理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.02.13掲載

脳卒中上肢麻痺に対する運動学習〜脳卒中当事者とのリハビリデモから学ぶ〜

脳卒中の上肢機能の治療で悩んでいませんか?

講師:生野 達也 先生

動きのコツ研究所 所長 / 理学療法士


-------------------
脳卒中の上肢機能の治療で悩んでいませんか?



脳卒中上肢麻痺の改善へ向けた臨床場面において、

「ROM訓練で筋緊張を制御した後でなければうまく手を使えない」

「使えるはずなのに生活場面で使ってくれない」

といった問題が頻発します。このような現象は、当事者が運動学習できていないことを表しています。



あなたは同じように感じたことはありませんか?


このエポックセミナーを受けると・・・

・運動麻痺に伴う上肢の評価方法を学ぶことができます。
・運動麻痺の運動学習のポイントを学ぶことができます。
・脳卒中患者様を通じて治療デモを見て結果を確認することができます。


治療は「いつ・何を・どのように意識するか」が大切です。



解決の糸口は、

①「どのようなことを意識してもらうか」という注意の向け方

②「簡単な運動から学習してもらう」という運動の難易度設定

にあります。



上肢麻痺改善へ向けた、注意すべき体性感覚の種類や運動の難易度設定は、脳卒中片麻痺の当事者一人一人異なります。
セラピストの役割は、「いつ・何を・どのように意識するか」をオーダーメイドに見つけることにあります。



本セミナーでは、10種類の段階的な独自のワークを通じて、評価から介入までの実践力を身につけることができます。
評価のワークでは、視診や触診から「いつ・何の体性感覚に注意が向いていないか」を評価できるようになります。

また、介入のワークでは、上肢麻痺改善のために「どの姿勢で、いつ・どのように意識すれば良いか」を指導できるようになります。



後半には脳卒中当事者の方をお招きし、実際の上肢麻痺の運動学習場面のデモンストレーションを行います。
その場で、評価から介入までの臨床思考を細かく解説しながら進めます。
日頃、保険外リハビリ分野における臨床現場でどのようにクライアントと関わり、リハビリテーションを進めているかをリアルに見ることができます。



実技とリハビリデモを通じて、「生活で使える手」のための指導方法を学びましょう。





プログラム

①脳卒中上肢麻痺の運動学習のポイント

②評価のワーク

③介入のワーク

④脳卒中当事者とのリハビリデモ

管理No:64748閲覧回数:254回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
EPoch
開催日時
2019年4月21日(日)10:30-16:30
開催地
〒000-0000 大阪府  
弊社ウェブサイトにて掲載します。
講師
生野 達也 先生 動きのコツ研究所 所長 / 理学療法士
費用
6,900円(税込)
定員
40名
対象
医療従事者全般
ホームページ
http://seminar.ep-och.com/seminar/11538

お問い合わせ・お申し込み

弊社ウェブサイトにてお申し込みください

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る