理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.03.05掲載

歩行・動作分析と はじめての足底板・インソール作成講座

初めて『足底板を学びたい』と考えている方、新人理学療法士のための足底板講座

  • 触診~歩行分析~インソール作まで実技7割で行っていきます。

  • 骨の触診から入るので初学者や作業療法士の先生も安心して受講できます。

  • 当会は少人数制で講師との距離がとても近い雰囲気で講義を行っています。

【概要】
足関節・足部の触診と足部のアライメント評価や歩行分析を中心とし、足底板作成まで行います。

足部機能の基礎知識及び評価と、臨床へ応用するためのポイントをお伝えした上で、パッドを用いて足底板を作成します。中敷きにパッドを入れることで即時的に歩行やパフォーマンスが変わることを実感して頂くことができます。足底板は興味があるけど難しいとお考えの方にも、明日から臨床で実践できるよう分かりやすくお伝えします。

まずは足部についての基礎知識や触診を学びたい方、『足底板を学びたいが高額で敷居が高い』とお考えの資格所得から1~5年目の方にお勧めいたします。

【内容】
A.講義
a.各関節の基礎知識と評価
・距骨下関節
・ショパール関節
・リスフラン関節

b.足部アーチの基礎知識と評価
・内側縦アーチ
・外側縦アーチ
・横アーチ

c.
・足部機能と歩行
・ロッカーファンクションの役割
・歩行分析のシンプルな考え方

B.実技
a.足関節・足部の触診
踵骨、距骨、舟状骨、立方骨、楔状骨、中足骨、基節骨、中節骨、末節骨

b.パッドを用いた足底板の作成
・パッドの貼り付けに必要な足部のマーキング
・パッドの貼り付けと評価
・パッドの微調整

<本講座を受講することで得られるメリット>
・足部機能の基礎知識と評価・治療の繋げ方を学ぶことができる
・足部の触診、足底板の作成を通じて歩行や評価・治療の理解を深めることができる
・実技を通じて足部の触診の基礎が身に着けることができる
・パッドを用いた足底板の作成を実践することで、臨床での足底板療法の活用に繋げる

<パッドを用いた足底板療法の適応例>
「膝の内側に疼痛がある変形性膝関節症」
歩行時に荷重すると膝の内側に疼痛を訴えており、膝関節周囲の治療を行い疼痛の軽減がみられていたが、疼痛は消失せず経過していた。荷重時に距骨下関節が大きく回外し、膝関節の内反が増大、膝の内側に圧縮ストレスが生じていた。パッドにより距骨下関節の回内誘導、立脚期前半の体重移動のタイミングを早くすることで膝の内側の疼痛が消失。その後も疼痛の増悪なく経過している。

「前十字靭帯再建術後のバスケットボール選手」
再建術の経過は順調であったが、ジャンプやフォワードランジの際にKnee inしてしまいトレーニングやプレー中に再断裂するリスクが残存していた。内側縦アーチが低下しており、パッドにより距骨下関節の回外誘導、内側縦アーチ・横アーチの低下の制動を図ったところ、Knee inはみられなくなった。「足で地面をしっかり踏ん張れるようになった」と快適にトレーニングやプレーを行えるようになった。

【対象】
・1~3年目の理学療法士・作業療法士
・基礎的な足部機能の知識と評価を学びたい方
・基礎的な足部の触診を学びたい方
・初めて足底板療法を学びたいと考えている方

【講師】
仲村 博
理学療法士
Palpation Meister代表
いままでの講師歴:
①円背患者への触診とリハビリテーションの基本
②トリガーポイント触診講座
③筋肉を3Dで捉える触診講座
④姿勢分析からのストレッチング

【持ち物】
筆記用具、ハサミ(パッドの作成の際に使用します)、中敷を外せる靴、動きやすい服装(ハーフパンツ等の膝が出る服装)

≪受講者の声≫
・少人数制で良かった
・学校では教えてくれない細かいところまで指導がある。
・実技の時間が長く、指導が丁寧。

そんなお声を頂いております。
こちらをご参考ください⇒https://mcta-cpt.jimdo.com/

皆様のご参加をお待ちしております!
━━━━ ━━━━ ━━━━ ━

管理No:65155閲覧回数:577回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Palpation Meister Tokyo
開催日時
5月5日(日)9:30~16:30
※延長もありえますので時間に余裕を持ってご参加ください。
開催地
〒162-0052 東京都新宿区新宿
新宿区・新宿近隣(詳細はお申し込みいただいた方にお知らせいたします。)
講師
費用
PT・OTの学生:4000円
現役PT・OT:10000円
⇒早期申込み(4月5日まで)で8000円
※材料費込みの受講費です。

※学生さん2名までとさせていただいております。

※当会は経験年数が浅く職場に指導者がいないなどの若手のための活動を主旨としている会です。経験年数5年以上の方は上記の受講料+14000円となります。
また理学療法士としては新卒・若手でも、過去に柔道整復師やパーソナルトレーナーなどをしていた方も経験5年以上の扱いといたします。ご了承ください。

★ブランクがある等、何等かのご事情があり、実務経験が実質5年未満の方は考慮いたしますので、申込時にご相談ください。
定員
8名
対象
こんな方が参加されています
↓↓↓
「就職して即戦力になりたい」

「学校では手技や触診をほとんどやらなかったので、足りないところを学びたい」

「将来、トレーナーをやりたい」

「理学療法士以外の仕事もしたい」

意欲のある皆さんの参加をお待ちしております。
ホームページ
https://mcta-cpt.jimdo.com/

お問い合わせ・お申し込み

パルペーションマイスター東京のホームページのお申し込み・お問い合わせフォームからお申込みください。

https://mcta-cpt.jimdo.com/

※お申し込み頂いた時点で、ホームページ記載の注意事項にはご了承済みと致します。

主催団体

これからの研修会

2019.04.25(東京都)
【ナイトセミナー】筋・筋膜とアナトミートレインの臨床応用 ~下肢編~
2019.04.28(東京都)
筋・筋膜テクニック上肢編 [肩甲帯・肩・肘・前腕・手]
2019.05.04(静岡県)
★静岡開催★筋・筋膜テクニック上肢編 [肩甲帯・肩・肘・前腕・手]
2019.05.05(静岡県)
★キャンセル待ち★静岡開催★膝関節・股関節の触診・評価と関節モビライゼーション
2019.05.05(東京都)
歩行・動作分析と はじめての足底板・インソール作成講座
2019.05.08(東京都)
【ナイトセミナー】 基礎から学ぶ膝軟部組織(膝周囲の筋肉、靭帯半月板、脂肪体)の触診講座
2019.05.09(東京都)
【ナイトセミナー】 アライメント評価からのダイレクトストレッチング 肩関節編
2019.05.12(東京都)
 ~姿勢分析・アライメント評価からのダイレクトストレッチング ~体幹編~
2019.05.19(東京都)
膝関節・股関節の触診・評価と関節モビライゼーション
2019.05.22(東京都)
【ナイトセミナー】 基礎から学ぶ下腿・足部の筋・足根骨の触診講座
2019.05.23(東京都)
【ナイトセミナー】 アライメント評価からのダイレクトストレッチング 膝・下腿・足部編
2019.05.26(東京都)
筋・筋膜テクニック 下肢編
2019.05.30(東京都)
【ナイトセミナー】 アライメント評価からのダイレクトストレッチング 腰部・股関節編
2019.06.01(東京都)
【ナイトセミナー】肘・前腕・手の痛みに関連する筋肉の触診とトリガーポイントリリース
2019.06.02(東京都)
姿勢分析・アライメント評価からのダイレクトストレッチング  ~上肢編~
2019.06.08(東京都)
【ナイトセミナー】腰痛・下肢痛・臀部の痛みに関連する筋肉の触診とトリガーポイントリリース
2019.06.09(東京都)
足部の触診・評価と関節モビライゼーション
2019.06.16(東京都)
筋・筋膜アプローチ~体幹編~
2019.06.23(東京都)
筋肉を3Dで捉える触診講座 頭頚部、嚥下に関連する筋の触診編

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る