時連絡先(携帯)、を記載しnorthinspireseminar@yahoo.co.jpへお申し込みください

管理No:64556閲覧回数:478回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Northinspire
開催日時
5月3日(金・祝) 受付開始9:20 講習会9:40~16:30(昼休み50分)
開催地
〒003-0005 北海道札幌市白石区東札幌五条1丁目1-2北海道立職業能力開発支援センター第3研修室2
北海道立職業能力開発支援センター第3研修室2(地下鉄東西線 東札幌駅)
講師
金子 翔拓
費用
10,000円
定員
26名
対象
PT、OTなど
ホームページ
https://northinspire.jimdo.com/

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る