理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

資料有
2019.03.07掲載

看護・ケア従事者のための『環境が与えるADLへの悪影響!』リスクを減らすワークセミナー

自立支援からスムーズな食事動作まで、瞬時に改善できる環境改善術を習得

【内容】
 なぜ、同じケアを受けていて差がでるのか?本人の身体機能や疾患のせいと決めつけていないですか?実は、その人に合ってない環境がADLを劇的に悪くしている事が多くあります。
看護・介護現場ではそれに気づかれずに、日常生活での転倒、そして転倒による骨折、さらに食事時の誤嚥・ムセ込みなどだけではなく、介助者の負担にも影響を及ぼしています。
環境のちょっとした設定を変えるだけで、見違えるほど、その方の機能が向上することをご存知ですか。
本セミナーは、講師がのべ1万件の介護現場から工夫改善した実例をもとにリスクを軽減する環境改善術のノウハウを習得するセミナーです。
その環境改善術は介護現場の原理原則として、各メディアでの取り上げられています
そんなここでしか学べない本セミナーに是非、お越しください。


【受講された方の声】
■「まさか環境づくりで胃ろうの方が経口摂取をした例があるなんて思わなかった」<訪問看護師Aさん>
■「福祉用具専門相談員は物を持ってくる道具屋さんのイメージだったが、こんなにも相談できることがあり、使用者さんのQOL・ADLが変わるんだと目から鱗でした。」<訪問ヘルパーSさん>
■「受講して今ケアに入っている利用者様の環境を今一度見直せるヒントを沢山得られた」<福祉用具専門相談員Iさん>
■「今まで、もしかしたら私たちが気付いてあげられてないせいでうまくいっていない利用者がいたなと痛感しました」<ケアマネジャーHさん>


【セミナーのポイント】
●リスクを見逃さない環境ポイントを習得する
●瞬時にQOL・ADLを向上させ自立支援に繋ぐ環境設定を学ぶ
●介護者の負担を減らす環境設定を学ぶ
●福祉用具選定を見る視点を養う

【講義/実習】
●環境が与える人への影響
●事例から学ぶ環境改善術
・人に悪影響を及ぼす日常よくある環境とは?
・瞬時にADLを向上できる環境設定のポイント

【講師】
山上智史 氏 
[所属] 株式会社K-WORKER(ケーワーカー)
[役職] 福祉用具貸与事業所部長 便利屋事業住まいるサポート所長
[資格] 福祉用具専門相談員 住環境コーディネーター2級 介護福祉士
[プロフィール]
過去にホームセンターにて日用品・介護用品の売り場などを担当。
その後現在のK-WORKERにて介護福祉士として介護現場を経験。現在では福祉用具貸与事業所と便利屋事業(住まいるサポート)の管理者を務め福祉用具専門相談員として現場経験を活かした「高齢者在宅の自立支援・介助者負担の軽減を目的とした環境づくり」を実践している。
また、MEDプレゼン、全国での教育・講師活動、さらに、各メディア(女性セブン、毎日が発見、MONO MAX、高齢者在宅新聞など)多数と活躍中。

[HP] http://www.k-worker.co.jp

管理No:65205閲覧回数:346回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
株式会社WinWin
開催日時
14:00~16:30
開催地
〒160-0022 東京都新宿区新宿1―5-4 YKBマイクガーデン東京在宅サービス 3階 301会議室
[場所]
東京在宅サービス 3階 301会議室

[住所]
〒160-0022
東京都新宿区新宿1―5-4 YKBマイクガーデン

[最寄駅]
東京メトロ丸ノ内線「新宿御苑前」徒歩3分
講師
費用
参加費
定員
15
対象
看護、介護にかかわるすべての方
ホームページ
https://winwin-japan.com/seminars/environment_190525/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る