理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.03.22掲載

マッスルインバランスに対する理学療法~運動器疾患に対する評価と治療~

概要:腰痛症や変形性膝関節症など運動器疾患はMMTやROMを中心とした評価方法では問題点がとらえにくい。また徒手的な治療だけでは一時的に症状が良くなったとしてもその人の姿勢アライメントや運動パターンなど生活習慣が改善されなければ再発を起こします。マッスルインバランスの理学療法は姿勢、筋の長さ、運動パターンを評価することによりマッスルインバランスを改善させ異常な姿勢アライメントや運動パターンを修正することにより痛みや機能障害の原因になっているメカニカルストレスを軽減させます。

理学療法は標準化された再現性のある評価方法が必要でありまた特殊な技術や難しい手技ではなく新人でもできる標準的アプローチが必要です。今回は運動器疾患に対して基本的な評価方法と過緊張筋抑制のためのテクニック、弱化筋の活性化エクササイズ、運動パターン修正エクササイズについて研修します。

講師:荒木 茂先生(石川県立明和特別支援学校)理学療法士 鍼灸師、マッサージ師

到達目標:

1.マッスルインバランスの考え方による運動器疾患の評価について実施できるようになる。

2.過緊張筋の抑制と弱化筋の活性化の運動療法、徒手療法について理解する。

3.運動パターンの修正エクササイズ、ファンクショナルトレーニングの考え方を理解する。

日時:平成31年5月11日(土)

受付開始13:40 

講義・実技 14:00~18:30

        5月12日(日)

開場   9:00 

講義・実技  9:30~16:00(昼食休憩60分含む)

参加費:15000円 懇親会費4000円(予定)

定員:20名(定員になり次第締め切り)

会場:やすかわ整形外科 リハビリテーション室

管理No:65594閲覧回数:276回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
南魚沼リハビリテーション研究会
開催日時
1日目 2019年5月11日(土)14時~18時30分 / 2日目2019年5月12日(日)9時30分~16時
開催地
〒949-6680 新潟県南魚沼市六日町101-8ショッピングセンターララ内
やすかわ整形外科 リハビリテーション室
講師
費用
15000円
定員
20名
対象
医療従事者 トレーナー
ホームページ
https://chuetsu-riha-ken.jimdo.com/

お問い合わせ・お申し込み

南魚沼リハビリテーション研究会ホームページ内、第8回研修会情報より申し込み先をご確認の上、お申し込み下さい。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る