理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.09.11掲載

「体幹と下肢の評価と運動療法-運動連鎖を基盤として-」

財前先生の体幹と下肢の運動療法セミナーです。西日本開催は貴重ですので是非ご参加ください。

  • 財前知典先生

今回は、関東より「(株)PTNEXT 代表取締役の財前知典氏(理学療法士)」をお招きして、ご講演いただくこととなりました。
「下肢障害」を診ていく中で「体幹機能」は切っても切り離せないものであることはご存知かと思います。
そして、その機能はリンクしており、「運動連鎖」が生じることで双方に影響を与えます。
理学療法にとって、「評価」は最も重要であり、その評価法は多岐にわたりますが、今回は財前先生の考える「評価法」とその結果に対する「運動療法」についてご紹介いただきます。

以下に財前先生より、セミナーの概要についてご紹介いただいていますので是非ご確認ください。

★筋力低下が生じている筋の強化を行い、可動域制限が生じている関節の可動域改善を図るだけでは、患者さんに対していい結果が得られません。そのことは臨床に携わっているセラピストであれば、誰もが少なからず感じることだと思います。
「促通していい筋」「緩めてもいい筋」「動かしていい関節運動方向」「反対に動かしてはダメな運動方向」これらは患者さんによって異なります。
その患者さんを良くする方向性を明確にするためには、運動連鎖を理解することが一番の近道です。
運動連鎖を理解すると、様々な局面で役立ちます。外来だけでなく、ベッドサイドや訪問リハ、スポーツなど、どの分野でも応用可能です。もちろん整形外科疾患にも限りません。
今回のセミナーでは下肢と体幹の運動連鎖について解説と実技を平行して行っていきます。

関西の皆様、是非、ご参加ください。

【講師紹介】
○ 財前 知典 氏(理学療法士)
・(株)PTNEXT 代表取締役

管理No:69262閲覧回数:195回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
入谷式足底板関西塾
開催日時
2019年10月20日(日) 10:00~17:00  ※受付9:30~、お昼休憩あり
開催地
〒565-0853 大阪府吹田市春日3-20-8 4階グリーンホスピタルサプライ 4階
https://www.ghs-inc.co.jp/about/address.html
講師
財前 知典 先生
費用
10000円
定員
30名
対象
理学療法士、作業療法士、柔道整復士、鍼灸師、トレーナー、各種インストラクター、他
ホームページ
http://isoulworks.com/zaizenptseminar2019/

お問い合わせ・お申し込み

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る