理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.03.08掲載

コラボセミナー「体幹の理学療法」

・財前知典先生「上肢と体幹の関係」
(10:00~12:15)
●運動連鎖は臨床を構築する上で非常に有用な概念である。運動連鎖を理解すると臨床展開が速くなり、臨床推論や問題点の統合と解釈の幅も広がる利点がある。特に体幹は身体最大の質量を持つ部位であり、体幹を良方向にコントロールすることは臨床効果を向上させる上で大きな意味を持つ。また、上肢は鎖骨や肩甲骨を介して体幹と連結する部位であり、上肢の機能向上は体幹機能を考える上で必要不可欠である。つまり上肢と体幹はお互いに影響しあう関係にある。つまり上肢の機能低下は上肢だけでなく体幹の機能低下にも影響を及ぼし、体幹の機能低下も上肢の機能低下に影響を与える。臨床では上肢の問題点が残存していると、いくら体幹部にアプローチしても体幹の機能向上は望めない。お互いの関係性を理解することで臨床の幅と質を向上させることができる。
【到達目標】 
●体幹と四肢の関係性を理解する
●良方向の評価方法を学習する
●体幹と上肢の関わりを理解する

・園部俊晴先生「下肢と体幹の理学療法」

(13:15~15:30)
リハビリ医療に携わっているセラピストは誰もが体幹の機能異常が動作の遂行に大きな影響を及ぼすことを認識しています。
しかし、体幹の機能異常がどのように動作にリンクしているのか、また下肢の運動連鎖とどのように関連し合っているのかを理解しているセラピストはほとんどいません。
今回、「体幹の見方と誘導方法」「下肢の運動連鎖との関連」について説明します。
【具体的内容】
1.体幹のマルアライメント改善の考え方
2.下肢の運動連鎖と体幹との関連
3. 治療概念
【到達目標】
1.体幹のマルアライメントの考え方を理解する。
2.下肢の運動連鎖と体幹との関連を理解する。

・質疑応答(15:30~16:00)
先生2人によるコラボアンサー!

管理No:65257閲覧回数:927回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
臨床家のための運動器研究会
開催日時
2019年6月9日(日)10:00-16:00
開催地
〒113-0034 東京都文京区湯島3丁目6-1
全国家電会館(千代田線湯島駅から徒歩5分、銀座線末広町駅徒歩5分)
講師
費用
7,000円
定員
先着順で受付けております。
対象
どなたでもご参加いただけます。
ホームページ
http://undouki.com/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る