理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.04.07掲載

【脳科学 × 脳画像セミナー Knowledge Basic Couse ADL臥位⇒座位⇒立位実技編】 ADLをニューロリハでアプローチ 講義・実技セミナー apa’s 、網様体、前庭系。東京会場

《1万2千人以上が受講!》アプローチする際、臥位・座位・立位、どの姿勢から治療介入していくことが良いのか?翌日からの臨床ですぐに生かせる、評価 ⇒ 分析・解釈 ⇒ 治療 をお伝えいたします。

臨床で歩行・食事・着衣・洗体動作などのリハビリ介入をする際、
 
基本動作の評価・介入は欠かせないことだと思います。
 
何故、寝返りができるのか?何故、立ち上がれるのか?
これらを構成している要素を整理し、臨床で使える知識を学ぶことで、見るべきポイントが分かります。
 
そして、次に、動作観察・分析がしっかり行えることが重要です。
 
その際、骨盤や体幹・下肢に関する運動学的な知識だけでなく、体性感覚や、前庭・視蓋などの神経学的要素についても考えていく必要があります。
 
なぜなら、神経学的要素が働くからこそ、筋・関節の動きが導かれるからです。
 
これらを理解することで、正しい評価の元、治療プログラムができ、アプローチによる効果がさらに期待できます。
 
しかし、多くの先生方からアプローチする際に、臥位・座位・立位、どの姿勢から治療介入していくことが良いのか?
 
よくご質問をされます。
 
そこで本セミナーでは、それぞれの姿勢の特徴を明確にし、翌日からの臨床ですぐに生かせる、評価 ⇒ 分析・解釈 ⇒ 治療 をお伝えいたします。

本セミナーの開始30分程度の時間を利用し、前回の復習を行いますので、初めて受講される先生もご安心ください。

*紹介者特典として、セミナー内で使用したPDF資料をプレゼントしております!
2人でご参加頂く場合もしくは受講経験者様のご紹介でご参加頂く場合は5枚、
3人でご参加頂く場合は8枚、4人以上で15枚、basic会員様には全資料プレゼント致します!
詳しくは本協会HPにてご確認下さい!

【講師略歴】
・理学療法士
・脳科学リハビリテーション協会 会長
・医療法人社団 薫会 FLORIS介護老人保健施設 講師
・地上波 生×カラ レギュラー出演 (体幹部門審査員)

管理No:65899閲覧回数:554回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
脳科学リハ協会
開催日時
2019年9月14日
セミナー 9:30〜15:15
開催地
〒101-0061 東京都千代田区神田三崎町3-6-15貸教室・貸会議室 内海
講師
費用
8500円
定員
30名
対象
ホームページ
https://www.brain-science-rehabilitation.com/

お問い合わせ・お申し込み

お申込み:https://ssl.form-mailer.jp/fms/49a113f0569697

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る