理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New 資料有
2019.06.11掲載

[筋緊張と連合反応、放散反応の評価]

〜講義・実技・デモを通して、確実に臨床現場につなげる片麻痺患者様の治療〜

  • 第五回 1日研修会「更衣動作とリーチイン」山梨リハビリテーション病院 土居先生

  • 第二回 1日研修会 「体幹機能」 甲府城南病院 助川先生 実技練習場面

  • 第3回 1日研修会 「頭頸部と肩甲帯」 人間総合科学大学 吉田先生 デモンストレーション場面(実際の御入所されている利用者様にご協力をいただいての治療場面です)

  • 第4回 1日研修会 「下肢機能」 定山渓病院 宮下先生 受講生と一緒に実技練習をのアドバイス場面

  • mano恒例の懇親会 懇親会で話すからこそ、聞きにくいことも親身に話ができます

  • 富田先生の講義場面です 少人数だからこそ、この距離感!

最大16名の少人数制の研修会です。

スケジュール
10:00〜19:00
10:00〜10:30 イントロダクション
10:30〜12:00 講義・実技
13:00〜14:30 実際の患者様を通した治療LIVE
14:30〜16:00 講義・実技
17:00〜19:00 懇親会

目的
当研修会は少人数制で先生との距離がとても近い、研修会であります。
また、質疑応答の時間はあえて設けてありません。
少人数であるから、先生にその場で質問できる研修会であります。
また、懇親会の中で、分け隔てなく先生と1日の中で話しや相談できる研修会であります。

内容
片麻痺患者様を向き合う上で、必ず必要な筋緊張の評価。
また、随意的に動作は可能とな方でも、そこから発生する連合反応・放散反応で悩まれる方が多いはずです。
①認知神経リハの観点から評価を行い、その機序を含め解釈に落とし込みます。
②実際の治療場面を解説を通して、いただく事で講義で得た知識を具体的に理解することができます。
③治療場面を見てから、実技を行う事でリアルな治療技術の向上を得られます。
④その後、懇親会で個別での質問タイムで少しでも疑問を残さない。

聞いて・見て・行う・質問する

1日を通して、一連の工程を行う事でどこの研修会よりも臨床の知識・技術をリアルに学ぶことができます。

明日からの治療に生かすための実技練習を1日を通して、先生との距離の近い研修会です。

管理No:67286閲覧回数:285回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
オーダーメイドリハビリMano
開催日時
2019年8月4日(日)
10時〜19時まで
開催地
〒356-0051 埼玉県ふじみ野市亀久保
ふじみ野 介護老人保健施設 ベテラン館
講師
費用
15000円
※オーダーメイドリハビリmanoナイトセミナー生は1000円割引
前回の土居先生の研修会参加者も1000円割引
今回の松井貴司先生の研修会に参加者は以後2019年度、1日研修会を1000円割引で受けることができます
定員
14名
対象
PT・OT・ST・AT
ホームページ
https://mano16.webnode.jp/

お問い合わせ・お申し込み

Mnoホームページのトップページの申し込みから、入力お願いします

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る