理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.11.07掲載

コラボセミナー『膝の理学療法をとことん追求』

【ACL損傷の理学療法】
・今屋 健 先生(10:00~11:30)
膝前十字靱帯(ACL)損傷は、スポーツ活動中に比較的高頻度に発生するスポーツ外傷です。またACL損傷は選手生命にかかわる疾患であり、それゆえに手術後の理学療法の質が問われます。近年、ACL損傷の発生機序や予防に関する研究も盛んに行われ、これらのデータの臨床現場への落とし込みが必要となります。今回はACL損傷のメカニズムを検討し、そこから導き出される理学療法の考え方について、そして術前のリハビリテーションがいかに術後の状態に大きな影響を与えるかなど、私の治療における考え方についてお話しさせていただきます。

【変形性膝関節症はここまで解明された】
・八木 茂典 先生(12:30~14:00)
変形性膝関節症は、わが国において3000万人も罹患している。そのうち1000万人が、膝の痛みで苦しんでいる。
人が痛みを感じるのは、侵害受容器があるからである。軟骨や半月板にはほとんど存在しない。つまり、軟骨や半月板が変性したり損傷しても、痛みは生じないはずである。
では、なぜ多くの人が痛みで苦しんでいるのか。痛みの原因を理解し、どのように治療すべきか、是非、この機会に考えてみましょう。著書: 「機能解剖に基づいた変形性膝関節症の治療」ジャパンライム 

【力学から考える膝関節の理学療法】        
・園部俊晴先生(14:00~15:30)
膝関節は下肢の中間関節として機能し、荷重位での運動連鎖とメカニカルストレスなどの「力学的な知識と解釈」は不可欠となります。今回、膝関節の力学的知識として、モーメントと関節運動の考え方を紹介した上で、私が実際に行っている治療戦略を説明します。膝関節の機能障害として、「力学」と「組織学」がリンクしていることが分かれば、治療の展開は格段に変わってきます。
【到達目標】
1.「力学」と「組織学」がリンクしていることを理解する。
2.膝関節のモーメントと関節運動が何によって影響しているのかを理解する。
3.力学的な治療戦略が分かると治療の展開が広がることを理解する。

【参考映像】
膝関節の理学療法 →https://www.youtube.com/watch?v=Yjui38NM0sY
体幹機能 →https://www.youtube.com/watch?v=mOFKm6c73zo
園部コンディション・ラボ → https://www.youtube.com/watch?v=mOFKm6c73zo
動作分析 → https://www.youtube.com/watch?v=M87-ydVIKhM

・コラボアンサー(15:30~16:00)

管理No:70335閲覧回数:1645回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
動きと痛みLab
開催日時
2020年2月11日(火・祝) 10:00~16:00 
開催地
〒113-0034 東京都文京区湯島3-6-1
全国家電会館(地下鉄千代田線 湯島駅より徒歩5分、地下鉄銀座線 末広町駅より徒歩5分、JR御茶ノ水駅・御徒町駅 徒歩10分、地下鉄大江戸線 本郷三丁目駅 徒歩15分)
講師
費用
8000円
定員
先着順で受付けております。
対象
どなたでもご参加いただけます
ホームページ
http://undouki.com/

お問い合わせ・お申し込み

主催団体

これからの研修会

2019.12.15(東京都)
コラボセミナー『理学療法に活かせる治療手技(入谷式、PNFの治療概念)』
2019.12.21(東京都)
「リハビリテーションにおける脳画像のみかた(前編)(後編)」
2020.01.11(神奈川)
「脳卒中上肢機能アプローチ」実技セミナー
2020.01.12(東京都)
コラボセミナー『二人のセラピストが迫る!脳卒中の運動療法』
2020.01.13(東京都)
『ACミラン20年間のトレーナー活動』
2020.01.25(東京都)
『理学療法士が治すべき肩関節障害~自分の知識にプライドを持とう~』
2020.01.26(神奈川)
「理学療法士が治すべき肩関節障害~自分の技術にプライドを持とう~」実技セミナー
2020.02.02(東京都)
『皮膚の運動学を臨床に活かす』
2020.02.08(神奈川)
「股関節疾患を診る上でのポイントと運動療法」実技セミナー
2020.02.09(東京都)
コラボセミナー「臨床的に最も多い膝関節・股関節拘縮の評価と運動療法」
2020.02.11(東京都)
コラボセミナー『膝の理学療法をとことん追求』
2020.02.16(東京都)
コラボセミナー『肩関節と股関節の治療を極める』
2020.02.23(東京都)
「頚部障害のマニュアルセラピー」
2020.02.24(東京都)
「骨盤帯のマニュアルセラピー」
2020.02.29(神奈川)
「肩関節疾患に対する評価・運動療法に必要な機能解剖学的触診技術」実技セミナー
2020.03.15(東京都)
コラボセミナー『腰痛の疾患別アプローチと力学的アプローチ』
2020.03.29(東京都)
「機能解剖学に基づいた投球障害肩の病態解釈とアプローチ」

全登録研修会を見る

このセミナー情報をシェアする
ページ上部へ戻る