理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.03.06掲載

セラピストに必要な画像の視方と評価・治療への活用法ー整形外科疾患の基本的なX-P・CT・MRIの視方ー

【運動器(全領域)における専門・認定理学療法士ポイント認定講習会に申請中】

  • 講習会の様子

  • 講習会の様子2

運動器疾患に携わる医療従事者の技術・知識の向上と連携を目的に当研究会は活動を行っております。普段 の臨床場面でも、触診技術一つ違うだけで治療に差が生まれ、知識が増えることで治療の幅が広がるなど技術や知識の重要性を強く感じます。今回は普段の臨床をより効果的な評価・治療に近づけるために必要な画像所見の視方を学んでいきます。ご興味のある方は是非ご参加下さい。

管理No:65186閲覧回数:517回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
湘南運動器リハビリテーション研究会
開催日時
2019年5月19日(日)10:00〜16:00まで(受付開始 9:30〜)
開催地
〒247-0072 神奈川県鎌倉市岡本1370番1湘南鎌倉総合病院 別館3F 講堂
詳細はhttps://www.shonankamakura.or.jp/access/をご覧ください
講師
山本昌樹
費用
参加費:5000円
定員
100名
対象
ホームページ
https://www.shonanriha1717.com

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る