理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.07.31掲載

11/17 TKA術後の理学療法

~TKAの形考えてますか?~

  • 松本 正知先生

TKAの術後理学療法において、手術侵襲や軟部組織の修復過程を考慮し、
術後2週間程度の早期に術中可動域を獲得することは、術後の経過において重要であり、
最近は出来て当然のことと考えています。

しかし、近年のTKAは、従来からのCRtypeやPStypeだけでなく、
Mobile type、Medial pivot type、BCRtype(ACL・PCL温存型)、
CS(AS)type、拘束型など、多くの形とそれに伴う機能を持ったものが登場しており、
最終的に膝関節の運動はTKAの形状に依存します。

よって、TKA術後の理学療法は、
その形と機能を考慮し行う時代に入ってたと言っても過言ではありません。
皆さんは、どうお考えですか?

今回は、正常膝関節の運動の理解、軟部組織の修復過程を考慮した運動療法、
そしてTKAの形と機能を理解した可動域練習の方法を中心にお話しさせて頂きます。
(講師:松本 正知先生より)


■日 時:2019年11月17日(日)10:00~17:00(9:30開場)

■場 所:ジャパンライムセミナースタジオ
     東京都文京区本郷4-2-8 フローラビル3F
    (東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅徒歩2分)

■定 員:40 名

■受講料:¥11,000(税込)

■講 師:
松本 正知(まつもと まさとも)先生
桑名市総合医療センター リハビリテーション科


↓↓↓セミナーのお申込みはコチラから↓↓↓
https://www.event-form.jp/event/5506/LPp4td1yQo

管理No:67613閲覧回数:941回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
ジャパンライム株式会社
開催日時
2019年11月17日(日)10:00~17:00(9:30開場)
開催地
〒113-0033 東京都文京区本郷4-2-8フローラビル3F
東京メトロ丸ノ内線・都営地下鉄大江戸線「本郷三丁目」駅徒歩2分
http://www.japanlaim.com/seminar/map.pdf
講師
松本正知
費用
11,000円(税込)
定員
40名
対象
理学療法士、作業療法士等
ホームページ
https://www.event-form.jp/event/5506/LPp4td1yQo

お問い合わせ・お申し込み

ホームページより詳細をご確認後、お申し込みください。

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る