理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.02.04掲載

ナイトセミナー 高齢者リハビリテーションに必要な呼吸器の評価と介入

リハビリテーションの対象者は超高齢者、重度者へシフトしています。

したがって、理学療法士、作業療法、言語聴覚士は超高齢者や重度者が持つリスクを管理しながらリハビリテーションを展開する能力が求められています。

その中でも、呼吸器のリスク管理は重要となります。

呼吸器の状態が悪い状況では、積極的な運動は当然できませんし、状況次第では可及的速やかに医療処置が必要となります。

したがって、運動療法やADL指導のみの知識や技術では超高齢者や重度者に対して安全で効果的なリハビリテーションを提供することは難しいと言えます。

本セミナーでは、講師の高木綾一先生が高齢者や重度者に対する呼吸リハビリテーションや呼吸機能についてわかりやすく解説をします。

なぜ、呼吸リハビリテーションや呼吸機能のアセスメントが必要なのか?
呼吸機能のリスク管理とはどのようなものなのか?
実際の呼吸器リハビリテーションの介入とはどのようなものなのか?
について学ぶことができます。

呼吸リハビリテーション初心者の方でもわかりやすい内容になっています。

内容
1)高齢者の呼吸機能とリハビリテーション
2)呼吸機能のリスク管理とリハビリテーション
3)呼吸器の評価と介入


講師
高木綾一先生

理学療法士
認定理学療法士(管理・運営)(脳卒中)
呼吸療法認定士
修士(学術)
関西医療大学 保健医療学部 助教
関西学院大学 経営戦略研究科
国家資格コンサルタント(CDA)
リハビリテーション部門コンサルタント
医療・介護コンサルタント

リハビリテーション部門コンサルタントとして、医療機関、介護施設にコンサルタント業務を行っている。

クライアント先の理学療法士、作業療法士、言語聴覚士に対して臨床におけるアドバイスや指導を行い、リハビリテーションの質の向上を支援している。

また、現在、在宅リハビリテーションにも携わり、重症患者や終末期医療に対するリハビリテーションも提供している。全国各地で、リハビリテーション技術や運営に関するセミナーも開催している。

管理No:64570閲覧回数:498回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
在宅リハビリテーション・ケアスクール
(運営元 株式会社Work Shift)
開催日時
2019年4月10日 水曜日
開始:19:00 | 終了:21:30 | 開場:18:45
開催地
〒532-0011 大阪府大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8新和ビル 403号室 株式会社Work Shiftセミナールーム
住所:大阪府大阪市淀川区西中島3-20-8 新和ビル 403号室
阪急線南方駅下車 徒歩3分
地下鉄御堂筋線西中島南方駅下車 徒歩2分
JR線新大阪駅下車 徒歩8分
講師
高木綾一
費用
4,000円
受講料は当日受付にてお支払ください。
定員
36名限定(申込先着順で定員になり次第締め切らせていただきます)
対象
理学療法士
作業療法士
言語聴覚士
鍼灸師
柔道整復師
トレーナー
ホームページ
https://horcs.com/archives/seminar_blog

お問い合わせ・お申し込み

申し込みは、E-mail でのみ受け付けております。

①希望セミナー名(テーマ)
②氏名
③資格
④所属(勤務先)
⑤住所(ご自宅)

を記載のうえ、

home.rehabili.care.school@gmail.com

までお申し込みください。

申込を確認後、受付のご連絡をいたします。
(申込多数の場合はお断りさせて頂く場合がございます)

もしくは、

https://horcs.com/

よりお申し込みください

キャンセルポリシー
セミナー申込後、お客様のご都合によりキャンセルをされる際は、 home.rehabili.care.school@gmail.comまでご連絡下さい。
在宅リハビリテーション&ケアスクールのキャンセルポリシーに基づき キャンセル料が発生致します。ご了承下ください

キャンセル料
・セミナー当日から7日前まで:無料
・セミナー当日から6日前から3日前まで:受講料の50%
・セミナー2日前・前日・当日:受講料の100%
・セミナー開催後の取消または無連絡不参加:受講料の100%

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る