理学療法士・作業療法士・言語聴覚士が集うリハビリ情報サイト

PT-OT-ST.NET

学会研修会

ピックアップ
2019.11.29掲載

とにかく基礎!姿勢・動作分析~運動器疾患編~ 《新型コロナウイルスが落ち着くまで延期させていただきます》

セラピストとしての土台を作り、臨床能力を底上げする徹底的に基礎を学ぶセミナーです!

《新型コロナウイルスが落ち着くまで延期させていただきます》

*本セミナーは1~3年目の若手セラピスト向けに資料や講義内容を作成しています。
もちろん経験者の方でも動作分析を基礎から学びたい方、動作分析の基礎知識を復習したい方等も参加可能です!
いちから動作分析を学びませんか?苦手を得意分野に変えていきましょう!!

【脳血管疾患の方や運動器疾患の方の姿勢や歩行はどのように診ていけばいいのか?】

学生時代からセラピストになった後にも必ずあたる壁。
“動作分析”
臨床の中で、動作分析を評価する期会は多いと思いますが、
「姿勢評価の目的は?」
「歩行の際にどこに着目すればいいのか?」
「悪いところはなんとなくわかるけれど、それはどうすれば改善するのか?」
等様々な疑問がでます。

脳血管疾患の場合さらに《装具》の問題が出てきます。
疾患別の特有な動作をどのようにして介入により変化をだしていけるかが臨床での迷うところです。

今回はその《基礎》をしっかり学びます!
内容をできるだけかみ砕いてお伝えしてもらうよう講師にお願いしています!

運動器疾患、脳血管疾患の姿勢、歩行にフォーカスを当て“足部”を中心に
・どのような視点で評価したらいいか
・どのような視点で治療したらいいか
について座学、実技を用いながら詳しく行っていきます!!

【到達目標】
・歩行、足部の基礎知識が理解できる
・足部から全身へ運動が連鎖するイメージができる
・運動器疾患の姿勢、歩行が診れるようになる
・各疾患特有の動作障害が診れ、改善できるようになる

【内容】
【座学】(基礎)
歩行の基礎知識
足部の解剖学、運動学
姿勢、歩行に診方
【実技】(評価)
足部の触診
姿勢、歩行評価
【実技】(治療)
足部からのアプローチ

*運動器疾患編では運動器疾患特有の動作障害の診方をお伝えします
*脳血管疾患編では装具に対する介入方法や考え方、脳血管疾患特有の動作障害の診方もお伝えします

【講師】
雨宮 淳 先生 裕香整形外科 リハビリテーション部 部長 理学療法士

理学療法士として20年の経験を積む
動作の改善に特化し徒手治療や足部からのアプローチを主体に介入している
クリニック:整形外科疾患専門で対応
訪問リハビリ:運動器疾患、脳血管疾患の方へ幅広く対応している

【詳細】HP参照ください
https://aoba-reha-seminar.jimdo.com
脳血管疾患編:2020年2月23日(日)10:00-16:00(9:30受付開始)
*運動器疾患編:2020年3月22日(日)10:00-16:00(9:30受付開始)
料金:ペア割7000円/人、個人9000円、セット受講の場合13000円

【開催場所】
神奈川県横浜市青葉区すすき野2-6-10
青葉リハビリセンター

管理No:70778閲覧回数:7745回この情報を印刷する

研修会詳細

主催
青葉リハセミナー
開催日時
《新型コロナウイルスが落ち着くまで延期させていただきます》
開催地
〒225-0021 神奈川県横浜市青葉区すすき野2-6-10サンオータムビル1F
東急田園都市線「あざみ野」駅下車後、バス「すすき野一丁目」下車後徒歩5分
講師
雨宮 淳
費用
個人:9000円
ペア割:7000円(3名でも利用可能)
セット割:13000円(運動器疾患編とセット受講の場合)
定員
15~20名
対象
理学療法士、作業療法士、柔道整復師、鍼灸マッサージ師、アスレティックトレーナー、動作分析に興味がある方
ホームページ
https://aoba-reha-seminar.jimdo.com

お問い合わせ・お申し込み

詳細はホームページをご参照下さい。

このセミナー情報をシェアする

このセミナーを見た人はこんなセミナーも見ています

ページ上部へ戻る