理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.02.26掲載

体表解剖と筋生理から考える触診とストレッチング ~膝・足関節編~

この度、Northinspireでは5月に札幌で「体表解剖と筋生理から考える触診とストレッチング ~膝・足関節編~」というタイトルで研修会を開催致します。臨床において触診は疼痛部位の把握や、動作時の筋活動の状態を確認するといった評価の側面だけではなく、個別の組織に対し適切な治療を行う上でも重要となります。また、ストレッチングは臨床で実施される機会が多い治療法ですが、やみくもなストレッチングでは治療効果が不十分な場合も多いです。個々の患者の問題に対して、個別の筋を的確に触診し、評価・治療を行うことはセラピストにとって、重要なスキルと言えます。
本研修会では、基礎的な骨と筋の構造(骨盤・下肢の骨、膝・足関節周囲筋)を理解し、それに基づきながら触診練習およびストレッチング練習を行います。変形性膝関節症など代表的な運動器疾患等によくみられる症状なども交えながら進めていく予定です。

*本研修会は実技形式の研修会です

日程:5月25日(土) 受付開始14:10 講習会14:30~19:30
会場:札幌市産業振興センター セミナールームC(東西線 東札幌駅)
参加費:8,000円(早期割引) 4月25日以降10,000円 定員:36名
講師:折内 英則先生(総合南東北病院) 理学療法士、認定理学療法士(運動器)
日本静脈経腸栄養学会認定 栄養サポートチーム(NST)専門療法士

*本研修会は、日本理学療法士協会 認定理学療法士および専門理学療法士制度  履修ポイント対象研修会です(認定領域は運動器が対象 5ポイント付与)

【当日の内容(予定)】
◆基礎編(座学)
・骨盤・下肢の骨の構造
・膝~足関節周囲筋の構造
・筋生理とストレッチングの基礎(筋組織と柔軟性、ストレッチングの目的・効果・方法・注意点など。)

◆実践編(実技)
・骨盤・下肢の骨に対する触診
・膝周囲筋ならびに足関節周囲筋の触診
・構造に基づいたストレッチング法等
・臨床応用(疼痛部位の特定への対応、変形性膝関節症などの運動器疾患に見られる症状を考慮した触診とストレッチングの検討、術後患者や高齢者など腹臥位になれない場合の対応など)

お申し込みに際しNorthinspireホームページ、「セミナー規約」をご確認ください
メールの件名欄に「折内先生 ストレッチ」と記載してください
振り込み案内を申し込みの際に教えていただいたE-mailアドレスへ返信いたします(yahooメールの迷惑メール設定等の確認をお願いいたします)

各施設単位(職場共有アドレスからのお申し込みも不可)や連名での申し込みではなく、必ず個人のメールアドレス(可能な限り携帯アドレス以外)でお申し込みください

① 氏名(フリガナも必須)、②勤務先、③経験年数、④資格(PT、OT、STなど) ⑤E-mailアドレス(お申し込み時に使用したアドレス)、⑥緊急時連絡先(携帯)、を記載しnorthinspireseminar@yahoo.co.jpへお申し込みください

*認定・専門理学療法士ポイント申請を希望される方は、⑦PT協会会員番号(8桁) ⑧生年月日(西暦8桁で⇒記載例19880318)も上記の申し込み事項と合わせて記載をお願い致します。(手続きの都合上、フリガナ等も含め記載漏れがあるとポイントが付与されませんのでご注意ください)

管理No:65039閲覧回数:453回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Northinspire
開催日時
5月25日(土) 受付開始14:10 講習会14:30~19:30
開催地
〒003-0005 北海道札幌市白石区東札幌五条1丁目1-1札幌市産業振興センター
札幌市産業振興センター セミナールームC(東西線 東札幌駅)
講師
折内 英則
費用
8,000円(早期割引) 4月25日以降10,000円
定員
36名
対象
理学療法士、作業療法士
ホームページ
http://northinspire.jimdo.com/

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る