理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.10.01掲載

もう迷わない腰部脊柱管狭窄症の徒手的臨床◆徒手医療協会

腰部脊柱管狭窄症の病態理解&介入手技を実技で学ぶ臨床実践型徒手療法セミナー

─────────────────────

■プログラム
・腰部脊柱管狭窄症の病態理解
・介入の要点の理解
・評価法の解説と実践
・介入手技の解説と実践-背景因子への介入/障害局所への介入

■内容
・講義(座学と実技体験)
徒手医学の基礎知識、疾患の背景要因を学びます。
さらに、技法のしくみの理解を助ける簡便な技法を実践します。
変化を体験することで午後の実技演習につなげます。

・実技(疾患への介入技法の実践)
当会の実技では、[デモンストレーション~実技実践]の流れを技法ごとにくり返します。
参加者同士で組になり、施術側と受け手側の両方を体験することで技法の手順だけでなく、テクニックのコツを体感とともに学ぶことができます。
講師または指導員が会場をまわりハンズオンで手順や操作のコツをお伝えします。

・セミナーオプション[鉄は熱いうちに打て!技術フォロー練習会]
その日に学んだ技法を少人数制で講師と指導員がフォローします。
セミナー本体参加者のみ申込み可能な本会独自のセミナーオプションです。

■紹介技法
・スイッチバックテクニック※当会独自開発。軟部組織への複合アプローチ
・関節モビリゼーション
・運動療法 ※即時効果の高いセルフケア処方としても活用可能
・FRAT(フラット)※当会独自開発。軸骨格および関節への複合アプローチ

※講義構成の都合上、一部難度の高い技法はデモンストレーションによる紹介のみとなるものもあります。
 あらかじめご了承ください

■セミナーのポイント1
これまで以上に効率的な治療を展開し、患者満足度の高い臨床を実現している実例から学びます。
当会独自開発の新手法を織り交ぜた腰部脊柱管狭窄症への治療戦略と技法を開発者から直接学ぶことができます。

■セミナーのポイント2
本講の到達目標は、腰部脊柱管狭窄症の臨床において、
 1.ロジカルな思考、戦略的な治療の展開を理解する
 2.根拠に基づいた評価をベースとして即時効果の高い治療を安全に展開できる この2点です。
疾患への包括的な徒手療法アプローチを実践ベースで構成します。
患者の苦痛を改善し、健やかな日常を取り戻すための新たな技術を学ぶ意欲が先生の臨床を豊かにします。

※座学解説+実技の講習会です。実技では、患者さんに施術するシチュエーションをイメージしながら2~3人ひと組になっておこないます。動きやすい服装でお越しください。

■講師紹介
古川容司:非営利型一般社団法人徒手医療協会(代表理事)・とよたま手技治療院(院長)
○徒手療法に関する新技法・新メソッドで特許取得(制作・監修DVDはAmazonで発売中)
○徒手療法講習会・疾患別講習会での講師実績多数(2007年~)。
○大学体育会運動部にてメディカルトレーナー(2017年~)。
○都内専門学校での卒後研修講師。
○月刊トレーニングジャーナルへの寄稿、スポーツ系月刊誌への連載、チームコンディショニング指導など多方面の現場で活動中。

■徒手医療協会 関連リンク
実技動画 YouTube https://www.youtube.com/user/toyotamashugi/
最新情報&動画 Facebook https://www.facebook.com/manual.medicine.association

管理No:69599閲覧回数:3181回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
非営利型一般社団法人 徒手医療協会
開催日時
本セミナー:2019年12月22日(日)10時~16時まで(休憩含)
オプション:同日16:30~17:30
開催地
〒176-0001 東京都練馬区練馬1-17-1coconeri
○会 場:区民・産業プラザ ココネリ研修室
○最寄駅:練馬駅北口直結 下車徒歩1分(西武池袋線/東京メトロ/都営大江戸線)
講師
費用
¥7,000 (学生)
¥10,000(ペア申込み/1人あたり)
¥9,000 (徒手医学入門に参加された方)
¥12,000(国家資格者)
¥15,000(民間施術者;整体・セラピスト等)
¥8,000 (当協会主宰 臨床技術研究会QP会員)

オプション料金:¥1,000(本体と同時申込の場合。当日は¥2,000)
定員
30
対象
【1】徒手医学を積極的に治療に取り入れたい、さらに発展的に活用したい方
【2】安全で即時的効果を実現する手技を習得したい方
【3】教科書的な解剖学の知識を身に付けているが、評価介入の判断基準・方向性に壁を感じている方
【4】手技(触診を含む)における実際の感覚・手ごたえをつかみたい方
【5】YouTubeで公開されている技術に触れたい方
※公開技術の全てを取り上げることを約束するものではありません
ホームページ
https://mmajp.org/?p=6806

お問い合わせ・お申し込み

○お申込み
 https://mmajp-org.ssl-xserver.jp/script/mailform/form8/
○お問合せ
 https://mmajp.org/?page_id=45

主催団体

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る