理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.03.03掲載

【ナイトセミナー】脳卒中片麻痺者に対する運動療法 ~麻痺の程度に合わせた評価と治療アプローチの実践〜

麻痺の程度に関わらず同じような手技、リハビリを選択してしまいがちな方へ

  • 同日の一日セミナー(寝返り、起き上がり動作獲得に向けた徹底ハンドリングセミナー)にご参加頂いた方は、今セミナーを無料(2000円→0円)にて受講できます!

脳卒中症例に対する運動療法治療
~麻痺の程度に合わせた治療アプローチの実践〜



今セミナーはこんな方にオススメです。

★脳血管疾患のリハビリに自身の持てない方

★麻痺の程度に関わらず同じような手技、リハビリを選択してしまっている方

★運動療法を(もう一度)基礎から学びたい方

★筋トレではなく、神経筋促通やハンドリングとして治療アプローチを学んでみたい方



今回のテーマは「bridge exercise」です。
PT,OTであれば一度は実施したことがあるかしれません。
かく言う私も入職したての頃は良く使っていました。

目的は「大殿筋のトレーニング」
主に筋力を養う目的で選択したことでしょう。

しかしこの「bridge exercise」は本当に大殿筋の筋力トレーニングに適しているのでしょうか?
更に誰にでも同じやり方でいいのでしょうか?

脳卒中症例では様々な症状があります。
麻痺の程度や部位も異なります。

今セミナーでは片麻痺者に対する運動療法としての「bridge exercise」をお伝えするとともに、
麻痺の程度に合わせた運動療法の考え方やアプローチ方法を実技を通して学習します。

・筋緊張の低い症例に対する「bridge exercise」
・共同運動パターンから分離運動を促すための「bridge exercise」
・歩行やADLにつながるための「bridge exercise」など

実技時間を多めに配分して開催する予定です。
当日は実技指導アシスタントも用意しております。
皆様一組一組に回っていきますので、しっかりと理解できるまで直接指導します。

【開催要項】
日時:平成31年5月29日(水)19:30-21:30
場所:ケンリハ脳卒中回復ステーション名古屋(名古屋駅より徒歩4分)
受講費:2,000円(税込)
講師:森佑大(ケンリハ脳卒中回復ステーションPT、TMPリハビリテーション研究会代表)

申込方法:メールまたは申込フォームよりお申し込みいただけます。

メールにて申し込む場合:下記アドレスへ必要項目を入力してお申し込み下さい。
tmp.reha.lab@gmail.com
件名 受講希望日
本文に1.氏名 2.職種 3.経験年数 4.所属を記入の上、お送り下さい。

申込フォームにて申し込む場合:当ホームページ内に申し込みフォームが御座いますのでそちらからでも可能です。
https://tmp-reha-lab.jimdo.com/



また、同日の一日セミナー(寝返り、起き上がり動作獲得に向けた徹底ハンドリングセミナー)にご参加頂いた方は、今セミナーを無料(2000円→0円)にて受講することが出来ます。合わせてご検討下さいませ。

管理No:64900閲覧回数:452回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
TMPリハビリテーション研究会
開催日時
2019年5月29日(水)19:30-21:30(受付19:00-)
開催地
〒453-0801 愛知県名古屋市中村区太閤一丁目1-14ケンリハ脳卒中回復ステーション名古屋(高橋ビル5階)
名古屋駅より徒歩4分
講師
ケンリハ脳卒中回復ステーションPT / TMPリハビリテーション研究会 代表 森佑大
費用
2,000円(税込)となります(当日現金にてお支払いお願いします)
定員
20名
対象
PT、OT、柔道整復師、トレーナー、運動やハンドリングに興味のある方など
ホームページ
https://tmp-reha-lab.jimdo.com/

お問い合わせ・お申し込み

tmp.reha.lab@gmail.com
上記アドレスへメールにて申し込み下さい。
件名 受講希望日
本文に1.氏名 2.職種 3.経験年数 4.所属を記入の上、お送り下さい。

または、当ホームページ内に申し込みフォームが御座いますのでそちらからでも可能です。

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る