理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.06.20掲載

「利益を生み出す」生活相談員の仕事術【沖縄】

昨今の生活相談員の仕事は、相談援助(ソーシャルワーク)だけでなく、稼働率管理(経営的な仕事)の占める割合が高まってきています。相談援助については、養成校や研修会等で学ぶ機会もありますが、稼働率の管理については学ぶ機会が極めて少なく、どうすればよいのか悩んでいる生活相談員も多いはずです。本研修では、生活相談員の行う稼働率管理に焦点をあて、知識や技術の他、さまざまな手法を学びます。本研修を通して、相談員業務の引き出し(アイデア)を豊富にし、常日頃、生活相談員が抱える悩みや課題を解消してもらえることを願っています。

カリキュラム
◎ 「競争時代」の相談員の役割とは ◎ 現場と経営者の両方の期待に応えるには ◎ 特養相談員の中核業務は「入退所」 ◎ デイ相談員の目指す方向性と戦略の立て方 ◎ ショート相談員が行うアフターケアの重要性 ◎ 法則を活用した「営業」の方法 ◎ ケアマネジャーとの上手な関わり方 ◎ 「ウリ(他社にない強み)」を見出す発想転換 ◎ 稼働率を均一化させるテコ入れ方法 ◎ 目指す方向は「狭く」から「広く」 ほか ※ 講義とグループワーク(情報交換)から成ります

講師:口村淳(くちむら・あつし)
特別養護老人ホーム淡海荘介護課長/博士(社会福祉学)/介護支援専門員/社会福祉士/介護福祉士
特養、ショートステイ、デイサービスの生活相談員を経て、現在は特養の介護課長として従事。同志社大学社会学部嘱託講師。主な著書『高齢者ショートステイにおけるレジデンシャル・ソーシャルワーク』(単著、法律文化社)、『稼働率アップ実践例とQ&A』(分担執筆、 日総研出版)、『また利用したいと言わせるショートステイ相談援助・運営管理』(単著、日総研出版)、『利益を生み出す相談員の段取りと実践』(単著、日総研出版)。

管理No:67402閲覧回数:179回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
お茶の水ケアサービス学院株式会社
開催日時
2019年8月23日(金)10:00~16:00
開催地
〒903-0804 沖縄県那覇市首里石嶺町4-373-1沖縄県総合福祉センター
講師
口村淳
費用
10,800円
定員
対象
特養、ショートステイ、デイサービスの生活相談員、管理者 施設(事業所)で稼働率管理に関わっている職員
ホームページ
https://www.o-careservice.com/f-up/index.html

お問い合わせ・お申し込み

主催者ホームページ https://www.o-careservice.com/f-up/index.html より、申込書をダウンロードし、ファックス(03-3863-4006)または、お電話(03-3863-4000)にて、お申込をお願いいたします。申込にあっては、キャンセル規定がございますので、ご注意ください。集客状況などにより、中止の可能性もございますので、主催者にお問い合わせください。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る