理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

2019.10.16掲載

感覚障害における手への影響を考える 大阪支部ナイトセミナー

〜手の役割と体性感覚の関係性〜

脳卒中患者様の問題点として良く遭遇する『感覚障害』。

皆様はこの感覚障害に対して臨床場面でどのように解釈して、日々治療に励んでいますか?

感覚障害によってみられる現象には

触っていることがわからない
手足を忘れる
動作がぎこちなくなる
などの様々な症状が出現します。

こういった感覚障害によって起因するのが、実は運動が変化するということを感じる場面はありませんか?

例えば、手足が動いたといった固有感覚が鈍くなり、寝返りや移乗などの動作において動きが追従しなかったり、どこにいったかわからず挟み込むなどといった現象は、よく遭遇する場面ではないでしょうか?

感覚障害があることによって目で見ているときは大丈夫だけど、視覚がなくなると物を落として、それに気づかないといった把持動作などに影響する場面はないでしょうか?

なぜ感覚が障害されることでこのような運動への影響がみられるのでしょうか?

そして、そのような感覚障害の問題に対してどういったことを臨床場面では考えるべきなのでしょうか?

そして、それにはどういった評価や治療が必要になってくるのでしょうか?

今回はこの『感覚障害』にフォーカスをあて、その問題に対して臨床場面でみるべきポイントや治療アイデアをお伝えしていきます。

その中で感覚と手の関係性についても触れていきながら、どのように感覚の問題点を運動に繋げていくかを考える2時間にしたいと思います。

是非皆様のご参加お待ちしております。

≪内容≫
・感覚障害とは
・なぜ手足を忘れる現象がみられるのか
・手足を忘れる、その時に必要な治療のための考え方
・手と感覚の関係性
・治療に繋げる感覚情報の捉え方

≪こんな人におすすめ≫
・今から脳のことや生理学を勉強しようと思っている人
・知識が臨床に活かせない
・他の脳卒中に関する勉強会に行ったけど難しかった人
・臨床で活躍してる人の話が聞きたい人
・もっと患者様を良くしたいと思っている人
・なかなかモチベーションが上がらない人
・一人で臨床に悩んでいる人



<<セミナー詳細>>
日時:2019年12月16日(月)19:00〜21:00(受付18:45〜)
会場:大阪市立中央区民センター 第3会議室
講師:脳外臨床研究会 小林 崇
受講料:1000円(税込)
HP:https://nougerinsyou.com/osakashibu5/

管理No:69895閲覧回数:323回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
脳外臨床研究会
開催日時
2019年12月16日(月) 受付18時45分 開始:19時〜21時まで
開催地
〒541-0056 大阪府大阪市中央区久太郎町1丁目-2−27大阪市立中央区民センター
大阪市立中央区民センター 第3会議室
講師
小林 崇
費用
1000円(税込) ※当日セミナー会場にてお支払いください
定員
50
対象
ホームページ
https://nougerinsyou.com/osakashibu5/

お問い合わせ・お申し込み

【お申込み】
https://ssl.form-mailer.jp/fms/2f5dbfa8632667
上記URLからお申込み下さい。
※開催日含む8日前よりキャンセル料が発生致します。
詳細はHPキャンセルページをご確認ください。

ホームページ https://nougerinsyou.com/osakashibu5/のお申込みも可能です。

【お問い合わせ方法】
お問い合せは大阪支部事務局までお願いします
oosakanouge4@yahoo.co.jp

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る