理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.02.27掲載

(大阪会場)動作分析に基づく筋力トレーニングと運動学習〜動作分析から始める根拠にもとづく運動療法

  • 講師) 畠中泰彦先生 鈴鹿医療科学大学保健衛生学部理学療法学科 学科長 同 大学院医療科学研究科 教授

  • 執筆著書:理学療法のための 筋力トレーニングと運動学習〜動作分析から始める根拠にもとづく運動療法

  • 執筆著書:姿勢・動作・歩行分析 (PT・OTビジュアルテキスト)

理学療法士の強み、特殊性は何だと思いますか? 

『動作分析から治療につなげる能力』と理学療法士自身は考えている人がもっとも多いそうです。 
   
  
我々PTは患者さんに、ただ立ち上がらせたり、歩行させたりしているわけではありませんよね。 
 
左の股関節の伸展が少ないなとか、腕の振りが少ないなとか、蹴り出しが少ないなといったように動作分析を常に行い、主要とする問題点を探していきます。

常に動作を見て動作分析をし、仮説を立て、治療展開し、動作の改善につなげていくのが理学療法士のやり方です。 

これは理学療法士の特殊性と言って良いかもしれません。  
 
しかし 
 
多職種に比べて、理学療法士が動作分析において勝っていると自信を持って言えるでしょうか?

動作分析をしっかり学んできたと自信を持って言えるでしょうか? 


ここ最近の傾向として、柔道整復師やトレーナーが講習会に参加し、理学療法を学ぶ機会が増加してきています。また理学療法士は疼痛改善の方法を学ぶことが増えてきています。 
 
これらから強く感じるのは多職種との明確な違いが分からなくなってきているということです。
 
 
 
『動作分析を極めていくこと』

これがこれからの理学療法士の特殊性として、プロとして生き残っていくために重要なことではないでしょうか。  
 
 
また老健や病院で働いてきて感じるのは筋力トレーニングを適切に行えていないセラピストがあまりに多いということです。 
 
筋力トレーニングを適切に行えるようになれば姿勢や動作を適正化しやすくなりますし、筋力強化の効率も上がるでしょう。
  
 
また運動療法と運動学習は切っても切れない関係にあります。運動学習のコツに精通すれば、今よりも運動療法の効果が上がる可能性が高くなります。 
 
 
そこで今回、動作分析、筋力トレーニング、運動学習にもっとも精通している理学療法士のお一人として、畠中泰彦先生をお招きする運びとなりました。 

 

今の自分に必要だと少しでも感じた方は、ぜひご参加ください。



担当講師 : 畠中泰彦 先生
講義時間 : 10:00(受付開始9:30~) ~16:00
セミナー料金 : (一般)15,000円 (メルマガ会員)12,000円



講義メニュー
「動作分析に基づく筋力トレーニングと運動学習」

初心者にも分かり易い内容から始めます。翌日からの治療に役立てられるよう、症例提示を交えて基礎から実践までを一緒に考えましょう

・動作分析から主要問題点を導き出す
・主要問題点に影響をおよぼす筋
・運動機能障害の量的側面と質的側面
・結果にコミットする筋力トレーニングとは
・運動学習を治療に応用する際のポイント





講師:畠中泰彦先生

鈴鹿医療科学大学保健衛生学部 理学療法学科 
鈴鹿医療科学大学保健衛生学部理学療法学科 学科長
同 大学院医療科学研究科 教授
URL:http://www.suzuka-u.ac.jp/index.shtml

略歴
昭和60年 京都大学 医療技術短期大学部 理学療法学科 卒業
平成 2年 立命館大学 理工学部 基礎工学科 卒業
平成20年 同 大学院 理工学研究科 総合理工学専攻 博士後期課程終了 博士(工学)
昭和60年 京都府立医科大学 附属病院 リハビリテーション部 技師
吉備国際大学を経て 平成21年より現職

専門と研究領域
バイオメカニクス、スポーツ工学、リハビリ工学、運動療法,装具療法に関する研究に従事

代表的な著書および論文
 臨床歩行計測入門(医歯薬出版)
臨床実習のための歩行分析トレーニングブック(金原出版)
姿勢・動作・歩行分析(羊土社)
理学療法のための筋力トレーニングと運動学習(羊土社)

管理No:65049閲覧回数:502回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ
開催日時
2019年5月12日(日)10時00分~16時00分(受付9時30分)
開催地
〒532-0004 大阪府大阪市淀川区西宮原東洋医療専門学校
東洋医療専門学校
https://www.toyoiryo.ac.jp/access
※会場は変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
講師
畠中泰彦先生
費用
(一般会員)15,000 円    (メルマガ会員)12,000 円
※メルマガ会員登録はホームページより無料で行って頂けます。会員限定特典あり!
http://www.therapist-for-life.com/
定員
40名
対象
学びたい方なら職種は問いません
ホームページ
http://www.therapist-for-life.com/

お問い合わせ・お申し込み

申し込み方法はHPで詳細をご覧になってください。

HPからの問い合わせや申し込みへの返答が無かった場合は、迷惑フォルダを後確認ください。メールが届いてなかった場合は、なんらかのトラブルが考えられます。その場合には下記へご連絡ください。
sdream8@gmail.com

主催団体

これからの研修会

2019.05.04(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第6回 胸椎の評価と技術
2019.05.05(兵庫県)
(兵庫会場)【疾患別リハビリテーションシリーズ】 運動器疾患の評価と治療 ~ 変形性膝関節症に対する評価と治療アプローチ ~
2019.05.11(兵庫県)
(関西)【ナイトセミナー】 OMT(オステオパシックマニュアルセラピー)入門編 (哲学・頸椎の解剖・触診・実技デモ)  
2019.05.12(大阪府)
(大阪会場)動作分析に基づく筋力トレーニングと運動学習〜動作分析から始める根拠にもとづく運動療法
2019.05.12(東京都)
(東京会場)局所の評価ができるセラピスト養成講座 『腰痛』の見分け方・評価から治療立案まで~
2019.05.18(東京都)
(東京会場)【脊柱触診への苦手意識を解消!】 腰椎・骨盤(仙骨)の評価と治療 ~骨の触診と臨床応用~
2019.05.19(東京都)
(東京会場)動作分析に基づく筋力トレーニングと運動学習〜動作分析から始める根拠にもとづく運動療法
2019.06.01(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第7回 頸椎の評価と技術
2019.06.02(兵庫県)
(兵庫会場)腰痛・下肢症状に対する多角的評価・治療アプローチ
2019.06.08(兵庫県)
(関西)【ナイトセミナー】 OMT(オステオパシックマニュアルセラピー)入門編 (哲学・肩関節の解剖・触診・実技デモ)
2019.06.09(大阪府)
(大阪会場)機能解剖学×神経生理学×筋電図から紐解く歩行の正しい評価とアプローチ
2019.06.15(東京都)
体表解剖・触診の臨床応用-絞扼性神経障害の評価・アプローチ-(頭頸部・上肢編)
2019.06.23(東京都)
(東京)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第1回 総論・全体評価
2019.07.06(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第8回 肩・肘関節の評価と技術
2019.07.28(東京都)
(東京)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第2回 筋膜・隔膜リリース
2019.08.03(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第9回 膝・足関節の評価と技術
2019.08.25(東京都)
(東京)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第3回 股関節の評価と技術
2019.09.07(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第10回 頭蓋骨Ⅰ(仙骨、後頭骨、CV4、他)
2019.09.29(東京都)
(東京)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第4回 骨盤の評価と技術
2019.10.05(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第11回 頭蓋骨Ⅱ(側頭骨、頭頂骨、前頭骨、他 )
2019.10.27(東京都)
(東京)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第5回 腰椎の評価と技術
2019.11.02(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第12回 内臓テクニックⅠ
2019.11.24(東京都)
(東京)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第6回 胸椎の評価と技術
2019.12.07(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第13回 内臓テクニックⅡ
2019.12.22(東京都)
(東京)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第7回 頸椎の評価と技術

全登録研修会を見る

過去の研修会

2019.04.07(東京都)
(東京会場)実践的な触診技術と機能解剖(体幹編)~アライメント分析からアプローチまで~
2019.04.06(大阪府)
(大阪)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第5回 腰椎の評価と技術
2019.04.06(兵庫県)
(関西)【ナイトセミナー】 OMT(オステオパシックマニュアルセラピー)入門編 (哲学・胸椎の解剖・触診・実技デモ)  
2019.04.06(東京都)
(東京会場)実践的な触診技術と機能解剖(上下肢編)~アライメント分析からアプローチまで~
2019.03.31(東京都)
(東京会場)新人セラピストのための 脳卒中片麻痺者への運動療法 1 ~セラピューティックなハンドリング介助~
2019.03.21(広島県)
(広島会場)腰痛・下肢症状に対する多角的評価・治療アプローチ
2019.03.19(大阪府)
(大阪会場)【ナイトセミナー】臨床で使える徒手技術 第6回 頸椎編 ~骨・軟部組織の評価と治療アプローチ~
2019.03.10(大阪府)
(大阪会場)セラピストのための運動器画像の見方 ~評価精度の向上、治療方針の明確化~
2019.03.09(東京都)
(関東)【ナイトセミナー】 OMT(オステオパシックマニュアルセラピー)入門編
2019.03.09(兵庫県)
(関西)【ナイトセミナー】 OMT(オステオパシックマニュアルセラピー)入門編 (哲学・腰椎の解剖・触診・実技デモ)  
このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る