理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.03.07掲載

バイオメカニクスに基づいたテーピング理論と実践 ~なぜそこにテーピングをするのか~

スポーツに関わるなら絶対知っておくべき!!テーピングのなぜ?を畿央大学講師に徹底解説、実技指導していただきます。

  • 過去のセミナーの様子

  • 講師でお呼びする先生のプロフィール

講師:福本貴彦 先生 (畿央大学 理学療法学科 准教授)

【講師メッセージ】
「骨の名前が変わるわけじゃあるまいし、解剖学や運動学なんて リカレント(再教育)したいとは思うけど、そんなに変わらないでしょ…」なんて声を聞くことがあります。
しかし、医科学の進歩に伴い、解剖・生理・運動学の分野も日々進歩しています。
また、「基礎知識を身に着けたところで臨床応用しにくいし…」なんて声もよく耳にします。
ここらで一度、学生に戻ったつもりで基礎解剖を学び、最新知見に触れ、臨床応用するコツを習得してください。

【このセミナーで学べることは 】
  ・手関節・足関節の機能解剖

・機能解剖の最新知見(手関節・足関節)

・運動療法への応用

・装具療法(テーピング)への応用

管理No:65188閲覧回数:1181回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Conditioning Room-S
開催日時
2019年5月26日(日)
受付9時40分開始
10:00~16:00(途中昼休憩1時間含む)
開催地
〒558-0011 大阪府大阪市住吉区苅田9丁目5-27苅田土地改良記念会館 展示室
講師
費用
12000円(税別)4月25日23:59までの早割価格
15000円(税別)4月26日以降の通常価格
定員
40名
対象
スポーツ、クライアントに関わる全ての職種
ホームページ
https://crsseminar.jimdo.com/crsスポーツコース/募集中-スポーツ-テーピング/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る