理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.04.14掲載

胸郭運動システムアプローチ講座2020上半期 5期生 柿崎藤泰先生(文京学院大学)

【胸郭運動システムの再建法】【少人数制】【実技講習】

胸郭をテーマにじっくり勉強したいとご賛同いただける先生方と一緒に、胸郭運動システムの再建について探求していきたいとの思いでこの講習会を立ち上げました。
ご参加いただけます先生方と密に話し合いを持てる講習会になればと考えております。
内容といたしましては、胸郭運動システムの再建における基礎から臨床応用までで、理学療法介入を胸郭から行うことができ、臨床結果を引き出せるまでを目標にした内容になります。

1.開催日:
2020年
第1回目 2月16日(日)
第2回目 3月22日(日)
第3回目 4月26日(日)
第4回目 5月24日(日) 
第5回目(最終回)6月28日(日)
※予定した日程に変更のある場合もあります。
予定の確定は2019年12月頃となります。
変更のあった場合はその時点でご連絡いたします。
2.講 師: 柿崎藤泰(文京学院大学)
3.時 間: 全日程 10:00-16:00 (昼休憩1時間、計5時間)
4.受講費: 全5回分 ¥65,000(税込)(お申し込み後、お振込のご案内を致します)
5.定 員: 30名
6.場 所: Breathing Care Tokyo (最寄駅:JR秋葉原駅 徒歩11分)
〒110-0016 東京都台東区台東1丁目23−12パールヨットビル2F
7.お申し込み先・お問い合わせ先:
e-mail:breathingcaretokyo@gmail.com(セミナー事業部迄)
以下の項目をご記入ください。
① 氏名(ふりがな)
② 性別
③ 所属施設
④ 経験年数
⑤ メールアドレス(PCとスマートフォン)
⑥ 当日連絡可能な電話番号
 
 尚、定員になり次第、締め切らせていただきますので、あらかじめご了承ください。
 
 
第1回  胸郭運動システムの基礎
[目的]
胸郭運動システムについて理解する。
[目標]
胸郭運動システムについて理解したことを説明できる。
胸郭左側方偏位と右側方偏位の違いを説明できる。
胸郭左側方偏位と右側方偏位に対し的確に評価ができる。
[概要]
1. 胸郭運動システムについて
2. 胸郭運動システムの異常(胸郭左側方偏位と右側方偏位)
3. 胸郭左側方偏位と右側方偏位に対する考え方
4. 胸郭運動システムの再建におけるポイント
5. 胸郭運動の特徴
 
第2回  胸郭運動システムの基礎 Ⅱ
[目的]
胸郭の3つの運動パターンの内容について理解する。
各運動パターンが身体運動に及ぼす影響を理解する。
左側下位胸郭と浮遊肋に及ぼす筋の作用を理解する。
[目標]
胸郭の3つの運動パターンの内容をそれぞれ説明できる。
対角線の関係をもつ胸郭運動パターンにおける正常と異常のメカニズムの相違を説明できる。
下位胸郭のニュートラル化の重要性を説明できる。
[概要]
1. 上下の関係をもつ胸郭運動パターン(UAPとULP)
2. 左右の関係をもつ胸郭運動パターン
3. 対角線の関係をもつ胸郭運動パターン①
a)EIMとFIM
b) 左側下位胸郭に作用する Wrapping action
c) Wrapping action における Task switching
d) 左側腰方形筋の作用と第12肋骨運動
 
第3回  胸郭運動システムの基礎 Ⅲ
[目的]
胸郭のポジショニングの重要性について理解する。
[目標]
胸郭アライメント評価を的確に実行することができる。
胸郭のニュートラルポジションを的確に実行することができる。
[概要]
1. 対角線上の関係をもつ胸郭運動パターン②
2. 胸郭アライメント評価/視診
3. 胸郭アライメント評価/触診
4. 胸郭のポジショニング
   
第4回  胸郭運動システムの再建 Ⅰ
[目的]
上位胸郭と頚椎および肩甲骨運動の連鎖を理解する。
[目標]
頚椎運動にともなう上位胸郭の運動を的確に促通することができる。
肩の運動にともなう上位胸郭の運動を的確に促通することができる。
[概要]
1. 上位胸郭運動と頚椎運動の関係
2. 上位胸郭運動と肩甲骨運動の関係①
 
第5回  胸郭運動システムの再建 Ⅱ
[目的]
下位胸郭と浮遊肋に及ぼす筋の作用を観察する。
[目標]
Wrapping action を誘発し、下位胸郭を主とし胸郭全体に生じる運動を的確に促通することができる。
EIMおよびFIMが作動する各々の肢位で左側腰方形筋の作用を誘発し、第12肋骨の運動を的確に促通することができる。
[概要]
1. 上位胸郭運動と肩甲骨運動の関係②
2. 下位胸郭に作用するWrapping action / Task switching
3. 左側腰方形筋の作用による第12肋骨運動

【お問い合わせ先】
HP: https://www.breathingcaretokyo.com/
Facebookページ: Breathing Care Tokyo

管理No:66038閲覧回数:119回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
Breathing Care Tokyo
開催日時
2020年
第1回目 2月16日(日)
第2回目 3月22日(日)
第3回目 4月26日(日)
第4回目 5月24日(日) 
第5回目(最終回)6月28日(日)
開催地
〒110-0016 東京都台東区台東1-23-12パールヨットビル2F
Breathing Care Tokyo(最寄駅:JR秋葉原駅 徒歩10分)
講師
柿崎藤泰
費用
受講費 65,000円(税込)
定員
30名
対象
理学療法士、作業療法士、柔道整復師、スポーツトレーナーなど
ホームページ
https://www.breathingcaretokyo.com/

お問い合わせ・お申し込み

HPに記載されているメールアドレスよりお申込みください。
                   (担当: セミナー事業部迄)
以下の項目をご記入ください。
①氏名(ふりがな)
②性別
③所属施設
④経験年数
⑤メールアドレス(PC/スマートフォン)
⑥当日連絡可能な電話番号

主催団体

全登録研修会を見る

過去の研修会

2019.04.20(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅰ 上田 泰久先生(文京学院大学) 体幹機能向上のための頭頸部のバイオメカニクス
2019.04.13(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅰ 諸橋 勇 先生(いわてリハビリテーションセンター) 中枢神経疾患の体幹機能障害に対する運動学的アプローチ ~運動学習できる身体づくりのポイントは体幹にあった~
2019.02.16(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅱ-7 胸郭運動システムの異常と歩行 -歩行の特徴を捉える- 柿崎藤泰先生(文京学院大学)
2019.02.11(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅰ 山嵜 勉 先生 形態構築アプローチ
2019.02.01(東京都)
胸郭運動システムアプローチ講座2019上半期3期生(全5回シリーズ)柿崎藤泰先生(文京学院大学)
2019.01.19(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅰ 木藤 伸宏先生(広島国際大学) 膝関節痛 -体幹機能,足部機能のmotor controlに対する治療の組み立て-
2018.11.17(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅰ 常盤 直孝 先生 体幹機能障害と下肢関節機能障害との関係 -股関節への影響を中心に-
2018.10.20(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅰ 山口 光圀 先生 肩関節機能と体幹
2018.09.15(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅱ-⑥ 柿崎 藤泰先生 胸郭の機能と肩の機能の関係性を考える
2018.08.05(東京都)
臨床力!ステップアップ講座Ⅰ 田舎中 真由美 先生 骨盤底筋群から体幹機能を考える
このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る