理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

資料有
2019.02.09掲載

【脳科学 × 脳画像セミナーKnowledge Basic Couse 皮質姿勢制御・BRS I治療編 】apa’s、網様体、前庭系、ニューロリハに着目した、最新知識・実技セミナー仙台会場

《1200名以上が受講!》CTとMRIの違いは?中心前回には皮質脊髄路より大事な機能があることをご存知ですか?BRSⅢ⇒Ⅴ、立ち上がり不可⇒見守りにする知識・治療をお伝えします!!

【脳科学 皮質編 最新知識・実技提示セミナー】

延べ1万2千人以上が参加する脳科学リハビリテーションセミナー!脳皮質編。

最近、日本医療の推進・最新の治験データが報告されていますね。

その知識をどのように臨床で生かすのか?もっと治療効果を上げていくセミナーを開催!

CTとMRIの違いって何!?

CTもMRIも見るべきポイントがあります。

特にMRIは種類が多くて悩みますよね。

また、中心前回には皮質脊髄路より大事な機能があります。

脳画像から前頭前野・補足運動野・運動前野を読み取り、新たに発覚した機能を理解すると患者様の治療効果は全く違います。

また、アメリカで報告されている研究結果をお伝えするだけでなく、それをどのように臨床に生かすと、患者様がより変化したのかを伝えます!

実際、臨床で慢性期心原性脳梗塞の患者様を40分治療し、前後を比較。

BRSⅢ⇒Ⅴ、立ち上がり不可⇒見守り、10年ぶりに杖歩行を試みた症例など、

最新治験報告からリハビリに取り入れたことによる効果も動画にて提示致します。

そして、多くの受講生から、脳画像の知識を身につけ、臨床で実践する際に感じることが

「どうやって治すの?」とよく伺います。

従って、このセミナーでは、皮質の最新知識を学んだからこそ、あらたな技術を身につける実技提示もします。

ご参加される先生方は、お手数ですが、運動着をご持参ください。

*紹介者特典として、セミナー内で使用したPDF資料をプレゼントしております!
2人でご参加頂く場合もしくは受講経験者様のご紹介でご参加頂く場合は5枚、
3人でご参加頂く場合は8枚、4人以上で15枚、basic会員様には全資料プレゼント致します!
詳しくは本協会HPにてご確認下さい!

【講師略歴】
・理学療法士 西浦志郎
・脳科学リハビリテーション協会 会長
・医療法人社団 薫会 FLORIS介護老人保健施設 講師
・地上波 生×カラ レギュラー出演 (体幹部門審査員)

管理No:64691閲覧回数:494回この情報を印刷する

研修会資料

研修会詳細

主催
脳科学リハ協会
開催日時
2019年5月26日
セミナー9:30〜15:15
開催地
〒980-0811 宮城県仙台市青葉区一番町3丁目1−16PARM-CITY131 5A
講師
費用
8500円
定員
30名
対象
ホームページ
https://www.brain-science-rehabilitation.com

お問い合わせ・お申し込み

お申込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/3dd010ef607110

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る