理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.03.14掲載

【東京】急性期〜慢性期で対応できる 頚椎から紐解く肩痛への治療アプローチ

〜4時間で誰でも困った肩の痛みが解決できるようになるセミナー

肩の治療は、運動連鎖や運動学/解剖学をベースとしたアプローチ方法が確立されてきています。
一方で、実際の現場では「なぜ痛いのか?」「どのくらいで治るのか?」といった先の見えない治療に困っているセラピスト(治療家)が多いのが実情です。
理論的には理解していても、患者さんの訴えは様々で、「今どんなリハビリが必要か?」判断出来ず、毎回同じアプローチになってしまい、結果に繋がらないことも多々あります。

他の疾患に比べ悩むことが多い肩の治療。そこには「解剖学」や「運動学」だけでは決して解決しない課題が複雑に絡み合っています。
今回は痛みを解消する為に必要な『局所』と『全体』の診方を運動連鎖以外の視点から考えていきます。良くなる患者と良くならない患者のケースを元に治らない患者は何が違うのか?治らないメカニズムを知り、どのように治療を行えば良いのか明確になるセミナーです。
最高の成果を患者さんに届けるために尽力する。そんな、「誠心誠意向き合う治療家」になることに価値を感じる人のためのものです。

<勉強会の内容>
肩関節のセミナーというと解剖学から始まり、肩の運動学、正常な運動動作や肩関節の様々な疾患に対するテクニックや手技を関節・筋肉系から学ぶセミナーが乱立しています。
当協会のセミナーでは、頸部と肩の関係を神経や血管といった今まであまり語られていない方法で治療する方法論と方法をお教えします。

ステップ1 「痛み」を間違って解釈しない為の3つのポイントと落とし穴
ステップ2 肩の痛みを解決するには『頚椎』の知識とアプローチが必須
ステップ3 症状が『良くなる患者』と『良くならない患者』の3つの大きな違い
ステップ4 結果を残すには『運動療法』が鍵!〜筋肉の性質で見極める〜

このセミナーを受けることで、先生が悩んでいた・困っていたことが解決できる4時間になっています。
一つのことを磨きあげることも重要です。しかし、新しい知見から、今持っている技術・手技をさらに効果的にお客様・患者様に還元できるようになればより、幅が広がりニーズに応えられる治療が可能になりますよ。

管理No:65430閲覧回数:151回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
日本オランダ徒手療法協会
開催日時
2019年3月24日(日)13時〜17時(受付:開始時間の30分前)
開催地
〒103-0028 東京都中央区八重洲1-7-4 矢満登ビル2F
Salon de Toshin(株式会社ファンルーツ)
※JR東京駅八重洲中央口から徒歩3分
講師
長島将太
費用
参加費:2,980円
定員
先着20名
対象
理学療法士、柔道整復師、鍼灸師、作業療法士
新人セラピスト大歓迎!
※トレーナーや学生など、医療資格をお持ちでない方は下記までご相談ください。
ホームページ
http://jadmt.or.jp/

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る