理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New 動画有 ピックアップ
2019.07.11掲載

【東京】疼痛を科学する by DNM

21世紀のハンドセラピーと呼ばれる、カナダの徒手理学療法を是非ご体験ください!

東京DNM三部作
【イマココ】
①疼痛を科学する。 最新のペインサイエンスから見た痛みについての理解と、それに基づく徒手療法のあり方をお伝えしていきます。強いマッサージと侵害受容の関係性、ニューロマトリックス理論についてなど、疼痛を科学しながら日々の臨床のあり方について考察していきます。開催日:2019.6.16

②筋膜を神経から考察する。 筋膜へアプローチするのは目的でしょうか?それともプロセスでしょうか?筋膜とその上層の真皮層には、皮神経が豊富に存在しています。筋膜や皮膚を動かすことが皮神経に与える影響をサイエンスに基づき考察していきます。 開催日:2019.7.28(予定)

③末梢神経を科学する。 身体を動かすと深部末梢神経は動きます。つまり可動域と疼痛に大きな影響を与えるのが末梢神経です。その構造について理解を深めることは、セラピストとして必須の知識です。開催日:2019.8.20(予定)


【痛みを痛みで消す理論は40年前の理論】
・痛い部位を筋肉のコリだからという理由で押す、揉む。
・気の流れが悪いからと鍼を刺す。
・筋膜の癒着だということで指先や道具で筋膜を剥がす。
・可動域を広げるため痛いのを我慢させながら他動運動でストレッチを行う。

これらはよくあるパターンですが、痛みを新しい痛みでマスキングして疼痛を減少させようとしているということです。
この機序の事を「DNIC 広汎性侵害抑制調節」と言います。1979年に発表された理論です。
痛む部位や別の領域へ新たに痛みを生じさせることによって、ある領域の痛みを軽減する一時的な方法です。

【このアプローチ4つの問題点】
・痛みは組織からの入力信号ではなく、脳からの出力信号。つまりDNICは根本的な解決にはならない。
・痛みを新しく追加することで、痛みによる脊髄反射によって持続的に起こる筋収縮を増加させてしまう。
・脳の痛みの記憶が更に残ってしまう。
・実際に末梢神経、皮神経、毛細血管、表皮や真皮を損傷させる恐れがある。

つまり、痛みで痛みを抑えることは一時的な効果だけに終わり、根本的な問題解決にならないどころか、痛みを増加させてしまう可能性が高いということです。

痛みは組織から出ているという昔の考え方のままのアプローチです。しかし、痛みは組織から脳への入力信号ではありません。脳からの出力信号なのです。

結論として、痛みを痛みで消すアプローチは一時的であり、ノーシーボ効果が生まれ、痛みの記憶が脳にインプットされてしまう前時代的な方法ということになります。
ではどうすればいいのでしょうか?その答えは「神経系」に隠されています。

【疼痛を科学してリーズニング・治療を行う】
カナダの理学療法士であるDiane Jacobsが、最新の神経理論と疼痛科学をベースに開発した徒手療法がDermo Neuro Modulatingです。
皮神経と末梢神経へアプローチするという、今までの常識にはなかった最新の方法です。

Diane先生は50年近くに及ぶ理学療法の経験から、筋骨格という組織ではなく脳を含めた神経系がとても大切だという事に気がつきました。
そして、触れるということは皮膚の神経へ影響を与えることだとの考えから、2005年にDNMを開発しました。

今では世界15カ国へ広がり、世界の理学療法や徒手療法の次世代のスタンダードになってきています。

【受講した方々の感想】

神経を診るということが今までやっていなかったので大変おもしろかった。
歯科医師・理学療法士 25年目 男性

これまでの経験や現場でのアプローチなど、何かもっと根本的に共通した原理原則がDNMにあるのではと感じていたことの答えを頂くことが出来ました。
AT 10年目 女性

神経のことを知るいい機会でした。
疼痛の部位ではなく、他の部位からアプローチする考え方はいいなと思いました。
理学療法士 6年目 男性

理論がわかりやすく説明されていて良かったです。他に学べるところもなく、本家ということで安心して受講できました。
セラピスト 4年目 女性

ワクワクした。セラピストの可能性を感じることが出来たセミナーだった。
言語聴覚士 11年目 女性

他とは違う話が聞けそうだと思って受講しましたが本当に面白かったです!もっと詳しく知りたいと思いました。
ボディーワーカー 7年目 女性

患者様主体であり、負担が少なく即時効果が得られるので感動しました。積極的に使用していきたいと思います。
理学療法士 4年目 男性

理論も実技もあり、理論の内容を実技で実感することが出来て有意義な時間でした。
鍼灸師 16年目 男性

筋膜リリースと類似している点もたくさんあったが、自分自身、神経という視点に関してまだ弱くもっと深めたいと思いました。
理学療法士 5年目 女性

重要なエッセンスがしっかり含まれていて新しい発見も非常に多かったです。疼痛緩和の患者様に活かしていきたいと思います。
エサレンボディワーカー 20年目 女性

本も買ってぜひ読みたいと思った。いい一日になった。
PT学生 男性

考えれば考える程頭の中がとっちらかる感じです。いい意味で。
神経についてまた勉強しようと思いました。
理学療法士 20年目 男性

とても丁寧に説明してくださってわかりやすかったです。目からウロコの情報ばかりでとてもおもしろかったです。
主婦 女性

タッチをはじめ、自分の臨床を見直す良い機会になりました。
末梢神経の評価やアプローチを学ぶ機会をさがしていたので、感謝しています。
理学療法士 7年目 男性

神経へのアプローチという新しい概念にふれることができてとても楽しかったです。
ヘルスケアセラピスト 6年目 男性

「普段やっていることの背景をこの概念で説明する」という考え方がわかりやすかった。
理学療法士 9年目 男性

非常に興味深い。もっと知りたい。
ロルファー・鍼灸師 10年目 男性

受講前に資料の多さに驚きましたが、復習用として素晴らしいものをいただけました。
理学療法士 3年目 男性

痛みの原因について詳しく学べてよかったです!
ロルファー 18年目 男性

痛みについての知識が深まりました。実技においても素晴らしい結果を体験出来ました。
理学療法士 14年目 男性

神経のこと、DNMのこと、セラピーとはなにかとは、とても深く学ばせていただきました。
心理カウンセラー 12年目 女性

実技が実際行えて、体感も出来てとても良かったです。慢性疼痛に苦しむ患者様も多く、従来のアプローチでは限界を感じていましたが、参加してよかったです。
作業療法士 女性

情報満載でとてもわかりやすいセミナーでした。
ロルファー 17年目 女性

全く未知の世界でしたので不安でしたが、神経についてより深く学びたいと思いました。
理学療法士 25年目 男性

書ききれないぐらいいろいろなことが学べました!
フェルデンクライスメソッド 男性

健康な身体を維持するために必要な神経系についてより深く学ぶことが出来ました。
古武道教師 10年目 男性

管理No:67931閲覧回数:150回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
DNM JAPAN
開催日時
2019年8月25日(日)
開催地
〒136-0072 東京都江東区大島8-33-9東大島文化センター
電車利用の場合
都営地下鉄新宿線「東大島」駅 大島口出口より徒歩5分

バス利用の場合
■JR「亀戸」駅より
1.都バス亀24系統「亀戸駅前」⇔「葛西橋」
※葛西橋折返場の工事に伴い、当面の間、亀24系統「葛西橋」行きは、「東砂六丁目」行きとして運行されています。
2.都バス草24系統「東大島駅前」⇔「浅草寿町」
 ※1.2.とも「大島七丁目」下車徒歩3分
■ 営団地下鉄東西線「東陽町」駅より
3.都バス門21系統「東大島駅前」⇔「門前仲町」
4.都バス錦28系統「東大島駅前」⇔「錦糸町駅前」
 ※3.4.とも「東大島駅」下車徒歩5分
駐車場
・利用時間 8:30~22:00
・原則として、1団体につき3台以上駐車した場合、状況によっては利用途中でも他の団体へ譲っていただく事がありますので、予めご了承ください。
※収容台数に限りがありますので、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。
講師
費用
8,000円(税抜)
定員
40
対象
医師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、トレーナー、鍼灸師、柔道整復師、ボディーワーカー、その他からだに関わる方すべて
ホームページ
https://dnmjapan.jp

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る