理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.03.18掲載

経口摂取できない人が経口摂取できるために必要な摂食嚥下評価と治療展開

セラピストが知っておきたい嚥下反射の評価・治療ポイント

<セミナー概要>
皆様は経口摂取が困難で嚥下障害を呈している患者様を担当する場合に、どのように嚥下機能を評価されていますでしょうか?
 臨床では、誤嚥なく経口摂取を判断する為に、『嚥下反射』を評価します。

 嚥下のスクリーニング評価として、
  ・反復唾液飲みテスト(RSST)
  ・改訂版水飲みテスト(MWST)
  ・フードテスト(FT)    などがあります。

 これらのスクリーニングテストを通して、なぜ経口摂取ができなかったのか?嚥下反射改善にはどのような機能が必要なのか?という仮説検証をすることが大切になってきます。それを考察していく上で、まず嚥下反射の基礎的なメカニズムを知ることが大切になります。
 基礎を知ることによって、スクリーニングテストにて嚥下反射の視診の仕方が変わります!そして、バイオメカニクスを知ることで触診時での運動方向や誘導方向などを変わってきます!また、今年から実技時間を多くし、舌骨・甲状軟骨・輪状軟骨・下顎・頭蓋骨・胸骨・鎖骨・肩甲骨などの骨指標を触知し、舌骨上下筋群の触診技術を深めることによって、嚥下反射遅延の筋レベルでの問題点追求が可能になります。

 PTOTの初学者でもわかりやすく嚥下反射の基礎をお伝えしつつ、臨床で嚥下反射を視診・触診ができ、姿勢への介入の効果判定ができるようにお伝えしていきます。また、嚥下反射評価ができることによって、いつも臨床で行なっているポジショニングやシーティングなどが本当に嚥下機能向上につながっているかも効果判定ができるようになるセミナー内容になってます。
 STに関しては、スクリーニングテストに加えて、触診での嚥下反射遅延の原因追求方法や徒手的嚥下促通法などもお伝えしていきます。 
 
<セミナー内容>
am:座学(10:00〜12:00)
 ・セミナー導入
   経口摂取を目指す必要性・年間1日セミナーの概要
 ・嚥下反射について
   バイオメカニクス→①喉頭挙上②喉頭蓋反転③声門閉鎖
   神経機構→三叉・舌咽・迷走神経を中心に解説
 ・動画やVF・VEを用いての咽頭期の問題点について
   →臨床的な嚥下反射評価で必要なみるべきポイント

 pm:実技(13:00〜16:00)
 ・午前中の講義も踏まえた実技提示や臨床での
    評価・治療の思考過程について(食事→嚥下反射→介入→効果判定)
 ・嚥下反射の評価
  
①喉頭挙上
  →舌骨・甲状軟骨・輪状軟骨・下顎・頭蓋骨・胸骨・鎖骨・肩甲骨などの
    骨指標の触診
  →舌骨上下筋群の触診
 ②喉頭蓋反転
  →舌根・披裂喉頭蓋筋・咽頭収縮筋→嚥下内視鏡画像での評価
 ③声門閉鎖 
  →発声筋 → 発声での声門閉鎖筋の評価・治療

<こんな人にオススメ>
 ・摂食嚥下について一から知りたい
 ・嚥下障害をどのように見たらいいか分からない
 ・嚥下反射をどう見ていいか分からない
 ・嚥下反射の原因追求がいつも苦手
 ・嚥下機能と姿勢の関係性が知りたい
 ・もっと患者様をよくしたい
 ・他の勉強会に行ったけど難しく、臨床に活かせなかった人

<講師>
脳外臨床研究会 摂食嚥下セミナー講師 小西 弘晃

<日程・申し込み> 
・2019年5月25日(土)
▶申し込み
  https://ssl.form-mailer.jp/fms/6deb69dd609554
<時間>
 10:00~16:00 (9:30~受付開始)

<受講料>
 5,000円(税込) *当日セミナー会場にてお支払い下さい

<会場>  *文字をクリックしてください
 大阪府社会福祉会館 505号室 

管理No:65520閲覧回数:439回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
脳外臨床研究会 摂食嚥下セミナー
開催日時
2019年5月25日(土)  
開始時間:10:00~16:00(受付:9:30~)
開催地
〒542-0012 大阪府大阪市中央区谷町7丁目4ー15
大阪府社会福祉会館 505号室
(最寄り駅:谷町6丁目)
http://www.fine-osaka.jp/syakaifukusi/akusesu.html
講師
費用
5000円(カラー資料希望:6000円)
定員
40人
対象
言語聴覚士・作業療法士・理学療法士・看護師・介護福祉士など
ホームページ
https://nougerinsyou.com/introduce/engeseminar/

お問い合わせ・お申し込み

ホームページ:https://nougerinsyou.com/introduce/engeseminar/

お申込みURL:https://ssl.form-mailer.jp/fms/0102e9e8591652

【お問い合わせ方法】
お問い合せは以下の事務局までお願いします。
mail:nougeenge@yahoo.co.jp

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る