理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.08.14掲載

(大阪会場)全身から考える運動器疾患に対する理学療法(下肢疾患編)

  • ・保健学修士(神戸大学) ・首都大学東京大学院博士課程在学中 ・一般社団法人セラピストフォーライフ認定 certificated Osteopathic Manual Therapy  ・東洋医学&リハビリ

局所の組織を評価することVS全体を見ること、について 
 


このセミナーは 
 
1 腰部・骨盤帯編
2 上肢疾患編
3 下肢疾患編

の3つに分けて、しっかり学ぶことができるようになっています。

特に実技をしっかり練習できるのが特徴です。

詳しくは講義メニューをご確認ください。


  
 
現在の理学療法や作業療法では

「局所の組織損傷やストレスを評価する」 
 
ことが重要とされています。 
 
 
確かに局所を見ることは 

大変重要なことに異論はありませんが

「局所が1次性の原因とは限らない」

ということを忘れてはいけません。 
 
 
局所の損傷は 
 
ケガや、手術や、日常での身体の使い方などを原因とする 
 
2次性、3次性のものかもしれません。 
 
 
そのため、このセミナーでは 
 
局所を大事にしながらも、あえて局所だけに捉われることなく
 

「全体を見る」

ということが重要なテーマになっています。
 

局所だけでなく、全体を見て、治療していける

そんなセラピストを目指したい 
 
という方は、ぜひご参加ください。 

 
【講義メニュー】

1.腰部・骨盤帯編
・運動器疾患に対する問診の重要性
・体性機能障害とは
・骨盤アライメント・姿勢評価の実際
・整形外科・筋力テスト
・伸展時腰痛・屈曲型腰痛・回旋時腰痛・仙腸関節性腰痛を中心とした鑑別評価・治療
・腰部・骨盤帯機能障害に対する評価・治療の実際

2.上肢疾患編
・運動器疾患に対する問診の重要性
・体性機能障害とは
・上肢の疼痛・しびれの鑑別評価
・肩関節可動域制限及びアライメント・姿勢から考える鑑別評価・治療
・整形外科・筋力テスト
・上肢疾患に対する評価・治療の実際

3.下肢疾患編
・運動器疾患に対する問診の重要性
・体性機能障害とは
・膝関節(FT/PF関節)のアライメントとその解釈
・足部のアライメント評価及び上行性運動連鎖
・整形外科・筋力テスト
・膝関節・足関節の可動域制限に対する鑑別評価・治療
・下肢疾患に対する評価・治療の実際

管理No:68737閲覧回数:1439回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
一般社団法人セラピストフォーライフ
開催日時
2020/1/5(日)10時~16時(受付9時30分)
開催地
〒543-0002 大阪府大阪市天王寺区上汐クレオ大阪中央
クレオ大阪中央 研修室2
http://www.creo-osaka.or.jp/chuou/access.html
※会場は変更となる場合がございます。予めご了承下さい。
講師
伊佐次 優一
費用
(一般)12,000円(メルマガ会員)10,000 円
※メルマガ会員登録はホームページより無料で行って頂けます。会員限定特典あり!
http://www.therapist-for-life.com/
定員
30名
対象
学びたい方なら職種は問いません
ホームページ
http://www.therapist-for-life.com/

お問い合わせ・お申し込み

申し込み方法はHPで詳細をご覧になってください。

HPからの問い合わせや申し込みへの返答が無かった場合は、迷惑フォルダを後確認ください。メールが届いてなかった場合は、なんらかのトラブルが考えられます。その場合には下記へご連絡ください。
sdream8@gmail.com

主催団体

これからの研修会

2019.12.10(大阪府)
(大阪会場)第2期 【ナイトセミナー】機能解剖学に基づく触診と評価・運動療法 第5回 ~胸椎編~
2019.12.14(大阪府)
(大阪会場)【赤羽根良和先生】 距腿関節の拘縮の見方と運動療法
2019.12.15(大阪府)
(大阪会場)脊柱触診への苦手意識を解消!】 頸椎・胸椎の評価と治療 ~骨の触診と臨床応用~
2019.12.15(東京都)
(東京会場)セラピストのための運動器画像の見方~評価精度の向上、治療方針の明確化~
2019.12.21(東京都)
(東京会場)上肢のセレクティブストレッチング~機能解剖からストレッチングを創造する~
2019.12.22(東京都)
(東京)オステオパシーマニュアルセラピー 第5期 第7回 頸椎の評価と技術
2019.12.22(東京都)
(東京会場)肩関節疾患に対する評価とアプローチ
2019.12.30(大阪府)
(大阪会場)体幹と骨盤の評価と運動療法
2020.01.05(大阪府)
(大阪会場)全身から考える運動器疾患に対する理学療法(下肢疾患編)
2020.01.11(兵庫県)
(関西)【ナイトセミナー】 OMT(オステオパシックマニュアルセラピー)入門編 総論 
2020.01.12(大阪府)
(大阪会場)上肢のセレクティブストレッチング~機能解剖からストレッチングを創造する~
2020.01.13(大阪府)
(大阪会場)運動器・中枢神経疾患の歩行改善のための運動制御 〜徒手療法とPNFを用いて〜​
2020.01.13(東京都)
体表解剖・触診の臨床応用-絞扼性神経障害の評価・アプローチ-(体幹・下肢編)
2020.01.19(徳島県)
(徳島会場)第4回 【医師とセラピストから学ぶ~】『脳卒中治療の進歩と求められるセラピスト』 / 『脳卒中・運動器疾患の膝関節の痛みに対する 機能解剖学的触診と評価・運動療法』
2020.01.25(東京都)
(東京会場)【赤羽根良和先生】セラピストが難渋する肩関節の上方支持組織の障害について
2020.02.01(東京都)
【東京会場】臨床に活かす運動連鎖 (体幹・下肢編)
2020.02.02(徳島県)
(徳島会場)第5回スキルアップセミナー 【歩行獲得に向けた運動連鎖と足部機能へのアプローチ】
2020.02.02(大阪府)
(大阪会場)【脊柱触診への苦手意識を解消!】 腰椎・骨盤帯の評価と治療 ~骨の触診と臨床応用~
2020.02.08(大阪府)
(大阪会場)【赤羽根良和先生】前足部の見方と運動療法
2020.02.09(東京都)
【東京会場】めまい、前庭系バランス障害に対する評価とアプローチ
2020.02.15(大阪府)
【大阪会場】臨床に活かす運動連鎖 (体幹・下肢編)
2020.02.16(東京都)
(東京会場)​運動器・中枢神経疾患の歩行改善のための運動制御 〜徒手療法とPNFを用いて〜​
2020.02.23(大阪府)
(大阪会場)機能解剖学に基づく 触診​と評価​・運動療法 下肢② ~股関節編~
2020.02.29(兵庫県)
(関西)【ナイトセミナー】 OMT(オステオパシックマニュアルセラピー)入門編 (骨盤帯・股関節)
2020.02.29(大阪府)
体表解剖・触診の臨床応用-絞扼性神経障害の評価・アプローチ-(頸部・上肢編)
2020.03.01(大阪府)
体表解剖・触診の臨床応用-絞扼性神経障害の評価・アプローチ-(体幹・下肢編)
2020.03.29(徳島県)
(徳島会場)【園部俊晴先生】 治療1年待ちの理学療法士による腰痛の評価と治療

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る