理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.02.11掲載

【横浜開催】『エビデンスに基づく促通反復療法(川平法)〜基礎からアプローチ方法まで〜』

◉促通反復療法のスペシャリストから基礎知識と実技を学ぶ!(実際の事例VTRあり)

・「促通反復療法を初心者でもわかるように教えてほしい」
・「基礎知識から理論まで、どういった治療法なのか学びたい」
・「促通手技を実技でしっかりと学びたい」
・「臨床の場で、どう評価して促通反復療法を実施するのか、一連の流れを聞いてみたい」
・「麻痺の改善を目指してアプローチする一つの武器にしたい」
・「実際に大郷先生が行った治療VTRを見て学びたい」

ここ最近、片麻痺者に対する新たな治療法として、促通反復療法(Repetitive Facilitation Exercise:RFE、川平法)が注目を集めております。片麻痺以外にも、脊髄損傷に伴う四肢麻痺や対麻痺などにも効果が認められ、革新的な治療法として期待されている治療手技です。脳卒中治療ガイドライン2015でも、グレードBのエビデンスの高い治療法として推奨されております。

「急性期・回復期でなかなか随意性が向上しない」、「慢性期で随意性の向上が得られにくく、維持を目標としたリハビリしか行えていない」など、麻痺に対するアプローチに苦慮するセラピストが多くいらっしゃると思います。今回の講習会では、促通反復療法を今までみたことのない方、色んな治療手技を覚えてみたい若手の方などにもわかりやすく学べるよう、基礎から実践的な内容まで、講義・実技を通して解説いたします。

講師の先生は、かながわ促通反復療法連絡会にて代表を務める大郷和成先生をお招きし、実技を交えて講習会を開催いたします。学会や執筆などにも携わる傍ら、促通反復療法の講演を中心に様々な場所でご講演をされているセラピストです。また講義や実技もわかりやすいと評判のため、新人や若手の方にも理解を深めやすく、即臨床に活かせる治療スキルを身につけられると思います。

【講習会概要】
・促通反復療法とは
・促通反復療法の基礎知識と理論
・促通反復療法の実技(上肢・手指・下肢・歩行)
・実際にアプローチした片麻痺者のVTRと解説

ぜひ、みなさまのお越しを心よりお待ちしております。

管理No:64718閲覧回数:254回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Medical MARKSTAR
開催日時
2019年4月7日(日)10:00〜16:00
開催地
〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1ゆめおおおかオフィスタワー内
ウィリング横浜 5階 研修室501〜502
上大岡駅より徒歩3分
講師
費用
7800円
定員
対象
・PT.OT.ST
・看護師
・スポーツトレーナー
・柔道整復師
・鍼灸マッサージ師
・その他医療従事者や有資格者
ホームページ
https://www.markstar.net

お問い合わせ・お申し込み

【お申込み・お問い合わせはコチラから】
https://www.markstar.net/rfe2019/

主催団体

登録団体
Medical MARKSTAR

全登録研修会を見る

過去の研修会

2019.02.17(神奈川)
【横浜開催】『骨盤帯を含めた下肢の触診技術 〜基礎から臨床に役立つポイント〜』
2019.02.03(神奈川)
【横浜開催】『脳卒中片麻痺者に対する上肢機能アプローチ〜脳卒中の基礎知識と、具体的なアプローチ方法〜』
2019.01.20(神奈川)
【横浜開催】『股関節疾患に対するリハビリテーション〜バイオメカニクスと臨床的評価・治療方法〜』
2019.01.13(神奈川)
【横浜開催】『高次脳機能障害の評価とアプローチ 〜 脱『高次脳は難しい』を目指して 〜』
2018.11.23(神奈川)
【横浜開催】『中枢神経系・運動器系に対するハンドリングのポイント〜技術向上のコツと臨床的アプローチについて〜』
2018.11.11(神奈川)
【横浜開催】『道具(福祉用具)とADLから紐解く、環境設定に対するリハビリテーション』
2018.10.21(神奈川)
【横浜開催】『脳卒中片麻痺者に対する歩行と装具のバイオメカニクス 』
2018.10.08(神奈川)
【横浜開催】『呼吸リハビリテーション〜基礎知識と実際のアプローチ方法〜』
2018.09.24(神奈川)
【横浜開催】『手関節・手指の障害とスプリンティング〜基礎知識と実際のスプリント作成を見て学ぶ〜 』
2018.09.16(神奈川)
【横浜開催】『各脊椎疾患に対するリハビリテーション〜各疾患の特性と時期別アプローチ方法〜 』
このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る