理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

New
2020.01.14掲載

【名古屋】生活期・訪問リハビリのための研修会 〜評価の実際とアプローチを学ぶ〜 R2.2.8

訪問リハビリの押さえておきたい基礎的評価とアプローチ

生活期・訪問リハビリのための研修会
〜評価の実際とアプローチを学ぶ〜


‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥


皆さんは、訪問リハビリってどんなことをすると思いますか?


訪問リハビリに初めて従事する方や経験年数が浅い方から、
こんな悩みをよくお聞きします。



 ・そもそも訪問リハビリって何したら良いか分からない、、、
 ・細かい既往歴も分からないし、評価も独特で分からない、、
 ・訪問リハビリに配属になったけど、具体的にどんな勉強をしたら良い?
 ・リスク管理はどこまで想定する必要がある?


実際、臨床現場には相談できる先輩もおらず不安なまま、ご自宅に訪問。

 「利用者さんの体はホントに良くなっている?」
 「リハビリ契約が終了されないか?」

など心配しながら臨床を過ごす方も多いと聞きます。




このように難しい部分も沢山ある訪問リハビリですが、これらのことが解決できれば、本当はすごく「やりがい」があります!
まさに、利用者さん・ご家族のニーズやQOLに深く関われる非常にやりがいのある現場です!



本研修会の『”生活期・訪問リハビリのための” 評価の実際とアプローチ編』では、


 ・事前に身につけておいた方が良い知識と評価
 ・訪問リハビリだからこそ身につけておいた方が良い技術
 ・ご家族とのやりとりの考え方​​​​


など、生活期や訪問リハビリで押さえておきたい知識と臨床の実際をお伝えします!
(リクエストの多い ”リスク管理編” も別日程でございます!)


今後拡がりをみせる在宅医療について、訪問リハビリの基本からしっかり学ぐことができます。
皆さんの臨床に役立ててもらえれば幸いです!


*******************************



【講義内容】

1. 訪問リハビリとは?
2. 訪問リハビリの目的
3. 訪問リハビリで必要な知識と評価の実際
4. 訪問リハビリのプランニング
5. 治療の実際



【講習会詳細】

 日 時: R2.2.8(土)10:00~16:00(昼休憩1時間)
 会 場: 東桜会館 第一会議室
 受講料: 8,800円(税込)※全額返金保証付き
 対 象: 理学療法士、作業療法士、言語聴覚士
 講 師: 中根 裕基  ( IAIR認定講師※紹介最下部参照 )
  ※ 取得資格:3学会合同呼吸療法認定士、統合リハビリテーション認定士



【受講生の声】

具体的な臨床の話が沢山きけたのは非常に糧になり、勉強になるセミナーでした。
アウトプットの時間が多々あっ他ので、しっかり整理ができました。
基礎だけでなく、他の受講生との情報共有が図れたのも良かったです。
基本的なところのおさらいやアセスメントの流れを知れてよかったです。
リスクに対する不安を減らす事ができました!



【講師:中根裕基】
取得資格:3学会合同呼吸療法認定士、統合リハビリテーション認定士

急性期病院で整形、呼吸器チームのリーダーを経験。脳血管、循環器チームを経て、訪問リハビリへ。
1年訪問を経験し病院勤務へ戻る。この1年間で治療プログラム、技術の無さを痛感し、国際統合リハビリテーション協会で学びを始める。
臨床の楽しさ、利用者さんを良くできる!とリハビリの楽しさを再発見し、訪問はすごく「やりがい」があるのに、1年間では足りなかったという後悔から、何とかもう一度、訪問に携われるよう希望する。
念願叶い二度目の訪問リハビリ勤務となり、多くの利用者様を笑顔にしている。
国際統合リハビリテーション協会の認定講師としても活躍中。

管理No:69361閲覧回数:104回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
一般社団法人 国際統合リハビリテーション協会
開催日時
2020年2月8日(土)10:00~16:00(休憩60分)
開催地
〒461-0005 愛知県名古屋市東区東桜2-6-30東桜会館
東桜会館 第一会議室
〒461-0005 名古屋市東区東桜2-6-30

東山線「新栄町」駅1番出口より徒歩5分
桜通線「高岳」駅3番出口より徒歩5分
講師
費用
8,800円(税込)
定員
30名
対象
理学療法士・作業療法士・言語聴覚士
ホームページ
https://bit.ly/39SnHDK

お問い合わせ・お申し込み

お申込みはコチラ>>>
https://bit.ly/39SnHDK

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る