理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2019.09.11掲載

10/9,30(水・岐阜)「応用編:障害部位と症状の理解を深めよう:リハ介入に活かすための脳画像の見かた②」ナイトセミナー

10/9(水)基礎編:脳画像を見るためのランドマークの理解、10/30(水)応用編:障害部位と症状の理解を深めよう

私たちの介入をより良くするためには脳画像からどんな情報を見て、考える必要があるでしょうか?

脳画像は、症状の理解や解釈、そして残存機能と障害された機能、そして予後予測につながる情報を見出すヒントが沢山あります。

でも脳画像の見方は、学生時代では大脳基底核と内包を見つけるくらいしか学んだ記憶がなく、PTとなり担当する患者さんのMRIの各スライスを見ても、「これはどこのエリアになるの?」「どこが頭頂葉?」「どこかBroca野なの?」など代表的な高次脳機能障害を呈する部位すらもよく分からず、毎回本を眺めては探していました。

そんなことを繰り返しているうちに、段々どんな部分を見れば、脳葉(前頭葉・頭頂葉・後頭葉・側頭葉)を区別できるのか?感覚情報が集約され動作イメージの形成などにつながる頭頂連合野(5,7野、40野(縁状回)、39野(角回))の場所を見つけることができるのか?が少しずつ見えてくるようになりました。

筋の触診と同じように脳画像から部位を見つけるためにはランドマークを見つけていくことが大切です。

基礎編ではまず脳画像から脳の部位を見つけるためのランドマークと、実際に運動・感覚障害や代表的な高次脳機能障害に影響する部位を見つけるトレーニングをしていきます。

応用編では、障害部位からクリニカルリーズニングを進めるための代表的な症状の理解と予後予測について学んでいきます。


●セミナー内容
10/9(水)基礎編:脳画像を見るためのランドマークの理解
・脳の部位を特定するために必要な脳溝
・脳溝から部位を見つけていく
・皮質脊髄路を見つけよう
・失語:ブローカ・ウェルニッケ野、運動プログラム:運動前野・補足運動野、知覚・認知:頭頂連合野を見つけよう

10/30(水)応用編:障害部位と症状の理解を深めよう
・脳の部位と高次脳機能障害の関係
・運動麻痺につながる障害部位
・視床・小脳の解剖と損傷による症状の理解


●持ち物:筆記用具


●講師:

小松 洋介

BRIDGE代表講師|理学療法士

臨床1年目に病院や施設ごとでのリハビリの考え方や特定の治療手技や理論に偏りがあることに疑問を持ち、様々な理論・技術を広く知り、それぞれの良い所を活用 できるような場を作りたい、そして「患者さんの立場に立てるセラピスト」を増やしたいとの思いでセミナー団体「Bridge」を立ち上げる。

管理No:69275閲覧回数:89回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
BRIDGE
開催日時
10/30(水) 19:00〜21:00(受付18:30〜)
開催地
〒500-8856 岐阜県岐阜市橋本町1-10-11じゅうろくプラザ(岐阜市文化産業交流センター)
研修室3
講師
小松 洋介
費用
2日参加セット:8400(8000+税)円
各回参加:5400(5000+税)円
定員
30名(先着順)
対象
PT,OT、医療従事者など脳画像に興味のある方、お悩みの方
ホームページ
https://fjbridge.xyz/archives/5364

お問い合わせ・お申し込み

下記のURLより、内容を入力送信してください。
https://pro.form-mailer.jp/fms/133a2ec2179051

主催団体

登録団体
Bridge

これからの研修会

2019.09.22(京都府)
ADLにつなげるための体幹・肩の機能の評価と介入(京都)
2019.09.25(愛知県)
「STさんのための:姿勢の評価・ポジショニングに必要な骨・筋の触診①」ナイトセミナー(名古屋)
2019.09.28(千葉県)
9/28(土・千葉)ナイトセミナー「座位姿勢の評価と介入」
2019.09.29(東京都)
9/29(日)東京BRIDGE「肩の触診と基本的アプローチ」
2019.10.02(愛知県)
「STさんのための:姿勢の評価・ポジショニングに必要な骨・筋の触診②」ナイトセミナー(名古屋)
2019.10.06(愛知県)
「動画で学ぶ脳卒中リハの実践①:座位・立位・歩行に対する体幹・下肢への介入」(愛知)
2019.10.09(岐阜県)
10/9,30(水・岐阜)「基礎編 脳画像を見るためのランドマークの理解:リハ介入に活かすための脳画像の見かた①」ナイトセミナー
2019.10.13(東京都)
「動画で学ぶ脳卒中リハの実践①:座位・立位・歩行に対する体幹・下肢への介入」(東京)
2019.10.23(愛知県)
10/23,11/6(水・愛知)「基礎編 脳画像を見るためのランドマークの理解:リハ介入に活かすための脳画像の見かた①」ナイトセミナー
2019.10.30(岐阜県)
10/9,30(水・岐阜)「応用編:障害部位と症状の理解を深めよう:リハ介入に活かすための脳画像の見かた②」ナイトセミナー
2019.11.03(東京都)
「動画で学ぶ脳卒中リハの実践②:上肢機能に対する介入」(東京)
2019.11.06(愛知県)
10/23,11/6(水・愛知)「応用編 障害部位と症状の理解を深めよう:リハ介入に活かすための脳画像の見かた②」ナイトセミナー
2019.11.10(愛知県)
「動画で学ぶ脳卒中リハの実践②:上肢機能に対する介入」(愛知)
2019.11.17(愛知県)
「脳卒中の回復にプラトーはあるのか?〜脳卒中当事者と考える脳卒中リハ〜」BRIDGE脳祭り(愛知)
2019.11.17(愛知県)
リハビリテーション部門の組織能力評価と改革プロセス

全登録研修会を見る

過去の研修会

2019.09.15(愛知県)
「徹底実技!ハンドリング〜触り方の基本から臨床で活用する方法まで〜:上肢・体幹編」(名古屋)
2019.09.01(東京都)
「上肢・体幹のハンドリング:徹底実技!ハンドリング〜触り方の基本から臨床で活用する方法まで〜②」(東京)
2019.08.18(愛知県)
「徹底実技!ハンドリング〜触り方の基本から臨床で活用する方法まで〜:下肢・体幹編」(名古屋)
2019.08.10(愛知県)
「姿勢のつながりから考える 嚥下と構音障害の解剖学的解釈と介入」(愛知)
2019.08.04(東京都)
「下肢・体幹のハンドリング:徹底実技!ハンドリング〜触り方の基本から臨床で活用する方法まで〜①」(東京)
2019.07.27(愛知県)
7/27,28(土日)「脳卒中患者のクリニカルリーズニング」(名古屋)
2019.07.24(愛知県)
「動画で学ぶ脳卒中患者へのアプローチ:下肢編」ナイトセミナー(名古屋)
2019.07.20(愛知県)
7/20,21(土日)「大腿骨頚部骨折・股関節機能不全患者へのリハの考え方と臨床展開」(愛知)
2019.07.17(愛知県)
「基本動作の再獲得のための姿勢・動作分析:立ち上がり〜座位・立位」ナイトセミナー(名古屋)
2019.07.15(東京都)
7/15(月・祝)「大腿骨頚部骨折の捉え方と介入」(東京)
このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る