理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.03.18掲載

明日から臨床で結果の出せる上肢・体幹・下肢セミナーin仙台

上肢・体幹・下肢を対象にクライエントを治療しているが、治療手段に悩んでいる方必見!!または筋骨格系の触診に自信がない方は必見です!!

臨床でこんな悩みのある方はいませんか。
○評価後のアプローチの仕方に悩み、治療結果が出せない。
○触診技術が甘い。
○とにかく結果を出したい。
○筋骨格系の問題であるにもかかわらず、代償手段を先に考えてしまう。
○筋と筋膜の差を知りたい。
○アライメントを調整したい。
○解剖学、生理学、運動学が苦手だ。
○治療手段を少しでも身につけたい。
○実技をたくさんしたい。
○痛みを少しでも緩和させる技術を身につけたい。
○痛みがある方に対して筋トレだけをしてしまっている。
〇局部治療をしているのになかなか改善しない
〇対処療法になりがちで根本治療に結びつかない
〇次の介入時には元通りになって治療効果が持続しない
〇局所のアライメント評価はできるけど連鎖がイメージできない
〇運動連鎖、関節連鎖がイメージできない
〇セラピストだけれど今さら評価方法とか恥ずかしくて聞けないもしひとつでも当てはまるのであれば参加をお勧めします。

参加よって得られるもの​

○筋・筋膜性の疼痛改善
○可動域改善
○上肢・体幹・下肢機能向上
○痙性の強い方のつまみ動作の向上
○肩こりの軽減
○猫背の改善
○触診技術の向上
○不定愁訴の改善(気怠さ・疲れの改善など)
〇運動連鎖、関節連鎖をイメージできるようになる
〇全身を捉えることができるようになる
〇全身のアライメント評価ができるようになる
〇マルアライメントによる影響を考えやすくなる
〇治療の引き出しが増える
〇短時間での評価が可能になる
〇トップダウン法での評価がしやすくなる

対象疾患
どの疾患に対してもベースとして持っていることが重要なことですので、疾患は問いません。
健康な方から障害のある方まで通じる技術です。

講義内容
【午前:上肢・体幹】

■実際のアプローチについての考え
・筋硬結(トリガーポイント)に対するリリース
・離開とその動き(モビライゼーション)について
■触診に必要な心得
・相手を緊張させない触り方の実践
■胸部・腹部・腰部のアプローチの実際
・胸郭リリース
・腹横筋リリース
・腹斜筋リリース
・脊柱起立筋リリース
・腸腰筋リリース
■肩・肩甲骨のアプローチの実際
・小胸筋リリース
・棘上筋リリース
・棘下筋リリース
・小円筋リリース
・肩甲下筋リリース
・肩甲胸郭関節の離開モビライゼーション
■前腕・肘・上腕のアプローチの実際
・上腕二頭筋リリース
・上腕三頭筋リリース


【午後:下肢】

・距腿関節、距骨下関節の評価
・足部から見る上行性関節連鎖
・足部からみる全身アライメント評価と予想
・筋に対するリリース法
 ‐腸腰筋リリース
 ‐大殿筋リリース
 ‐前脛骨筋リリース
 ‐長母趾屈筋リリース
・足関節モビライゼーション
 ‐距腿関節モビライゼーション
 ‐ショパール関節モビライゼーション
​ ‐第一列モビライゼーション
*セミナー翌日からの臨床で早速手技を使って頂きたいので、当セミナーは実技中心のセミナーになっております。

管理No:65516閲覧回数:259回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
「進」リハの集い
開催日時
2019年5月19日 日曜日
時間:
受付 9時15分より
セミナ―時間 9時30分~16時30分
開催地
〒980-0021 宮城県仙台市青葉区中央
仙都会館 7F-D
http://www.sentokaikan.co.jp
講師
費用
通常:9800円
ペア割:8800円 
定員
40名
対象
PT/OT/ST/柔道整復師/自由診療で働いているセラピスト
ホームページ
https://www.shinreha.com/in-9

お問い合わせ・お申し込み

https://www.shinreha.com/in-9
上記にアクセスをして頂き、申し込みフォームよりお申し込みください。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る