理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.06.19掲載

身につけておきたい手技療法の基本Ⅰ

どのようにして楽に身体を操作するか?

手技療法を用いる上で、何より大切なのは自分の体を壊さないこと。そのためには楽に操作できることが大切です。楽に操作できるからこそ、患者さんの状態がよく見えて正確な評価が可能となり、的確にコントロールされたアプローチを行うことができます。自分の体に苦痛を感じながら操作していては、正確な評価や的確な治療が望めないばかりではなく、いずれセラピスト自身の身体もトラブルに見舞われてしまいます。

本セミナーでは、主に仰臥位での下肢屈曲から内回しの操作を通して、いかに楽にして身体を操作するのかということをご紹介し、あらゆる技術に共通する「押す」「引く」「まわす」という操作の練習を行います。イメージとして『持ち上げる』のではなく『持ち上がる』、『動かす』のではなく勝手に『動き出す』、『力を加える』のではなく『力が加わる』、そのような動かし方がポイントです。その動きを、評価や治療にも用いていく練習も行う予定です。

このシリーズは、私が今いちばん伝えたいことをお伝えするシリーズです。

開催日時 19年08月03日(土) 18:30~21:00  
受講費用 5,000円 

管理No:67476閲覧回数:281回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
手技療法の寺子屋セミナー
開催日時
2019年8月3日(土) 18:30~21:00まで
開催地
〒062-0932 北海道札幌市豊平区平岸二条7丁目1-15第二豊水ビル303
札幌市豊平区平岸2条7丁目1-15-303
くつぬぎ手技治療院
地下鉄南北線平岸駅より徒歩2分
講師
費用
5000円
定員
14名
対象
医療系資格保持者 (柔道整復師・鍼灸マッサージ師・PT・OT・学生)およびトレーナー等
ホームページ
http://kmmo.main.jp/terakoya.html

お問い合わせ・お申し込み

弊院サイトよりお申し込みいただけます。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る