理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.10.27掲載

高齢者に対する運動療法の循環器系リスク管理

【セミナーの趣旨】
心疾患をもつ高齢者が増える中、運動療法の負荷量やバイタルサインをはじめと した各種サインの変動に対する判断と、具体的な進め方に悩むことはないですか。 本セミナーでは、理学療法士と作業療法士を対象に基礎的なバイタルサインの診方やとらえ方の基本から循環器疾患等のフィジカルアセスメントを学び直します。そしてその統合として症例からこれらのアセスメントがどのように生かされるのか整理したのちに、臨床思考の過程を皆さんと共有することにより、心疾患をもつ高齢者の運動療法の実践と臨床思考に自信をもてるようにすることが本セミナーの達成目標です。

【セミナーの対象】
・理学療法士、作業療法士、言語聴覚士で医療機関や介護施設に関わらず、心疾患のある高齢者を担当して間もない方。
・日々のリスク管理に関する情報共有に悩む方。
※本セミナーは心臓リハビリテーションの経験豊富な方を対象としておりませんのでご注意ください。

【セミナー内容】
9:30-11:00 講義1 バイタルサインの診方・とらえ方(高橋哲也)
11:10-12:10 講義2 心疾患合併症患者の診方(高橋哲也)
12:10-13:00 昼食
13:00-14:30 講義3 循環器疾患などのフィジカルアセスメントと運動療法(高橋哲也)  
14:40-15:30 講義4 生活期にある心疾患高齢者のリスク管理と運動療法(日下さと美)
15:35-16:35 講義5 生活期症例等を通じて私の臨床思考を伝えます(高橋哲也)

【そのほか】
・実習をとりいれながら講義を進行する場合があります。
・ご自身の基礎知識の確認や後輩などに基礎知識の説明が行える力を学び直せるよう丁寧に進行していきます。途中で分からない内容などありましたらセミナー休憩中などにお気軽にお声がけください。

【講師】
・高橋哲也 Tetsuya TAKAHASHI, PT, PhD, FJCC.:現職、順天堂大学保健医療学部理学療法学科 教授
・日下さと美 Satomi KUSAKA, PT, PhD.:現職、東京工科大学医療保健学部理学療法学科 講師

管理No:70120閲覧回数:6737回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
東京内部障害臨床理学療法研究会
開催日時
2020年 3月1日(日)  時間:9:30~16:35 (受付開始:9:00~) 
開催地
〒144-8535 東京都大田区西蒲田5-23-22東京工科大学蒲田キャンパス12号館6階
JR京浜東北線・東急池上線・東急多摩川線「蒲田」駅西口より徒歩約2分
講師
高橋哲也
費用
5,000円(資料代込)
定員
90名
対象
ホームページ

お問い合わせ・お申し込み

お申し込みは当研究会事務局「takahashi.pt.lab@gmail.com」よりお願い申し上げます。
なお、件名と本文は以下の内容で記載のご協力をお願いします。
件名:リスク管理セミナー申し込み
本文:氏名、所属先、職種、経験年数

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る