理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.03.22掲載

【横浜開催】『橈骨遠位端骨折に対するリハビリテーション〜基礎から学ぶ、評価のポイントと治療各論〜』

◉手の外科のスペシャリストから橈骨遠位端骨折の評価と治療を学ぶ!(実際の事例VTRやスプリントの実演あり)

・「橈骨遠位端骨折の基礎知識を深めたい」
・「橈骨遠位端骨折における評価のポイントを知りたい」
・「アプローチ方法について教えて欲しい」
・「回復過程に応じたプロトコールを学びたい」
・「スプリントについて、基礎から実演を見学しながら学びたい」
・「実際に仲木先生が治療した事例を見てみたい」

転倒骨折の代表でもある橈骨遠位端骨折ですが、リハビリを進めていく中で「なかなか可動域が向上しない」「最終可動域での痛みがとれない」など、1度は悩んだことがあるのではないでしょうか。他の骨折と比べると、比較的動かしやすく自主トレーニングなどの指導も行いやすいイメージですが、実際にはしっかりとした基礎知識がないと正確な評価やリハビリが行えない繊細な部位と言えます。いかに効率的なリハビリテーションを提供できるかによって、後遺症として可動域制限が残るかどうか、麻痺が改善するかどうか、患者様からすれば通院期間の短縮にもつながります。

今回の講習会では、橈骨遠位端骨折の基礎知識から評価〜治療各論などをわかりやすくご解説いただき、またスプリントについても実演を通じてご紹介いたします。また事例紹介を通じて、より臨床的な内容をお伝えできればと思います。

講師の先生は、東京ハンドセラピィ研究会にて会長を務め、橈骨遠位端骨折やスプリントなどに関するご講演を数多く行なっている仲木右京先生にご担当いただきます。手の外科リハビリテーションのスペシャリストとして有名な先生で、臨床の第一線で現在もご活躍されております。

【講習会概要】
・橈骨遠位端骨折の基礎知識
・橈骨遠位端骨折の作業療法
 ①評価 ②プロトコール ③治療各論 ④事例紹介
・スプリントについての解説と実演(酒井医療株式会社様 ご提供)

ぜひ、皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

管理No:65598閲覧回数:334回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Medical MARKSTAR
開催日時
2019年5月4日(土祝)10:00〜16:00
開催地
〒233-0002 神奈川県横浜市港南区上大岡西1-6-1ゆめおおおかオフィスタワー内
ウィリング横浜 5階 研修室
上大岡駅より徒歩3分
講師
費用
7800円
定員
先着50名
対象
・PT.OT.ST
・看護師
・スポーツトレーナー
・柔道整復師
・鍼灸マッサージ師
・その他医療従事者や有資格者
ホームページ
https://www.markstar.net

お問い合わせ・お申し込み

【お申込み・お問い合わせはコチラから】
https://www.markstar.net/colles-fx2019/

主催団体

登録団体
Medical MARKSTAR

全登録研修会を見る

過去の研修会

2019.04.07(神奈川)
【横浜開催】『エビデンスに基づく促通反復療法(川平法)〜基礎からアプローチ方法まで〜』
2019.03.17(神奈川)
【横浜開催】『臨床で役立つ姿勢・動作分析 〜クラインフォーゲルバッハの運動学と生態心理学的視点を加えて〜』
2019.03.03(神奈川)
【横浜開催】『肩関節疾患に対するリハビリテーション〜バイオメカニクスと運動機能の評価〜』
2019.02.17(神奈川)
【横浜開催】『骨盤帯を含めた下肢の触診技術 〜基礎から臨床に役立つポイント〜』
2019.02.03(神奈川)
【横浜開催】『脳卒中片麻痺者に対する上肢機能アプローチ〜脳卒中の基礎知識と、具体的なアプローチ方法〜』
2019.01.20(神奈川)
【横浜開催】『股関節疾患に対するリハビリテーション〜バイオメカニクスと臨床的評価・治療方法〜』
2019.01.13(神奈川)
【横浜開催】『高次脳機能障害の評価とアプローチ 〜 脱『高次脳は難しい』を目指して 〜』
2018.11.23(神奈川)
【横浜開催】『中枢神経系・運動器系に対するハンドリングのポイント〜技術向上のコツと臨床的アプローチについて〜』
2018.11.11(神奈川)
【横浜開催】『道具(福祉用具)とADLから紐解く、環境設定に対するリハビリテーション』
2018.10.21(神奈川)
【横浜開催】『脳卒中片麻痺者に対する歩行と装具のバイオメカニクス 』
このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る