理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.03.10掲載

★外来整形外科で遭遇する上肢疾患の理学療法アプローチ★

★ACCEL企画★セラピストスキルアップセミナー

外来診療業務において上肢の疾患も理学療法の対象となる。

文献などでは肩関節など多く特集されるが、肘関節、手関節、手指の疾患などあまり文献では散見されない。

また、肘のみが痛いという現象も、もう少し深掘りしていくと、肘より近位関節の肩関節に筋緊張の不均等やその支持側である下肢機能に問題を呈していることも多い。

当然のこと、運動連鎖を考え、局所の状態を確認しつつ全体の状態も考慮する必要がある。

また、人間が2足歩行の動物であり、上肢を使う場面(例にして物を持つ時)は当然下肢・体幹の安定性がありそのうえに上肢の可動性・操作性が必要となると考えている。

上肢疾患の下肢体幹の評価から治療などを紹介したいと思います。

管理No:65286閲覧回数:753回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
ACCEL
開催日時
2019年5月19日(日)13:30~17:30
開催地
〒123-0873 東京都足立区3-13-14
米倉脊椎・関節病院 日暮里舎人ライナー「高野駅」より徒歩2分
講師
費用
5000円
定員
30名
対象
理学療法士、作業療法士、柔道整復師
その他興味がある方全て方
ホームページ
http://accel.work/

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る