理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.02.25掲載

5/12 脳卒中 上肢機能アプローチ

脳卒中上肢機能に対するアプローチとしては、片手(非麻痺側)での実用・自立訓練や両側または麻痺側への促通効果を促し自律・自立へと導く訓練等があると思います。
どちらかに固執、偏ることは対象者の能力を低下することになりかねません。また、あまり動かない手・肩の痛み等を放っておいたり、装具・ロボットに頼りっぱなしでは、機能の潜在性を阻害してしまいます。

臨床の現場では、弛緩、痙性、筋委縮・拘縮、しびれ、痛み、感覚過敏・鈍麻・脱失、失調症、振戦等、その症状は数えきれないでしょう。画一的な練習ではままならないというのが臨床現場。どのような方も私たちの対象です。
しかし対象者は、痙性や固縮等で動きが阻害されていることが多く、筋等の長さも変化しづらいでしょう。動くための「機能的な感覚‐知覚」が伴わない状態となります。

本来、「運動」があっての「感覚・知覚」の存在であり、「感覚・知覚」があっての「運動」と言えます。それを取り戻すプロセスが必要です。

今回の研修会では、脳卒中における肩の痛み・手の問題等を整理し、実技体験・練習を行います。
初めての方でもまったく構いません。明日からの臨床に活かせていただければと思います。


< 講 師 >
山本伸一 氏 山梨リハビリテーション病院 リハビリテーション部副部長

作業療法士/活動分析研究会 会長/CVA時期別OT研究会 会長/
IBITA・JBITA認定 ボバース国際インストラクター/一般社団法人日本作業療法士協会 常務理事


【日時・会場】
日 程: 2019年5月12日(日)10:00~16:00(開場 9:30)
会 場:中央労働基準協会支部  4階ホール
    東京都千代田区二番町9-8( 東京メトロ有楽町線麹町駅下車 徒歩3分)
    http://www.celsa.or.jp/company.html#akusesu
定 員: 40名
受講料:10,800円(税込)


↓↓↓セミナーのお申込みはコチラから↓↓↓
https://www.event-form.jp/event/4602/cOTZvXVwDQki

管理No:65023閲覧回数:1330回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
ジャパンライム株式会社
開催日時
2019年5月12日(日)10:00~16:00(開場 9:30)
開催地
〒102-0084 東京都千代田区二番町9-8
中央労働基準協会支部 4階ホール
東京メトロ有楽町線麹町駅下車 徒歩3分
http://www.celsa.or.jp/company.html#akusesu
講師
山本伸一
費用
10,800円(税込)
定員
40名
対象
理学療法士、作業療法士
ホームページ
https://www.event-form.jp/event/4602/cOTZvXVwDQki

お問い合わせ・お申し込み

ホームページより詳細をご確認後、お申し込みください。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る