理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.02.15掲載

肩関節の機能評価と治療講習会~肩峰下impingement症候群の問題点に対する評価と治療戦略~

あなたは肩関節の構造が頭の中でイメージできていますか?

講師:西川 仁史 先生

甲南女子大学看護リハビリテーション学部
理学療法学科 准教授

-------------------
あなたは肩関節の構造が頭の中でイメージできていますか?

肩関節をリハビリテーションを実施する上で大切なのは、触診技術や知識も必要ですが、肩関節周囲で軟部組織がどのような状態になっているかをイメージすることが大切です。

イメージするためには、解剖書に描かれている図を立体的に捉える必要があります。もしくは、実際の解剖実習に立ち会って、裏から、表から見てイメージ画像を頭に入れることです。ですが、これらはなかなか容易にできるものではありません。
ではどうすればイメージできるようになると思いますか?


このエポックセミナーを受けると・・・

・肩関節の機能解剖について理解することができます。
・肩関節安定化機構からみた運動機能障害について理解することができます。
・肩峰下impengement症候群について理解することができます。

・骨モデルを使用した肩関節運動の再現を行いイメージを固めることができます。
・触診実習を通じて理解を深めることができます。


骨モデルや解剖映像を元にイメージを固めることができます。



本セミナーでは、肩関節の解剖学・運動学の基礎知識を整理し、肩関節を立体的に捉えるために骨模型を用いて確認したり触診の練習も合わせて行います。また、合わせて講義中に肩関節の実際の解剖映像も交えてイメージがしっかり付くように解説します。

加えて今回は肩関節障害に多い肩峰下impingement症候群の病態を理解した上で、どのように評価、治療を進めていけばいいかを学びます。

機能解剖を中心に、療法士に必要なリハビリテーションの評価知識・技術の研鑽を目的としております。特に新人のセラピストに向けて重点的に基礎からお話していただきます。

理論とともに触診実技を交えて、頭の中に【肩関節】をしっかりとイメージできるようなセミナーになっておりますので、ぜひ肩関節を基礎から学びたい方は受講をおすすめします。
プログラム

1.肩関節の機能解剖
2.肩関節安定化機構からみた運動機能障害
3.肩峰下impengement症候群とは?
4.骨モデルを使用した肩関節運動の再現
5.触診実習

※本セミナーは実技を中心に進めていただきます。

管理No:64757閲覧回数:342回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
EPoch
開催日時
2019年5月19日(日)10:30-16:30
開催地
〒000-0000 大阪府  
弊社ウェブサイトにて掲載します。
講師
西川 仁史 先生 甲南女子大学看護リハビリテーション学部 理学療法学科 准教授
費用
6,500円(税込)
定員
40名
対象
医療従事者全般
ホームページ
http://seminar.ep-och.com/seminar/11456

お問い合わせ・お申し込み

弊社ウェブサイトにてお申し込みください

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る